中国での米国訴訟の機密情報開示で4万ドルの制裁金が発生

アメリカではDiscoveryによって訴訟相手の機密情報を取得できますが、取り扱い方を間違えると保護命令に違反してしまい制裁金が発生したり、裁判に不利な推定をされてしまう可能性があります。今回は、保護命令で保護されているグループ外にDiscoveryで得られた情報を開示してしまい制裁金が課された判例を紹介します。

判例:Simo Holdings Inc. v. Hong Kong uCloudlink Network Technology Limited, Case No. 18-cv-5427 (JSR) (S.D.N.Y. Dec. 7, 2020)


SIMO Holdings Inc. (以下「SIMO」)は、被告である香港の uCloudlink Network Technology Limited (以下「uCloudlink」)に対する特許侵害の主張に対して、裁判で勝訴しました。SIMO は、SIMO の子会社である Skyroam Shenzhen と uCloudlink の子会社との間の中国深圳での営業秘密横領訴訟(以下「中国訴訟」)において、公判前のディスカバリーで作成された uCloudlink の機密文書の使用を地裁に 2 回求めました。

地裁が説明したように、SIMOは、中国訴訟の秘密情報の開示請求を行った際に、「2018年11月下旬に」K&L Gates LLPの原告弁護士が、当時、関連する中国特許侵害訴訟でSkyroam Shenzhenの代理人を務め、現在は中国訴訟でSkyroam Shenzhenの代理人を務めている[King & Wood Mallesons]弁護士に「…uCloudlinkの秘密文書を利用可能にした」ことを初めて地裁に伝えました。被告は、開示に反対しただけでなく、King & Wood Mallesonsへの不正開示に対して、地裁に制裁を科すよう要求しました。

地裁は、SIMOが2018年11月下旬に4人のKing & Wood Mallesonsの弁護士とuCloudlinkの機密文書を共有したことを認めたことに意義があると判断しました。地裁は、保護命令の第5項(c) (paragraph 5(c) of the Protective Order)は、裁判所職員、速記者、「この訴訟のために特別に保持された弁護士」、および「この訴訟に関連して専門家証人として機能するか、またはその他の方法で弁護士に専門的な助言を提供するために当事者によって保持された者」を除いて、秘密のDiscovery資料の開示を禁止していることを指摘しました。

地裁は、「King & Wood Mallesonsがこの訴訟のために特別に雇われたわけではないことは明らかである」と結論付けました。SIMOはK&L Gates LLPによってアメリカの訴訟で代表されています。SIMOが認めているように、King & Wood MallesonsはSIMOの子会社であるSkyroam Shenzhenが中国の特許訴訟において、本訴訟の非当事者であるSkyroamの代理を務めるために依頼されました。また、King & Wood Mallesonsは、現在進行中の中国の営業秘密横領訴訟においてSkyroam Shenzhenを代理しています。記録には、K&L GatesがuCloudlinkの機密文書を提供したK&Wood Mallesonsの弁護士が中国以外の国で弁護士としての免許を持っていたことを示すものはありませんでした。

地裁はまた、King & Wood Mallesons が「この訴訟に関連して弁護士に専門的な助言を提供するために雇われていた」ことにも異議を唱えました。SIMOは、中国の特許訴訟事件におけるKing & Wood MallesonsのSIMOの既存の代理は、米国の訴訟と中国の特許・営業秘密事件の間の相互関係について「専門的な助言を提供できるように拡大した」と主張しました。しかし、地裁はこの立場にも反対し、保護命令を損なうと判断しました。”ある訴訟において『専門的なアドバイス』を提供する個人には、別の訴訟の根拠となる可能性のある被告を特定する弁護士や、ある訴訟が別の訴訟に影響を及ぼす可能性があるかどうかを評価する弁護士が含まれる場合、パラグラフ5(c)の『本訴訟』に所属する弁護士への制限は意味をなさなくなる」としました。

その結果、地裁は、SIMOが保護命令に明らかに違反していることを考慮すると、4万ドルの制裁金(すなわち、誤って開示された4つの文書のそれぞれについて1万ドル)が与えられると判断しました。

解説

アメリカの訴訟において情報の取り扱いは最新の注意を払わないといけません。特にDiscoveryで得られた訴訟相手の情報には取り扱いに対する様々な制限がかけられることがあります。

