SAS判決で大きく変わるIPR Estoppelの適用範囲

SAS判決が下された2018年4月の時点でIPRや上訴が保留中だった際、一部のクレームや主張がIPRで考慮されず、その点について上訴が行われなかった場合、考慮されなかったクレームや主張に対しても地裁でEstoppelが適用される可能性があります。

2018年4月のSAS判決の時期にIPRの手続き中、または、上訴していた申立人にとっては、今回紹介する判例は、よくない判決です。逆に、2018年4月のSAS判決の時期にIPRの対象になっていた特許を持つ企業に対しては、いい判決です。

今回紹介するSiOnyx, LLC v. Hamamatsu Photonics K.K.は、OLCで何度も取り上げてきた最高裁によるSAS判決に関する重要な判例です。特に、SAS判決の時点でIPRがPartial institutionであったもので、SAS判決後Partial institutionについて再審議が主張されなかった場合、後の訴訟で考慮されなかったクレームや主張に対してもEstoppelが適用される可能性があります。

この判例は、特許訴訟から始まります。裁判が進む中、被告人の1社が訴訟対象特許に対してIPRを行いました。しかし、SAS判決前だったので、申立書で主張した一部のクレームに対しては審議されないPartial institutionという形で手続きが進みました。そして、IPR終了後、被告人は上訴を行いませんでした。SAS判決は、被告人がIPRを上訴できる期間中に行われました。

このIPRの経緯を元に、継続中の訴訟において、特許権者はIPR対象特許に対して、審議されなかったクレームも含め、被告人が無効を主張できなくするよう裁判所に求めます。裁判所はこのようなEstoppelは適用されるべきとして、特許権者の主張を受け入れました。その理由は、Partial institutionを禁止したSAS判決が下った際に、IPRを起こした被告人はPartial institutionに対して再審議を主張できたにもかかわらず、そのことを怠ったからです。

[IPR petitioner] could have appealed and sought such a remand in order to allow the PTAB [to] evaluate the claims and grounds that it raised in its petition on which the PTAB did not institute review.  It therefore “reasonably could have raised” those grounds before the PTAB against any claim in the ’591 patent, and is estopped from raising them again before this Court.

SAS判決以前では、IPRが特許訴訟におよぼすEstoppelの範囲は、(1)PTABの判決に書かれている先行文献と(2)申立書で主張できたはずの先行文献でした。つまり、(3)申立書には書かれていたが実際に審議されなかったものはEstoppelの対象外になっていました。しかし、この判決で、Partial institutionに対して再審議が主張されなかった場合、この(3)に関わる文献に対してもEstoppelが適用されることになりました。

この記事の著者、Kenneth Luchesi弁護士は、知財関連の訴訟弁護士で、エンジニアとしての経験もある人です。地裁での特許訴訟の経験も豊富です。今回の記事で、彼の重要判例であるSAS判決に対する知識や戦略の一部が垣間見られたと思います。

SAS判決は、Post-SASという表現もあるようなIPRに関わる重要な判決です。今後も判決が下された2018年4月という時期を境にIPRに関わる様々な判例が出てくることが予想されます。今回紹介した訴訟もその1つで、Partial institutionに対して再審議が主張されなかった場合のEstoppel適用範囲を拡大した判例でした。

まとめ作成者:野口剛史

元記事著者: Kenneth S. Luchesi. Jones Day  (元記事を見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

追加記事

特許において、クレームの限定事項が明確に記述されているかどうかは、特許の有効性を左右する重要な要素です。今回、Maxell, Ltd.対Amperex Technology Limitedの判決は、特許クレームの解釈において、限定事項間の表面上の矛盾をどのように扱うべきかという問題を浮き彫りにしました。本文では、この重要な判決を深堀りし、一見矛盾すると思われる限定事項が、実際には特許の不明瞭性(Indefiniteness)を生じさせない理由について探求します。特に、連邦巡回控訴裁判所(CAFC)がどのようにこれらの限定事項を同時に満たすことが可能であると見做したか、その解釈の根拠と、特許クレームを起草する際の実務上の教訓に焦点を当てて考察します。
特許法における「組み合わせの動機」(Motivation to Combin)の概念は、発明が発明された時点でその分野の通常の技術者(PHOSITA)にとって自明であったかどうかを判断する上で不可欠な要素です。自明性の問題は、新しい発明が既知の技術要素の単純な組み合わせに過ぎないのか、それとも特許に値する独自の技術的進歩を表しているのかを区別するために重要です。このブログ記事では、特許請求の自明性を評価する際に中心となる「組み合わせの動機」の概念と最高裁判決であるKSR判例を解説し、Virtek Vision 対 Assembly Guidance Systemsの事件を例に、実際の訴訟におけるこの概念の適用方法について掘り下げます。
先月、米国特許商標庁(USPTO)が「Means-Plus-Function」に関するメモランダムを発行し、審査官に最新ガイダンスを提供しました。その内容は実務における大きな変更を意味するものではなく、既存の法的枠組みの下でより明確な指針を提供することを目的としています。しかし、このタイミングにおけるガイドラインの発行は、35U.S.C.112条(f)に基づく一風変わったクレームの形式であるMeans-Plus-FunctionがUSPTOにおける特許審査で注目されていることを示しており、改めてガイドラインに沿った適切なクレームドラフティングが求められることを意味します。