PTABの審査スピードとITCの審議スピード

IPRなどのPTABにおける再審査の時期によっては、ITCによるExclusion orderが回避できるかも知れません。

ITCは一度始まるとIPRなどの無効手続きが並行して行われていても止まることは原則ありませんが、その結果とタイミング次第ではITCに対する有効な対策手段になります。

19 U.S.C. § 1337(b)(1)において、ITCによる調査と決定は速やかに行うように定められています。ITCによる決定では、賠償金の支払いを命令できないので、そのような理由からPTABで再審査が行われていても調査を一時停止するようなことは原則ありませんでした。

しかし、PTABにおける手続きがITCによる輸入禁止命令の前に終了することもあり、PTABにおいて一部のクレームが無効になった場合、輸入禁止命令が一時中断されることもあります。

最近の例では、Certain Magnetic Tape Cartridges and Components Thereof, Inv. No. 337-TA-1058, Comm’n Notice (Mar. 25, 2019)があります。この案件では、ITC調査の結果、ALJの仮決定(initial determination)では侵害が認められましたが、Commissionのレビュー(final determination)が終わる前に、PTABにおいてクレームの一部が無効になりました。

このPTABにおける結果を考慮し、ITCのCommissionはPTABの結果に対する最終判断(CAFCへの上訴)が完了するまで、無効になったクレームに関する輸入禁止命令を保留しました。

まとめ

ITCとPTABにおけるIPRが平行して行われている場合、ITCにおける調査が一時中断することは原則ありえません。しかし、ITCにおける手続きが完了する前に、権利行使されているクレームが無効になれば、ITCはそのPTABにおける結果を考慮して最終的な判断を下す傾向にあります。

そのため、ITC訴訟に巻き込まれたとしても、IPRなどで迅速に特許を無効にできれば、ITC対策の有効な方法の1つになります。

まとめ作成者:野口剛史

元記事著者:Scott A. McKeownーRopes & Gray LLP (元記事を見る

OLCの米国知財ニュースレター

最新まとめ記事を
毎週メールボックスにお届け

登録すると、週1回、最新まとめ記事の概要とお知らせを受け取ることができます。

コメントする

追加記事

change
再審査
野口 剛史

PATB改革の始まり:IPRにおけるクレーム補正手続きの大規模改革

近日中に PTAB における再審査手続きに大きな変更がありそうです。具体的には、IPRにおいて、特許権者は IPR 開始判決(institution decision)から6週間の間にクレーム補正の申し立てができるようになり、その後、IPR 申立人が6週間の間に反対手続きをおこなうことができるようになるとのことです。

Read More »
statistics-stack-of-documents
訴訟
野口 剛史

2018年Q3訴訟統計データ

アメリカでの特許訴訟は2015年をピークに毎年減少傾向にあります。実質的な事業をもたないNon-Practicing Entities (NPEs)による訴訟も減少傾向ですが、ハイテク業界ではNPEsによる特許訴訟が大半です。また、NPEのターゲットは中小企業移りつつあります。

Read More »
speech-presentation
再審査
野口 剛史

先行例として成り立つための公共アクセシビリティの問題

一般からのアクセスがどれくらい容易だったか?動画とプレゼンテーションが先行例として成立するかが焦点になりました。印刷物として先行例となるためには、カンファレンスで配布された時点で十分に散布されていたかという分析が必要になります。CAFC は今回の案件をPTABへ差し戻ししました。

Read More »