最高裁判決:連邦政府機関はAIAにおける特許再審査手続きが行えない

2019年6月10日、アメリカ最高裁は、Return Mail Inc v United States Postal Serviceにおいて、連邦政府機関はAIAで定められた特許再審査手続きを申し立てることができないと判決を下しました。この判決により、今後、連邦政府機関はinter partes, post-grant やcovered business method reviewsにより特許の有効性について挑戦することができなくなりました。

背景

2011年に特許法が大きく改正され(このことを一般的にAIAと呼ぶ)、新しくPatent Trial and Appeal Board (PTAB)が特許庁内に設立され、inter partes, post-grant やcovered business method reviewsという手続きを通して、第三者が特許の有効性について挑戦することができるようになりました。

事実背景

Return Mailはアメリカ特許6,826,548を保有していて、その特許を使い、郵便局を特許侵害で提訴。その訴訟に対応する形で、郵便局はPTABにcovered business method reviewを申請。PTABは特許は無効と判断。

しかし、連邦政府機関がAIAにおける特許再審査手続きが行える「人」(’person’ )であるかという問題が提議され、CAFCでの判決を経て、最終的に最高裁で審議されることになった。

最高裁での判決

6対3で、連邦政府機関はAIAにおける特許再審査手続きが行える「人」(’person’ )ではないという判決が下った。

過半数

過半数は、AIAにおいて「人」(’person’ )が明確に定義されていないとし、長年の推定から「人」(’person’ )には連邦政府機関は含まれないとした。

過半数は、特許法やAIAにおいて、「人」(’person’ )は少なくても18回使われているが、政府機関が含まれていてもいなくても文脈が成り立つとして、それだけでは議会が政府機関も「人」(’person’ )に含めるという意思を示したことにはならないとしました。

次に、過半数は、ex parte re-examination とAIA post-issuance reviewの違いについて言及。政府機関でもex parte re-examinationは行えていたが、ex parte re-examinationは特許庁の内部の手続きであるのに対し、AIA post-issuance reviewは、申し立て者と権利者の間で対立関係にある手続きで、全く異なる手続きであることから、政府機関がex parte re-examination を行えるからといって、AIA post-issuance reviewが行えるとはならないとしました。

最後に、過半数は、AIA post-issuance reviewが政府機関に限って使えないことに対する平等性について言及。例として、政府機関が特許侵害で訴えられた場合に差し止めの不可などの特許権者に制限が加えれれる([28 USC] § 1498 )ことから、政府機関と一般の扱いに違いがあっても問題はないとしました。

少数派

少数派は、特許法において「人」(’person’ )に連邦政府機関が含まれるのは明確だとし、過半数の判決を非難しました。

教訓

法律の文言1つの解釈の違いだけでも、今回のようにその影響はとても大きなものになる場合もあります。契約や特許も同じで、文言1つの解釈で内容が大きくことなるということがあります。なので、重要な用語は十分慎重に検討し、明確な定義をおこなう必要があるでしょう。

まとめ作成者:野口剛史

紹介記事著者:Christopher Loh. Venable LLP(参考記事を見る

ニュースレター、会員制コミュニティ

最新のアメリカ知財情報が詰まったニュースレターはこちら。

最新の判例からアメリカ知財のトレンドまで現役アメリカ特許弁護士が現地からお届け(無料)

日米を中心とした知財プロフェッショナルのためのオンラインコミュニティーを運営しています。アメリカの知財最新情報やトレンドはもちろん、現地で日々実務に携わる弁護士やパテントエージェントの生の声が聞け、気軽にコミュニケーションが取れる会員制コミュニティです。

会員制知財コミュニティの詳細はこちらから。

お問い合わせはメール(koji.noguchi@openlegalcommunity.com)でもうかがいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

mistake
商標
野口 剛史

商標法改正で可能になった抹消手続きと再審査の申請における5つの大きな間違いと回避方法

米国特許庁(USPTO)は、昨年末に抹消手続きと再審査の新しい申請を受け付け始めて以来、170件以上の抹消および再審査の申請を受理しています。手続きがスムーズに行くように同庁は、請願書の適切な準備と提出方法に関するガイダンスを発行しましたが、それでも申立人が容易に治癒できる「よくある間違い」が多数報告されています。今回はそのよくある間違えとその対策方法について話します。

Read More »
An illustrative depiction of the US Supreme Court building alongside monoclonal antibodies and patent documents, symbolizing the intersection of biotechnology and legal guidelines in the context of the Amgen Inc. vs. Sanofi patent enablement case.
特許出願
野口 剛史

USPTOがAmgen最高裁判決を踏まえた実施可能要件のガイドラインを発行:Amgen後もWands要因で判断

2024年1月9日、米国特許商標庁(USPTO)は、米国連邦最高裁判所の最近の判決(Amgen Inc. et al. v. Sanofi et al., 143 S. Ct. 1243 (2023) )を踏まえ、特許審査官が実施可能要件の準拠を評価する際のガイドラインを公表しました。Amgenにおいて、最高裁は、モノクローナル抗体属を機能的にクレームしたクレームは、実施可能性 (enablement) の欠如により無効であると全会一致で判断しました。注目すべきは、最高裁は、Amgenで問題となった明細書がクレームを可能にしたか否かを分析する際に、Wands要因を明確に引用しなかったことですが、最近公表されたUSPTOのガイドラインは、「USPTOの職員は、クレームされた発明の全範囲を可能にするために必要な実験量が合理的か否かを確認するために、In re Wands要因を引き続き使用する」と強調しています。

Read More »