ポッキーと商標:ビスケット・スティックは機能的か?

現在、ポッキーを巡って、重要な意味を持つ可能性のある商品デザイン商標の訴訟が米国最高裁で係争中です。

ケース:Ezaki Glico Kabushiki Kaisha v. Lotte International America Corp., Docket No.20-1817 (Supreme Court 2021)

日本人だったら誰でも知っているグリコの「ポッキー」は1966年から販売されている人気商品で、アメリカでも販売されています。そして、今回最高裁まで行った理由が、ロッテの「ペペロ」というコピー商品です。

このコピー品に対して、グリコは、チョコレートで覆われた細長い棒状のビスケットという商品デザインに対するグリコの商標権を主張して、商標権侵害で訴えます。グリコは1989年にこの商標を登録していて、登録番号は 1,527,208です。

この訴訟はかなり早い段階で終了しました。連邦地裁は、デザインは機能的なものであり、商標で保護することはできないと判断。 控訴審では、第3巡回区がこれを支持。

ポッキーは誰でも知っていると思いますが、形状の機能性について考察してみたいと思います。

  • ビスケットの端は、その部分を持つことでチョコレートが手につかないようになっている
  • 棒状のデザインにより、コンパクトな箱に詰めてシェアすることができる
  • 口を大きく開けずに、一口で食べられる棒状のデザイン

第3巡回区によると、これらの点は実用的であり、法律問題として機能的であると解釈しました。

しかし、グリコは最高裁への請願書の中で、次のような疑問を提示しています:

ランハム法はトレードドレスを違法なコピーから保護しています。トレードドレスには、Maker's Markのボトルに施された赤いワックスシール、Chanel No.5の香水ボトルの形状、Pepperidge Farm Milanoクッキーの形状など、製品のデザインが含まれます。トレードドレスの保護を受けるためには、製品のデザインが「機能的」であることが必要とされます。本件では、トレードドレス法における「機能性」のテストと、略式判決を妨げる事実上の紛争を生じさせるための代替製品デザインの役割が問題となっています。本請願書は2つの質問を提示しています。

1. トレードドレスが「機能的」であるかどうかは、本法廷および9つの巡回裁判所が判断したように、「商品の使用または目的に不可欠」または「商品のコストまたは品質に影響を与える」場合であるか、あるいは以下の第3巡回裁判所が判断したように、単に「有用」であり「それ以上ではない」場合であるか。

2. 製品のデザインがコストや品質に影響を与えず、特許にも請求されていない場合、同じ用途や目的を果たす代替デザインの存在が、機能性に関して事実上の疑問を生じさせるかどうか。

請願書(Petition)の一部の和訳

請願書には参考として、チョコレートで覆われたクッキー(ビスケット)の写真がたくさん掲載されています。

グリコは、"スティック状スナックおよびその製造方法 "というタイトルの特許も保有しています。 米国特許第8,778,428号です。 この米国特許は、これらの棒状のスナックを作る特定の方法と、"A stick-shaped snack made by the [claimed] method" を請求している。(連邦地裁は、この特許が機能性を示すのに適していると判断しました。しかし控訴審では、この特許は製品自体の新規機能ではなく、特定の製造方法に焦点を当てたものであるため、第3巡回区はこれに同意しませんでした。 また、日本の実用新案特許もありますが、この訴訟では取り上げられませんでした。

今回の問題は、最高裁が審議することになれば、トレードドレスによる商標保護に関するとても重要なケースになることが考えられます。原則、商標は機能的であってはいけない。しかし、トレードドレスのような商標保護が製品の形状に依存する場合、その機能性(または非機能性)がどのように考慮されるべきか、最高裁の判断と新しいテストが期待されるところです。

参考記事:Trademark on Product Design: Are these biscuit sticks functional

追加記事

特許において、クレームの限定事項が明確に記述されているかどうかは、特許の有効性を左右する重要な要素です。今回、Maxell, Ltd.対Amperex Technology Limitedの判決は、特許クレームの解釈において、限定事項間の表面上の矛盾をどのように扱うべきかという問題を浮き彫りにしました。本文では、この重要な判決を深堀りし、一見矛盾すると思われる限定事項が、実際には特許の不明瞭性(Indefiniteness)を生じさせない理由について探求します。特に、連邦巡回控訴裁判所(CAFC)がどのようにこれらの限定事項を同時に満たすことが可能であると見做したか、その解釈の根拠と、特許クレームを起草する際の実務上の教訓に焦点を当てて考察します。
特許法における「組み合わせの動機」(Motivation to Combin)の概念は、発明が発明された時点でその分野の通常の技術者(PHOSITA)にとって自明であったかどうかを判断する上で不可欠な要素です。自明性の問題は、新しい発明が既知の技術要素の単純な組み合わせに過ぎないのか、それとも特許に値する独自の技術的進歩を表しているのかを区別するために重要です。このブログ記事では、特許請求の自明性を評価する際に中心となる「組み合わせの動機」の概念と最高裁判決であるKSR判例を解説し、Virtek Vision 対 Assembly Guidance Systemsの事件を例に、実際の訴訟におけるこの概念の適用方法について掘り下げます。
先月、米国特許商標庁(USPTO)が「Means-Plus-Function」に関するメモランダムを発行し、審査官に最新ガイダンスを提供しました。その内容は実務における大きな変更を意味するものではなく、既存の法的枠組みの下でより明確な指針を提供することを目的としています。しかし、このタイミングにおけるガイドラインの発行は、35U.S.C.112条(f)に基づく一風変わったクレームの形式であるMeans-Plus-FunctionがUSPTOにおける特許審査で注目されていることを示しており、改めてガイドラインに沿った適切なクレームドラフティングが求められることを意味します。