先行例として成り立つための公共アクセシビリティの問題

一般からのアクセスがどれくらい容易だったか?動画とプレゼンテーションが先行例として成立するかが焦点になりました。

背景:

Medtronicは PTAB が判決を下した2つの IPR に関して CAFC に上訴しました。ここで対象になった特許はpedicle screws for spinal derotation surgeryに関するものです。

1つ目のケースについて、 CAFCPTAB が下した自明の判断をサポートしましたが、もう一方のケースにおいて、 PTAB の先行例についての判断が適切でなかったとし、 PTAB差し戻し ました。具体的には、 PTAB は問題になった動画とスライドが先行例として成立するか、公共アクセシビリティの点での事実確認が足りていないと指摘しました。

公共アクセシビリティ:

問題になった動画はアメリカで開催された3つのカンファレンス(参加人数20人から55人)で配布されました。プレゼンテーションの配布も3つのカンファレンスの内、2つで行われました。しかし、問題になった動画とプレゼンテーションはカンファレンスの後、公共向けに公開されてはいませんでした。

このような状況で、印刷物として先行例となるためには、問題となっている動画とプレゼンテーションがカンファレンスで配布された時点で十分に散布されていたかという分析が必要になります。 CAFC は今回の PTAB への 差し戻し で、(1) カンファレンスの規模と特徴、(2) 開示された事柄について興味のある人が参加できるようなカンファレンスだったのか?、また、(3) 配布されたものに関する機密保持の期待はあったのか?などの事実確認を行い、その上で、問題になった動画やプレゼンテーションが先行例として成立するか判断するように求めました。

まとめ作成者:野口剛史

元記事著者:Pier D. DeRoo and Lillian M. Phares. Finnegan, Henderson, Farabow, Garrett & Dunner LLP (元記事を見る

OLCの米国知財ニュースレター

最新まとめ記事を
毎週メールボックスにお届け

登録すると、週1回、最新まとめ記事の概要とお知らせを受け取ることができます。

コメントする

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

no-left-go
訴訟
野口 剛史

クレーム補正でEquitable Estoppelが回避できるかも?

以前権利行使があって、対応したものの特許権者から追求されなかった特許に関して、後に新たに権利行使があった場合、Equitable Estoppel による弁護が考えられます。しかし、過去に対応した際のクレームと今回のクレームに多少でも違いがあった場合は、Equitable Estoppel が適用されない可能性があるので、注意が必要です。

Read More »