PTAB informative decisionで文献の掛け合わせに対して言及

IPRなどで特許を無効にしようとした場合、文献を掛け合わせて自明性を主張することが多いですが、文献を掛け合わせる根拠がどこにあるのかを明確に示すことが大切になってきます。

2つのInformative判決

2019年12月11日、PTABは新たに2つの判決をInformativeとしました。Informative判決というものは、PTABの今後の判決を縛るものではありませんが、ガイドラインとして用いられます。今回新たに加わった2つのinformative判決は両方とも文献の掛け合わせ(combination of references)に関連しているので、まとめて紹介します。

Johns Manville Corp. v. Knauf Insulation, Inc., IPR2018-00827

この判決は、institutionに関する判決です。PTABはこの判決において、チャレンジャーのPetitionerの文献を掛け合わせる根拠が不足していることを指摘し、IPRのInstitutionを行いませんでした。不足理由は3つあります。

1つ目は、先行例文献をanalogous artというだけでは根拠として不足していること。analogous artというのは先行例文献としての最低条件にしか過ぎず、ただ単に先行例文献の互換性を示すだけでは、自明性を結論づけるには不十分としました。そうではなく、当業者が先行例文献をクレームで書かれているような形に合わせる理由を示さなければなりません。

2つ目は、引用された文献のどの部分が掛け合わされる可能性があるかを十分示していなかったことを上げました。PTABはPetitionerが先行例文献のどのエレメントが既存の機能であるか、その機能とは何か、そしてその機能がなぜ予期可能なものなのかを示していなかったと指摘しました。つまり、Petitionerはなぜ当業者がなぜ先行例文献のエレメントを選び、なぜ各エレメントの掛け合わせが予期可能なものなのかを証拠を用いて説明する必要があります。

3つ目は、証拠も提示しないで文献の掛け合わせは当事者の能力の範囲内であるという主張をおこなっていたことを批難しました。IPRにおいては、特許をチャレンジしているPetitionerに掛け合わせを示す説明責任があります。証拠も提示しないで、ただ「文献の掛け合わせは当事者の能力の範囲内である」というのは説得力に欠けるとしました。

 Hulu, LLC v. Sound View Innovations, LLC, IPR2018-00582

続いて、2つ目の判決です。これは最終判決(Final Written Decision)に関するものです。この判決では、Petitionerが引用文献を掛け合わせる根拠を十分説明していなかったとして、PTABはクレームの特許性を保持しました。

ここでは、自明性の問題は、掛け合わせや変更が出来たはず(could have made)だけでは不十分で、掛け合わせや変更をしていたはず(would have been motivated to make )でなければいけない。つまり、Could have madeよりもより高い基準の根拠が求められるということが示されました。

まとめ

今回のinformative 判決は何も新しいことには言及しているとは思っていません。自明性を主張する場合に、文献を掛け合わせる根拠がどこにあるのかを明確に示すことは当たり前のことです。しかし、今回のinformative 判決はその当たり前のことをしない、または不十分であると、IPRにおいても自明性を証明できないといういいReminderとしての役割を果たしているのだと思います。

まとめ作成者:野口剛史

元記事著者:Julie L. Spieker. McKee Voorhees & Sease PLC(元記事を見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

追加記事

最近では猫ミームなど、ミームはインターネットカルチャーの定番となっていますが、その広範な配布は著作権や知的財産権に関する重要な問題を提起しています。このブログでは、ミームに関連する著作権法の複雑さについて掘り下げ、クリエイターとユーザーが著作権侵害、フェアユース、所有権といった知的財産に関わる問題をどのようにナビゲートするのかを探ります。
特許において、特許発明者の正確な特定は極めて重要です。Tube-Mac Indus., Inc.vs Campbell事件は、特に特許への貢献が複数の当事者からなされた場合に、発明者の定義とすべての発明者を特定する重要性を再認識する好例です。この記事では、このケースの分析を通じて、課題解決した当事者の重要性と共同発明者を特定するアプローチについて掘り下げます。
ニューヨーク州弁護士会はAI技術の法的・倫理的影響に対する新ガイドラインを提供しました。このガイドラインは、弁護士によるAIの適切な利用と潜在的リスク管理に焦点を当て、今後のAI法律業務における教育と規制の強化を推奨しています。80ページにもわたるレポートには、AIが今後どう弁護士業務を変えていくかについて詳細に書かれており、今後NYだけでなく、アメリカの各州におけるAIの弁護士倫理ガイダンスに大きな影響を与えることが予想されます。