SAS判決後のIPR新戦略

SAS判決によりIPRの partial institution がなくなって数ヶ月経ちますが、すでにSAS判決を利用した新しい戦略が試されています。今回はpartial institution がなくなったSAS判決後の判例を元にクリエイティブな戦略を見ていきましょう。

SAS判決は、チャレンジされたクレームの1つでも無効だと思われるものがあった場合、対象になっているすべてのクレームに対してIPRを行うことをPTABに義務づけました。しかし、Chevron Oronite Company LLC v. Infineum USA L.P. において、PTABは、Institutionの際に、チャレンジされたクレーム20の内、2つのクレームのみしか基準に達しておらず、残りの18クレームは有効である可能性が高いという結論のもと、このIPRの審査を継続していくのはPTABのリソースを効率的に使うものではないとし、IPRのInstitutionを拒否しました。

一見この判断は、クレーム1つでも無効だと思われる場合はIPRをすべてのクレームに対して行うというSAS判決に反しているように見えますが、PTABにはIPRなどの手続きを行う際にある程度の裁量権が与えられているので、その裁量権を使った判断だったのだと思われます。

このような判決はあるもののChevron判例は、従属クレーム2つが基準を満たしていなかったある意味特殊なケースだったので、例外として扱われるべきだと思いますが、この判決をきっかけに、IPRのInstitutionの際にPTABにおける非効率性を主張する特許権者が増えてきました。

In LG Electronics, Inc., et al. v. Wi-Lan Inc., et al. もそのような新しいIPR手続きにおける非効率性を主張したケースです。この案件でPTABは、クレーム6-9についてIPRを始める条件を満たしていないとしましたが、Institutionを認めIPRを継続しました。これは、Post-SASのケースです。

このPTABのInstitution判決に対して、特許権者のWi-LanはSAS判決とChevron判例を元にユニークな戦略をとります。Wi-Lanはクレーム6-9は残し、Institutionの際に無効になる可能性が高いと判断された残りのクレーム1-4を放棄しました。このようにすることで、SAS判決の「チャレンジされたクレームの1つでも無効だと思われるものがあった場合」でない状態にし、IPRのInstitutionを食い止めるという戦略をとりました。

このようにIPRのInstitutionの際の基準を満たさない(つまり、有効と思われる)クレームを残し、逆に基準を満たしている(つまり、無効と思われる)クレームを放棄することで、SAS条件のもと、チャレンジされたクレームの中に1つも条件をInstitutionの条件を満たしているものがない状態にすることができます。このような状況を作った後で、Wi-Lanは、Chevron判例で示されたPTABの非効率性を主張。

しかし、PTABはWi-Lan主張を却下します。Institution後、PTABはチャレンジされたクレームすべてにおいて最終判決を下す必要があるとし、PetitionerのLGには勝算が少ないものの残りのクレームについての有効性に対する判決をPTABから受ける権利があるとしました。また、有効である可能性が高いと判断されたクレーム1から4がInstutution判決の後に特許権者により放棄された件についても、Institutionの判断が下ったときにはそれらのクレームは有効であったので、判決が降りた時点でPTABのIPRを継続するという判断は正しかったとしました。つまり、特許権者によるInstitution判断後のクレーム放棄などはすでに判断されたInstitution自体を変えるものではないものだとしました。

今回のLGの判例では、Institutionの判断後の行動はInstitutionの判断に影響を与えないということがわかりました。Institutionの判断の時点でSAS基準を満たしていればほぼ確実にIPRは継続するようです。しかし、例外のようなChevron判例などをきっかけにこれからもチャレンジされるクレームに関する新しいIPR戦略が出てくると思われます。

SAS判決後、Petitionerが挑戦するクレームの厳選はより重要なものになってきています。どのクレームを無効にするべきか、IPRを申し立てする前のクレーム選びがより大切になってきます。

まとめ作成者:野口剛史

元記事著者:Scott A. McKeown. Ropes & Gray LLP(元記事を見る

OLCの米国知財ニュースレター

最新まとめ記事を
毎週メールボックスにお届け

登録すると、週1回、最新まとめ記事の概要とお知らせを受け取ることができます。

コメントする

追加記事

chess-game-plan-strategy
再審査
野口 剛史

IPRを成功に導くための What, Why, and How

IPRは特許クレームを無効にするために広く使われている手続きです。また、IPRで特許クレームを無効にする理由のほとんどが自明性(Obviousness)に関するものです。自明性は主観的なコンセプトで、先行例文献を合わせることで、発明が自明か?という問題は、長い間議論されている問題です。実に、特許の長い歴史の中で、“teaching,” “suggestion,” or “motivation” (TSM) testや最高裁のKSR判決における“Obvious to try” など様々な考察点があります。

Read More »
契約
野口 剛史

契約の際のRepresentations and Warrantiesのヒント

知財の売買やライセンスの取引の際に、契約において買い手やライセンシーが売り手やライセンサーから対象となっている知財は第三者の知財権を侵害したり、悪用するものではないというRepresentations and Warrantiesを要求してくることがあります。

Read More »
analysis-data-statistics
再審査
野口 剛史

2018年8月のIPRとCBM の統計データ

8月PTABは39件のIPRとCBMのFinal Written Decisions(最終判決)を下しました。この数字には、CAFCからの差し戻しも含みます。争われたクレームの内424 クレーム(75.58%)を取り消し、131クレーム(23.35%)の取り消しを却下。特許権者が補正やdisclaimerを行い6クレーム(1.07%)が生き残りました。いままでの争われたクレームの累計取り消し確立は、約75%です。

Read More »