米国における商標の異議申立と最も一般的な解決方法

商標の異議申し立ては、米国における商標登録の一般的な課題であり、新規申請の約5%で異議が申し立てられます。その大半は既存の商標と混同される可能性を懸念する別の商標権者によるものが多いです。対処方法としては一般的に3つあり、1)商標申請で選択する商品やサービスを制限する、2)共存契約に署名する、3)または異議に対して反論することなどが挙げられています。しかし、商標異議に対応することは、複雑で時間のかかるプロセスなので、経験豊富な商標弁護士と協力することをおすすめします。

ーーー

商標審査における異議申立は、米国での商標出願手続き中に発生する可能性があります。異議申立は、特に法廷での訴訟が必要になった場合、時間も費用もかかる手続きになることがあります。この手続きは、関係する問題の複雑さや両当事者のリソースや資金に応じて、解決までに数ヶ月から数年かかることもあります。

商標とは、ある会社の商品またはサービスを他の会社の商品またはサービスと区別することができる標識のことです。商標の主な目的は、企業の商品やサービスを競合他社のものと区別することであり、商標やブランドの侵害を抑制するための抑制力となる法的保護を提供しています。そのため、商標登録は、企業の知的財産権を保護するための重要なステップの1つです。

誰かがUSPTOに商標出願をすると、その出願は一定期間公開され、その間に第三者は異議申立を行うことができます。つまり、利害関係者は誰でも商標登録に対して異議申立をすることができる仕組みになっています。平均して、新規出願の約5%に対して異議申し立てが行われています。異議申立は、既存の商標との混同の可能性、一般性(genericness)、記述性(descriptiveness)など、様々な理由で行うことができます。異議申立書は、異議申立の理由、異議申立を支持する事実と法的論拠を記載した正式な法的文書です。異議申立書を提出する側は「異議申立人」と呼ばれ、商標登録を目指す側は「出願人」と呼ばれます。

異議申立の主な理由は、先に登録された商標と新しい出願が類似していると認識されることで、所有者の評判を損ない、消費者に混乱を生じさせる可能性があるためです。異議申立手続きにかかる時間や費用は、国によって大きく異なりますが、アメリカの場合、代理人となる弁護士の費用が高いため、異議申立があると対応費用が高額になる傾向があります。

商標異議申立を受ける際に想定される課題

ビジネス名やロゴの商標登録を行わないと、そのビジネス名やロゴの使用や宣伝によってビジネスを行うことで、気づかないうちに他の業者の登録商標を侵害するようなことも十分ありえます。そのようなことがあれば、ビジネス全体に大きな悪影響を与える可能性があります。商標権者が侵害を証明することができれば、商標権侵害で訴えられた会社は、以下のいずれかを受ける可能性があります: 

  • 訴えられた商標の使用停止を求める裁判所命令
  • 被告商標を含む製品の破棄または没収を求める命令
  • 商標権、被告の利益、商標権者が被った損害、訴訟費用を含む金銭的救済を求める命令 
  • 被告が原告の弁護士費用を支払うことを求める命令

また、競合他社が同一または類似の商標を登録した場合、その起業家に対して排除措置が取られることがあります。商標登録がない場合、リブランディングが唯一の選択肢となり、事実上、事業全体を再スタートさせるために多額の損失が発生する可能性があります。

商標異議申立にどう対応するか?

米国で商標異議申立の訴状を受け取った場合、迅速かつ慎重に対応する必要があります。対応しなかった場合、不履行裁定(default judgment)を受ける可能性があるからです。以下は一般的な手順です:

  • 異議申立通知書を読み、異議申立の理由と商標登録出願に対する主張を理解する。
  • 商標出願を守るか放棄するかを決定する。商標を守ることを選択した場合、必要な期間内に異議申立に対応する必要があります(出願人は異議申立に対する回答を提供するために40日間の猶予があります)。
  • 商標弁護士に相談し、異議申立の強さを評価し、回答書の作成を手伝ってもらう。商標弁護士は、最善の行動について助言し、十分な理由と説得力のある回答書の作成を支援することができます。
  • 回答書を商標審判委員会(TTAB)に提出し、そのコピーを異議申立人に送達する。回答書は、異議申立で主張された各項目に対応し、あなたの商標出願を支持する証拠と法的論拠を提供する必要があります。

異議申立を受けた場合、出願人は、異議申立に対応するか(合意または法的手続きによって)、商標出願を放棄するか(USPTOに支払った費用をすべて失うことになります)を選択することができます。異議申立に対応するための最良の方法は、本当に特定の状況によって異なりますが、主に3つのアプローチがあります:

  • 商標出願時の商品・役務の選択を制限する: これは、2つのブランドが消費者に提供する商品・サービスが重複しないことを保証するもので、したがって、類似性を否定する材料になります。
  • 共存協定を締結する: 類似のブランド間で多くの共存協定(co-existence agreement)が結ばれており、特定の文脈や国で商標を使用できる範囲を明確にしています。
  • 異議申立に反論する: 特に有名ブランドの場合、新しい商標出願が既存のブランドと少し似ているだけで、異議申立をされることがあります。このような異議申立は、両ブランドが全く異なる産業分野で活動しているため、両ブランドの共存が消費者の混乱を招くという十分なメリットがないとして、異議申立に成功するケースが数多くあります。

商標異議申立への対応は、複雑で時間のかかるプロセスになることがあります。経験豊富な商標弁護士と協力することで、プロセスをナビゲートし、成功の可能性を高めることができます。異議申立への対応の成功率は、個々の商標出願のリスクプロファイルに基づいて変化します。そのため、商標異議申立を受け取った場合は、早急に信頼できる商標異議申立に長けた弁護士に相談することをおすすめします。

参考記事:US trademark opposition and most common ways to resolve it

こちらもおすすめ