PTAB統計:Institution rateが低下?会計年度2020年最初の4ヶ月を振り返って

アメリカ特許庁の会計年度2019年10月から2020年1月末までの再審査を見てみると、手続きを継続するか否かのInstitution rateが昨年の数字に比べて低下しているのがわかります。会計年度2020年最初の4ヶ月は56%で、昨年の63%に比べると明らかに低下しています。

会計年度2020年最初の4ヶ月までの数字なので、サンプルサイズとしては少ないですが、204ケースがinstituteされ、161ケースがinstitutionされませんでした。この数字は今後も詳しくモニタリングされます。ちなみに、1月のinstitutionは、66 institutions に対して 48 denials でした(institution rateは58%)。

最初の4ヶ月で、396 IPR petitions, 11 PGR petitions, と 5 CBM petitionsの申し出がありました。このペースで行くと、2020年の会計年度内に1188 IPR petitionsの申し出があることが予想されます。これは、2019年の1394件、2018年の1521件を下回る数字です。この数字は、2017年の1812件から34%減ということになります。12月のIPR申し立ては比較的高かったものの(144件)、1月のIPR申し立てはトレンドに沿ったもの(79件)になりました。

公式データへのアクセス:2020年1月まではこちらから。過去の統計データのまとめはこちらから。

まとめ作成者:野口剛史

元記事著者:Matthew W. Johnson. Jones Day(元記事を見る

OLCの米国知財ニュースレター

最新まとめ記事を
毎週メールボックスにお届け

登録すると、週1回、最新まとめ記事の概要とお知らせを受け取ることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

binders-filings-data-record
再審査
野口 剛史

PTABが裁量権を使ったケースマネージメントを始めた?

最高裁のSAS判決後、PTABはIPRのPartial institutionができなくなり、すべてのクレームについてIPRを開始するか否かの2択しか選べなくなってしまいました。しかし、同じ特許を対象としたIPRが複数ファイルされた場合、PTABは最も重要なIPRのみに対してIPRを開始することもあります。

Read More »