CAFCがPTAB判事は憲法違反だと判決

今回紹介する判例の影響で、今現在PTABでの最終判決が出ていて、CAFCに控訴中の案件は、PTABにおける最終判決が破棄される可能性があります。また現在PTABで争われているIPRやCBMにも影響があるかも知れません。

判例

Arthrex, Inc. v. Smith & Nephew, Inc., No. 2018-2140 (Fed. Cir. Oct. 31, 2019)において、CAFCは、the Patent Trial and Appeal Board (“PTAB”)における the Administrative Patent Judges (“APJs”) の任命が憲法第2条のAppointments Clauseに違反しているとしました。この判決は今後のPTAB trialに大きな影響を与える可能性があります。

CAFCの救済措置

既存の法律が憲法違反となると、大きな問題に発展する可能性があります。そこで、CAFCは今回の案件の憲法違反の救済措置として、特許法の一部であるAPJの解任についての制限を切り離すことで、任意に解任できるとし、APJをprincipal officerではなくinferior officerとして扱えるようにしました。(この部分に関する解説は後ほど)。

また、このArthrexの案件については、PTABにおける最終判決を棄却し、新しいAPJのパネルによる再審議を命令しました。

Principal officerとinferior officerの違い

PTABは特許庁に属する行政機関の1つで、特許庁はU.S. Department of Commerceに所属する組織です。つまり、PTABでIPRやCBMの手続きを担当するAdministrative Patent Judges (“APJs” 日本語では、行政特許判事)は、行政で働いている役員(officer)ということになります。しかし、役員にも2つ種類(Principal officerとinferior officer)があり、Principal officerの場合、大統領による使命が必要になってきます。

APJはPrincipal officer

CAFCはAPJの仕事内容や責任からAPJはPrincipal officerだと判断。その判断を導き出すのにCAFCは主に以下の3つ点を考慮しました。

  • 特許庁で唯一大統領による使命があり、上院(Senates)でconfirmationがおこなわれた特許庁長官がAPJの判決に対して再評価をするだけの十分な権限がなかったこと(APJ がPrincipal officerだという要素)
  • しかし、特許庁長官は特許庁内でのルールの設定や給与などを通してAPJに関してある程度の監督権限を持っている(APJ がinferior officerだという要素)
  • といっても、特許法でAPJの解任について制限がかけられている (APJ がPrincipal officerだという要素)

CAFCはこのような点を総合的に判断し、APJはPrincipal officerであると判断しました。

しかし、APJは大統領ではなくthe Secretary of Commerceによって任命されているので、Principal officerの任命は大統領によるものでなければいけないという憲法第2条のAppointments Clauseを違反していることになります。

憲法違反の救済措置

CAFCは現在のAPJはPrincipal officerだとしましたが、APJの解任の制限に関わる特許法の部分を取り除くことで、APJはinferior officerになり、彼らの任命は憲法第2条のAppointments Clauseを違反しなくなるとしました。

しかし、本件のArthrex のPTABにおける判決は、適切に使命されていないprincipal officersの状態であったAPJが担当したので、PTABで下された判決を破棄する必要があります。そして、PTABに差し戻しされる際は、違うAPJが担当して再審議をすることになります。

この判決の影響

一番大きな影響があるのは、今現在、PTABでの最終判決が出ていて、CAFCに控訴中の案件です。このようなケースは、PTABにおける最終判決が破棄される可能性があります。そうなると、ほぼ自動的にCAFCはPTABに案件を差し戻し、新しいAPJのパネルで再審議がおこなわれるでしょう。

その他にも、現在PTABで争われているIPRやCBMにも影響があるかも知れません。少なくとも、現在のPTAB手続きの当事者は、憲法第2条のAppointments Clause違反に関する主張を見越して、対応策を考えておいた方がいいでしょう。

また、特許庁としては、この判決は不利なものなので、このCAFCの判決を不服として、CAFCにおけるen bancや最高裁への控訴も考えているかもしれません。また、特許庁はこのArthrex 判決を受け、現在進行中またはCAFCに控訴中の案件に対して何らかのガイドラインを発表するかもしれません。

まとめ作成者:野口剛史

元記事著者:Naveen Modi, Joseph E. Palys, Stephen B. Kinnaird, Daniel Zeilberger and Igor V. Timofeyev. Paul Hastings LLP(元記事を見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

追加記事

最近では猫ミームなど、ミームはインターネットカルチャーの定番となっていますが、その広範な配布は著作権や知的財産権に関する重要な問題を提起しています。このブログでは、ミームに関連する著作権法の複雑さについて掘り下げ、クリエイターとユーザーが著作権侵害、フェアユース、所有権といった知的財産に関わる問題をどのようにナビゲートするのかを探ります。
特許において、特許発明者の正確な特定は極めて重要です。Tube-Mac Indus., Inc.vs Campbell事件は、特に特許への貢献が複数の当事者からなされた場合に、発明者の定義とすべての発明者を特定する重要性を再認識する好例です。この記事では、このケースの分析を通じて、課題解決した当事者の重要性と共同発明者を特定するアプローチについて掘り下げます。
ニューヨーク州弁護士会はAI技術の法的・倫理的影響に対する新ガイドラインを提供しました。このガイドラインは、弁護士によるAIの適切な利用と潜在的リスク管理に焦点を当て、今後のAI法律業務における教育と規制の強化を推奨しています。80ページにもわたるレポートには、AIが今後どう弁護士業務を変えていくかについて詳細に書かれており、今後NYだけでなく、アメリカの各州におけるAIの弁護士倫理ガイダンスに大きな影響を与えることが予想されます。