通常、分割出願をした場合、35 U.S. Code § 121 により、親出願や限定要求で派生する 関連出願と分割出願の間に自明性二重特許(obviousness-type double patenting)などの 問題は起こらない。

分割出願(divisional application) – 先に出願した親案件 (parent application)の 発明の一部を別途権利化するためにする子出願。先に出願した親出願の審査中に 限定要求 (restriction requirement) がされることで行われることが多い。

しかし、過去10年間、この「安全地帯」に例外が多く発生している。

2008 年、Pfizer, Inc., v. Teva Pharmaceuticals, USA, Inc., 518 F.3d 1353 において、一部継続 出願 (CIP) はこの「安全地帯」の恩恵を受けられなくなった。

一部継続出願 (continuation-in-part application: CIP 出願) − 先に出願した親案件 (parent application) で開示されていなかった新しい事項(new matter)を加えて 新たにする子出願。新たに加えられた事項について親出願の利益を受けることが できない。

2009 年、Amgen v. Hoffman-La Roche, Ltd., 580 F.3d 1340 において、継続出願はこの「安 全地帯」の恩恵を受けられなくなった。

継続出願 (continuation application) — 新規事項を含むことなく、親出願の明細 書および図面を用いる子出願。明細書に書かれているが、親出願のクレームに記 載されていない発明を権利化できる。

2015 年、G.D. Searle LLC v Lupin Pharmaceuticals, Inc., 790 F.3d 1349 において、一部継続出 願の再発行で分割出願となった案件はこの「安全地帯」の恩恵を受けられなくなった。

2017 年、In re Janssen Biotech, Inc., No. 17-1257Janssen Biotech, Inc., v. Celltrion Healthcare Co. LTD., No. 17-1120 において、一部継続出願を再審査 (reexamination) の際 に (新しい事項を取り除き) 分割出願にした案件はこの「安全地帯」の恩恵を受けられ なくなった。

個人的には、親出願と子出願の間に自明性二重特許 (obviousness-type double patenting) などの問題が出てくると、子出願の権利化がかなり難しくなるので、注意が必要だと思う。

まとめ作成者:野口剛史

元記事著者:Sarah A. Kagan. Banner & Witcoff Ltd (元記事を見る

OLCの米国知財ニュースレター

最新まとめ記事を
毎週メールボックスにお届け

登録すると、週1回、最新まとめ記事の概要とお知らせを受け取ることができます。

コメントする

追加記事

twitter-social-media
商標
野口 剛史

ハッシュタグがもたらす商標の落とし穴

ソーシャルメディアやハッシュタグを使ってマーケティングを行ったり、社会的、または、政治的なムーブメントに同調して顧客との親密性を確立するのも現代における有効なマーティンテクニックです。しかし、そこからは有益な商標は得られにくいので、会社としてはそのようなマーケティングとは別に、しっかりとした商標を持ち、ブランドを高めていく活動も必要になってきます。

Read More »
coca-cola bottle
商標
野口 剛史

トレードドレスの基礎知識

商標(trademarks)に加え、トレードドレスというものがあります。商標はは会社のブランドに関するものですが、トレードドレスは商品の外見やパッケージを保護するものです。多くの会社がパッケージングで差別化を図っていて、消費者もパッケージングで企業を特定する場合も多くあります。また、トレードドレスはレストランやお店などの特定のブランドに関連する建物のデザインにも適用することができます。

Read More »
screaming child
特許出願
野口 剛史

意図しない公開を避けるためのヒント(どのようなものが「公開」なのか?)

一般公開は特許の権利化を妨げる大きな要因の1つです。一般公開のリスクをなくすには、特許出願の前にクレームされる発明に関する内容を第三者と話さなければいいのですが、そのような方法は現実的でない場合も多くあります。どのようなものが「公開」として扱われるのか、裁判所が一般公開を審議する際にどのような点に注目するのかを知れば、必然と出願前の発明をどのように扱えばいいのか見えてきます。

Read More »