分割出願の「安全地帯」が縮小している

通常、分割出願をした場合、35 U.S. Code § 121 により、親出願や限定要求で派生する 関連出願と分割出願の間に自明性二重特許(obviousness-type double patenting)などの 問題は起こらない。

分割出願(divisional application) – 先に出願した親案件 (parent application)の 発明の一部を別途権利化するためにする子出願。先に出願した親出願の審査中に 限定要求 (restriction requirement) がされることで行われることが多い。

しかし、過去10年間、この「安全地帯」に例外が多く発生している。

2008 年、Pfizer, Inc., v. Teva Pharmaceuticals, USA, Inc., 518 F.3d 1353 において、一部継続 出願 (CIP) はこの「安全地帯」の恩恵を受けられなくなった。

一部継続出願 (continuation-in-part application: CIP 出願) − 先に出願した親案件 (parent application) で開示されていなかった新しい事項(new matter)を加えて 新たにする子出願。新たに加えられた事項について親出願の利益を受けることが できない。

2009 年、Amgen v. Hoffman-La Roche, Ltd., 580 F.3d 1340 において、継続出願はこの「安 全地帯」の恩恵を受けられなくなった。

継続出願 (continuation application) — 新規事項を含むことなく、親出願の明細 書および図面を用いる子出願。明細書に書かれているが、親出願のクレームに記 載されていない発明を権利化できる。

2015 年、G.D. Searle LLC v Lupin Pharmaceuticals, Inc., 790 F.3d 1349 において、一部継続出 願の再発行で分割出願となった案件はこの「安全地帯」の恩恵を受けられなくなった。

2017 年、In re Janssen Biotech, Inc., No. 17-1257Janssen Biotech, Inc., v. Celltrion Healthcare Co. LTD., No. 17-1120 において、一部継続出願を再審査 (reexamination) の際 に (新しい事項を取り除き) 分割出願にした案件はこの「安全地帯」の恩恵を受けられ なくなった。

個人的には、親出願と子出願の間に自明性二重特許 (obviousness-type double patenting) などの問題が出てくると、子出願の権利化がかなり難しくなるので、注意が必要だと思う。

まとめ作成者:野口剛史

元記事著者:Sarah A. Kagan. Banner & Witcoff Ltd (元記事を見る

ニュースレター、公式Lineアカウント、会員制コミュニティ

最新のアメリカ知財情報が詰まったニュースレターはこちら。

最新の判例からアメリカ知財のトレンドまで現役アメリカ特許弁護士が現地からお届け(無料)

公式Lineアカウントでも知財の情報配信を行っています。

Open Legal Community(OLC)公式アカウントはこちらから

日米を中心とした知財プロフェッショナルのためのオンラインコミュニティーを運営しています。アメリカの知財最新情報やトレンドはもちろん、現地で日々実務に携わる弁護士やパテントエージェントの生の声が聞け、気軽にコミュニケーションが取れる会員制コミュニティです。

会員制知財コミュニティの詳細はこちらから。

お問い合わせはメール(koji.noguchi@openlegalcommunity.com)でもうかがいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

shoes
特許出願
野口 剛史

ファッションのデザイン特許保護

デザイン特許はファッション系のビジネスともとても相性がいい知的財産権です。そのためか多くのファッションブランドから意匠特許が出願されています。今回は、実際の意匠特許も参照しながら、意匠特許の説明を行います。

Read More »
computer-code
特許出願
野口 剛史

機能性に焦点を当てたソフトウェアクレームの特許適格性

米国連邦巡回控訴裁判所は、クレームされた発明が、コンピュータネットワークの領域で生じた問題を克服するために通信システムの通常の動作を変更するという機能性から、通信システムに向けられた特許クレームは、35 U.S.C. 101条の下で特許適格性があると判断しました。

Read More »
apple-products
その他
野口 剛史

Google v. Oracleから垣間見るソフトウェア保護のあり方

今、アメリカ最高裁がソフトウェアの知財保護に関して係争中のGoogle v. Oracleに対してどのような対応をするかが注目されています。最高裁がGoogleによるペティションを却下、もしくは最高裁でOracleに有利な判決が出されるとソフトウェア侵害関連の訴訟数が急増することが予想されています。

Read More »