人気に伴い Track One の年間上限増加へ

Track One Prioritized Examinationを活用した特許出願が伸びています。その人気に応じて9月3日、特許庁は年間枠1万件から1.2万件に増やしました。Track Oneはもう1つの早期審査方法であるaccelerated examinationよりも必要条件が低く、比較的安価なので人気を集めているようです。

年間枠20%の増加

アメリカ特許庁の年度は9月末に終わるので、今回の2,000件の増加は新年度が始まる10月まで待たなくても Track One で特許を出願できるようにした配慮です。前回までは年間1万件でしたが、来年度からは1.2万件に増加されるとのことです。

人気の秘密は早さと権利化率

Track One Prioritized Examination は比較的安価な追加費用($4000 for large entities; $2000 for small entities; $1000 for micro entities)で、出願から12ヶ月以内に最大で2つの Office Actions を受け取れるシステムです。

現在、Track One を使った出願では、最初の Office Action まで出願からわずか3.5ヶ月2つ目の Office Action(a Final Rejection, a Notice of Abandonment, or a Notice of Allowance)まで8ヶ月となっています。

通常の出願では最初の Office Action を受け取るまでに出願から約16ヶ月、2つ目の Office Action を受け取るまでに24ヶ月というのが一般的です。このように通常の出願に比べると Track One における出願はとても早いことがわかります。

さらに、Track Oneで出願された案件は出願からたった6ヶ月で権利化されるケースも珍しくなく、全体の53%の権利化が成功しています。この数字はTrack Oneの間に権利化されたものだけを含むので、Track Oneが終わってから権利化されるということもあります。

このようなトレンドを背景に、将来的に Track One で出願された案件の権利化率は Track One を使わないで出願された案件の権利化率を上回ることが予想されています。

まとめ作成者:野口剛史

元記事著者: Rory P. Pheiffer. Nutter McClennen & Fish LLP(元記事を見る

OLCの米国知財ニュースレター

最新まとめ記事を
毎週メールボックスにお届け

登録すると、週1回、最新まとめ記事の概要とお知らせを受け取ることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

webinar laptop and coffee
特許出願
野口 剛史

特許明細書のヒント:技術的な解決策を強調する

アメリカのSoftware特許は日本のものと大きくことなります。特に最高裁判決Alice以降、どのようなものが特許法101に明記されている特許適格性(patent eligibility)を満たすのか継続的に裁判所で議論が展開されています。現在のところAlice判決が下された時に比べ、徐々にSoftware特許が許可されやすい環境になってきました。

Read More »
desk with laptop
企業機密
野口 剛史

リモートワークにおける企業秘密の保護

COVID-19の懸念に応えて、リモートワークが増えてきています。しかし、リモートワークによって、営業秘密の保護に関する新たな懸念が生まれています。では、現状でのリモートワークは仕方がないとして、このような環境の元でどのように企業秘密の保護を行っていったらよいのでしょうか?

Read More »