PTAB統計:Institution rateが低下?会計年度2020年最初の4ヶ月を振り返って

アメリカ特許庁の会計年度2019年10月から2020年1月末までの再審査を見てみると、手続きを継続するか否かのInstitution rateが昨年の数字に比べて低下しているのがわかります。会計年度2020年最初の4ヶ月は56%で、昨年の63%に比べると明らかに低下しています。

会計年度2020年最初の4ヶ月までの数字なので、サンプルサイズとしては少ないですが、204ケースがinstituteされ、161ケースがinstitutionされませんでした。この数字は今後も詳しくモニタリングされます。ちなみに、1月のinstitutionは、66 institutions に対して 48 denials でした(institution rateは58%)。

最初の4ヶ月で、396 IPR petitions, 11 PGR petitions, と 5 CBM petitionsの申し出がありました。このペースで行くと、2020年の会計年度内に1188 IPR petitionsの申し出があることが予想されます。これは、2019年の1394件、2018年の1521件を下回る数字です。この数字は、2017年の1812件から34%減ということになります。12月のIPR申し立ては比較的高かったものの(144件)、1月のIPR申し立てはトレンドに沿ったもの(79件)になりました。

公式データへのアクセス:2020年1月まではこちらから。過去の統計データのまとめはこちらから。

まとめ作成者:野口剛史

元記事著者:Matthew W. Johnson. Jones Day(元記事を見る

OLCの米国知財ニュースレター

最新まとめ記事を
毎週メールボックスにお届け

登録すると、週1回、最新まとめ記事の概要とお知らせを受け取ることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

coca-cola trademark
商標
野口 剛史

第三者商標出願をモニターする理由と効果的な方法

第三者の標出願をモニターすることは、自社の商標侵害の可能性を知る上で有効な手段の1つです。しかし、現実的なモニタリング戦略がないと、関連のない調査結果などで時間がとられてしまうので、しっかりとした戦略の上で、モニタリングを行うことが大切です。

Read More »
dollar-sign
再審査
野口 剛史

Secondary considerationsとNexusの問題

クレームが自明である(obvious)という判断に反論するために、特許権者はsecondary considerationsの証拠を提示することがあります。しかし、証拠によっては自明性を解消するために提出された証拠とクレームに十分なNexus(関連)が必要になってきます。今回はFox Factory, Inc. v. SRAM, LLCという判例で、そのNexusの基準が一部明確化されたので解説していきます。

Read More »