Qualcommが陪審審理でアップルに勝利

チップメーカー王手のQualcommとAppleは世界的規模でQualcommの特許技術に対してどれほどの対価を支払うべきかでもめていますが、アメリカ地裁の陪審審理ではQualcommが勝利し、$31.6Mの賠償が命じられました。

今回のケースはまだ序盤で、場合によっては数億ドルものお金が絡んできます。

今回対象になっている製品は iPhone 7, 8, と Xで、Qualcomm は対象商品の販売中止を求めることもできますが、アメリカの裁判所ではそのような処置ではなく、賠償金の支払いを命じる傾向にあります。

この訴訟はそもそもQualcommとAppleのライセンス契約がこじれたのが発端です。2017年にQualcommへのロイヤルティーの支払いが止まってから、Qualcommは数億ドルの損失を被っていると予想されています。

このこじれからAppleはiPhoneに使っていたチップをIntel製に変えていました。

このQualcommとAppleの戦いは長期化が懸念されています。また、この問題は、Standard Essential Patentのライセンスや独禁法にも関わるものなので、判決次第ではSEPライセンスや独禁法にも関わる重要な判例が下されそうです。

まとめ作成者:野口剛史

情報源:bloomberg(元記事を見る

OLCの米国知財ニュースレター

最新まとめ記事を
毎週メールボックスにお届け

登録すると、週1回、最新まとめ記事の概要とお知らせを受け取ることができます。

コメントする

追加記事

american-native-tribe
再審査
野口 剛史

CAFCも同意:先住民への特許譲渡でIPRを回避することはできない

CAFC は2018年7月20日、先住民は特許庁でおこなわれる IPR に対して連邦法における独立国家としてのステータス(sovereign status)を使うことはできないとしました。注目されていた Saint Regis Mohawk Tribe v. Mylan Pharmaceuticals Inc., において、 CAFC は IPR は行政機関による取締行為であり(agency enforcement action)、民事訴訟とは違うため、先住民に与えられている特権(tribal immunity)によって IPR を回避できないとしました。

Read More »
one-way-sign
再審査
野口 剛史

SAS判決の狭間で争われたIPRにSAS救済が認められる

最高裁のSAS判決はIPRに大きな変化をもたらしました。その影響は、今後のIPRだけでなく、SAS判決の前に行われているIPRにも適用されます。今回のBiodelivery Sciences Intl., Inc. v. Aquestive Therapeutics, Inc., では、SAS判決前のIPRに対してSAS基準で再審議するようCAFCがPTABに命じ、差し戻ししました。

Read More »