Qualcommが陪審審理でアップルに勝利

チップメーカー王手のQualcommとAppleは世界的規模でQualcommの特許技術に対してどれほどの対価を支払うべきかでもめていますが、アメリカ地裁の陪審審理ではQualcommが勝利し、$31.6Mの賠償が命じられました。

今回のケースはまだ序盤で、場合によっては数億ドルものお金が絡んできます。

今回対象になっている製品は iPhone 7, 8, と Xで、Qualcomm は対象商品の販売中止を求めることもできますが、アメリカの裁判所ではそのような処置ではなく、賠償金の支払いを命じる傾向にあります。

この訴訟はそもそもQualcommとAppleのライセンス契約がこじれたのが発端です。2017年にQualcommへのロイヤルティーの支払いが止まってから、Qualcommは数億ドルの損失を被っていると予想されています。

このこじれからAppleはiPhoneに使っていたチップをIntel製に変えていました。

このQualcommとAppleの戦いは長期化が懸念されています。また、この問題は、Standard Essential Patentのライセンスや独禁法にも関わるものなので、判決次第ではSEPライセンスや独禁法にも関わる重要な判例が下されそうです。

まとめ作成者:野口剛史

情報源:bloomberg(元記事を見る

ニュースレター、公式Lineアカウント、会員制コミュニティ

最新のアメリカ知財情報が詰まったニュースレターはこちら。

最新の判例からアメリカ知財のトレンドまで現役アメリカ特許弁護士が現地からお届け(無料)

公式Lineアカウントでも知財の情報配信を行っています。

Open Legal Community(OLC)公式アカウントはこちらから

日米を中心とした知財プロフェッショナルのためのオンラインコミュニティーを運営しています。アメリカの知財最新情報やトレンドはもちろん、現地で日々実務に携わる弁護士やパテントエージェントの生の声が聞け、気軽にコミュニケーションが取れる会員制コミュニティです。

会員制知財コミュニティの詳細はこちらから。

お問い合わせはメール(koji.noguchi@openlegalcommunity.com)でもうかがいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

fake-gun
商標
野口 剛史

特許庁による偽物標本の取り締まり

特許庁は、2018年3月、商標出願に関わる不正標本の取り締まりのためにパイロットプログラムを発表しました。このプログラムでは、一般の人がグラフィックソフトウェア等で編集された標本や偽造された標本を専用メールアドレスに報告することができます。アメリカでは、中国から大量の商標出願があり、その多くが基準を満たしていなかったり、違法性のあるもので、特許庁は対策に迫られていました。ルールの変更等も視野に入れていますが、今回の取り組みは、いつ終わるかわからないパイロットプログラムですが、すでに運用されていて、誰でも簡単に偽物標本を報告することができます。

Read More »
未分類
野口 剛史

ネタに困らないウェビナー解説動画

これまで知財系ブログ、ニュースレター、ウェビナーなどどれもコンテンツの元となるネタが大切なビジネスアイデアを提案してきましたが、今回はネタに困らないウェビナー解説動画の紹介します。考え方は簡単で、自分でオリジナルコンテンツを作れないなら、他人のコンテンツを使ってしまおうというアプローチです。

Read More »