今回は、アメリカの特許訴訟のDiscoveryで得られた情報が限定されたグルーブ以外と共有されてしまったことで、罰金が課せられてしまいました。

保護命令の第5項(c) にかかれている通り、Discoveryで得られた機密資料は裁判所職員、速記者、「この訴訟のために特別に保持された弁護士」、および「この訴訟に関連して専門家証人として機能するか、またはその他の方法で弁護士に専門的な助言を提供するために当事者によって保持された者」を除いて開示を禁止されています。

SIMOのアメリカにおける特許訴訟の代理人はK&L Gates です。アメリカのDiscoveryで得られた訴訟相手のuCloudlinkの機密資料には、保護命令の第5項(c) が適用され、共有できるグルーブが限定されています。

King & Wood Mallesonsは、中国でSIMOの子会社を別の訴訟で弁護している法律事務所です。そのため、地裁で保護命令の第5項(c) で特定されているグループ以外の組織と判断されたため、保護命令の違反となり、4万ドルの制裁金が課されることになりました。

今回の判例の教訓は、たとえ他の訴訟がアメリカで行われている特許訴訟に関連していても、特定のDiscoveryで得られた情報を、別の訴訟チームと「共有」するのは避けるべきです。また、保護命令の第5項(c)で定められているグループ以外の組織とDiscoveryで得られた情報した事実があるのであれば、調査をし、なるべく早く裁判所に連絡することをおすすめします。

TLCにおける議論

この話題は会員制コミュニティのTLCでまず最初に取り上げました。TLC内では現地プロフェッショナルのコメントなども見れてより多面的に内容が理解できます。また、TLCではOLCよりも多くの情報を取り上げています。

TLCはアメリカの知財最新情報やトレンドはもちろん、現地で日々実務に携わる弁護士やパテントエージェントの生の声が聞け、気軽にコミュニケーションが取れる今までにない新しい会員制コミュニティです。

現在第三期メンバー募集中です。詳細は以下の特設サイトに書かれているので、よかったら一度見てみて下さい。

まとめ作成者:野口剛史

元記事著者: Stanley M. Gibson. Jeffer Mangels Butler & Mitchell LLP(元記事を見る

ニュースレター、公式Lineアカウント、会員制コミュニティ

最新のアメリカ知財情報が詰まったニュースレターはこちら。

最新の判例からアメリカ知財のトレンドまで現役アメリカ特許弁護士が現地からお届け(無料)

公式Lineアカウントでも知財の情報配信を行っています。

Open Legal Community(OLC)公式アカウントはこちらから

日米を中心とした知財プロフェッショナルのためのオンラインコミュニティーを運営しています。アメリカの知財最新情報やトレンドはもちろん、現地で日々実務に携わる弁護士やパテントエージェントの生の声が聞け、気軽にコミュニケーションが取れる会員制コミュニティです。

会員制知財コミュニティの詳細はこちらから。

お問い合わせはメール(koji.noguchi@openlegalcommunity.com)でもうかがいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

time-delay-clock
再審査
野口 剛史

訴訟履歴がある場合は注意!IPR提出期限の制限が拡大

2018年8月16日、 CAF Cは35 U.S.C. § 315(b)における IPR 手続き期限は、訴訟の申し立てがserviceされた日から1年としました。 35 U.S.C. § 315(b)では、訴訟が起きてから IPR を申し込むまでの時間制限が明記されていて、1年となっています。今回は、その訴訟が“without prejudice”で取り下げられても時間制限が適用されるのかが問題になりました。

Read More »
money
訴訟
野口 剛史

特許の価値は平等ではない

特許侵害訴訟の損害賠償の算出に関して、理由と証拠が明確でなかったため、複数の特許に均等に損害割合を配分した損害賠償専門家の証言を地裁が排除しました。特許の価値は平等ではありません。また、保有している特許が必ずしも使用されている特許ではないことを理解し、信頼できる既存の方法を用いて損害賠償の算出を行う必要があります。

Read More »
vision
特許出願
野口 剛史

スタートアップのための知財戦略(その2)

スタートアップのための知財戦略(その1)で紹介しきれなかった残りの 6つのポイント (特許の期限を左右するイベントの特定、特許自体で収入を得る、特許を資産として扱う、政府資金を使った研究開発の注意点、規格、戦略の見直し)を紹介します。

Read More »