先行例として成り立つための公共アクセシビリティの問題

一般からのアクセスがどれくらい容易だったか?動画とプレゼンテーションが先行例として成立するかが焦点になりました。

背景:

Medtronicは PTAB が判決を下した2つの IPR に関して CAFC に上訴しました。ここで対象になった特許はpedicle screws for spinal derotation surgeryに関するものです。

1つ目のケースについて、 CAFC は PTAB が下した自明の判断をサポートしましたが、もう一方のケースにおいて、 PTAB の先行例についての判断が適切でなかったとし、 PTAB に 差し戻し ました。具体的には、 PTAB は問題になった動画とスライドが先行例として成立するか、公共アクセシビリティの点での事実確認が足りていないと指摘しました。

公共アクセシビリティ:

問題になった動画はアメリカで開催された3つのカンファレンス(参加人数20人から55人)で配布されました。プレゼンテーションの配布も3つのカンファレンスの内、2つで行われました。しかし、問題になった動画とプレゼンテーションはカンファレンスの後、公共向けに公開されてはいませんでした。

このような状況で、印刷物として先行例となるためには、問題となっている動画とプレゼンテーションがカンファレンスで配布された時点で十分に散布されていたかという分析が必要になります。 CAFC は今回の PTAB への 差し戻し で、(1) カンファレンスの規模と特徴、(2) 開示された事柄について興味のある人が参加できるようなカンファレンスだったのか?、また、(3) 配布されたものに関する機密保持の期待はあったのか?などの事実確認を行い、その上で、問題になった動画やプレゼンテーションが先行例として成立するか判断するように求めました。

まとめ作成者:野口剛史

元記事著者:Pier D. DeRoo and Lillian M. Phares. Finnegan, Henderson, Farabow, Garrett & Dunner LLP (元記事を見る

ニュースレター、公式Lineアカウント、会員制コミュニティ

最新のアメリカ知財情報が詰まったニュースレターはこちら。

最新の判例からアメリカ知財のトレンドまで現役アメリカ特許弁護士が現地からお届け(無料)

公式Lineアカウントでも知財の情報配信を行っています。

Open Legal Community(OLC)公式アカウントはこちらから

日米を中心とした知財プロフェッショナルのためのオンラインコミュニティーを運営しています。アメリカの知財最新情報やトレンドはもちろん、現地で日々実務に携わる弁護士やパテントエージェントの生の声が聞け、気軽にコミュニケーションが取れる会員制コミュニティです。

会員制知財コミュニティの詳細はこちらから。

お問い合わせはメール(koji.noguchi@openlegalcommunity.com)でもうかがいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

creminal-theft-of-trade-secret
企業機密
野口 剛史

民事では「無罪」の企業機密の窃盗で刑事責任追及へ

2018年6月14日、6人のFitbitというフィットネスバンドの(元)従業員6人が連邦企業機密に関わる犯罪で起訴されました。従業員にはPossession of Stolen Trade Secrets (18 USC §1832(a)(3))(日本語では企業機密の窃盗)という重罪(felony)で起訴されていて、有罪になれば最高で10年の禁固刑になります。

Read More »
未分類
野口 剛史

知財コンサルをやるならウェビナーから始めなさい

今回は、前回のニュースレターと前々回のブログと似た情報発信ツールの1つであるウェビナーの知財プロフェッショナルとしての活用方法に注目します。ウェビナーはブログやニュースレターと同様、専門的な情報を発信するのに適しているので、弁理士のような専門性が必要な業種と相性がいいメディア媒体です。しかし、ブログやニュースレターなどと異なりリアルタイムで参加者と対話ができます。

Read More »
再審査
野口 剛史

PTABが地方裁判所の不明瞭の基準を採用

今回の変更でPTABにおけるAIA訴訟と裁判所における特許訴訟の歪がまた1つ解消されました。今回の変更は予測可能性と統一性を高めることに成功しましたが、実務レベルで大きな影響は無いと思われます。変更の有無に関わらず、クレーム文言が発明の範囲を明確に示すことは重要で、権利化において重要な要素の1つであることは変わりません。

Read More »