メタバースとNFTにおける知的財産の保護

ブランドがすでにもっている「物理的な商品に関する既存の商標登録がメタバースにおける侵害にも有効か?」はまだ未知数です。現在そのような訴訟がいくつか行われていますが、まだ裁判所での判断は出ていません。そこで、各ブランドは積極的にメターバース・NFT関連の商標出願を行っています。

ブランドが注目するメタバース

メタバースやNFTは、最近よく耳にするバズワードです。ナイキ、ヴィクトリア・シークレット、テイラーメイドなど、多くのブランドがメタバースにおける「商品」やNFTに権利を主張しようと躍起になっています。なぜこのような動きがあるのか、また、メタバースやNFTに関連する知的財産を保護することがなぜ重要なのでしょうか。

メタバースとは?

まず、メタバースとNFTについて簡単に説明します。メタバースとは、一般的に、ユーザーがデジタルアバターを使用してさまざまな空間、人、物と交流できる没入型デジタル世界を指します。メタバースと呼ばれる一般的な空間はなく、Robloxのようなプラットフォームで独自の空間を確立しようとする企業も存在します。しかし、そのようなデジタルな世界では、様々なデジタルグッズが販売されています。メタバースで自分のアバターにスニーカーや洋服を買ってあげることを想像してみてください。そのアバターのために車を購入することを想像してみてください。これらの商品は、物理的な商品ではないものの、通常のマーケットプレイスにある商品と同じものを表現することができるのです。このように、ナイキのような企業は、メタバースで販売されるデジタル商品(およびサービス)に関する知的財産を保護しようとしているのです。

NFTとは?

NFTは、それらと同じデジタル商品、または特定の作品を指すことがあります。しかし、NFTは、そのデジタル資産を認証し、追跡するためにブロックチェーン(イーサリアムなどのデジタル台帳)上に保存されるデータです。NFTは、ユニークで他のものに置き換えることができないことを意味する「non-fungible(非代替)」です。したがって、NFTは1点もののデジタルアート作品を指すこともできますし、物理的な製品にリンクしてその製品の真正性や所有権を証明することも可能です。

メタバース・NFT関連の商標出願が大切な理由

多くの企業が商品やサービスの商標登録を済ませていますが、なぜメタバースやNFTに特化した商標が重要なのでしょうか。

米国特許商標庁(および世界中の他の商標庁)は、商品やサービスを特定の国際的な「クラス」に分類し、その下で商標を分類しています。例えば、履物や衣服は第25類、宝飾品は第14類、小売店サービスは第35類に属します。これらの「伝統的な」クラスの商品およびサービスのほとんどは、メタバースやNFTにおけるデジタル商品およびサービス(USPTOは、特にクラス9および41に分類しています)を対象としていません。そのため、企業は自社の商品・サービスに対して、適切な分類での商標出願を検討することが重要です。

既存の商標を使ったメタバース内の権利侵害訴訟のリスク

物理的な商品に関する既存の商標登録が、メタバースにおけるこれらのデジタル商品をカバーする可能性があると主張することができますが、現在のところ、そのようなことを規定する法律や判例法はありません。

エルメスがメイソン・ロスチャイルドに対して「MetaBirkin」の作成、販売、使用を理由に起こした訴訟(エルメスがバーキンバッグの商標権を侵害されたと主張)のように、新しく起こされたケースもありますが、これらのケースはまだ裁判所で審理されてはいません。したがって、メタバースやNFTへの進出を考えている企業は、保護を強化するために関連する商標の出願を検討する価値があると思われます。

NFTにおける知財の取り扱い

NFTにまつわる知的財産については、芸術作品のようなものだと考えてください。現在販売されている猿の画像、人の画像、アバターなど、多くのNFTは芸術作品とみなされています。別途の契約がない限り、NFTは著作者の知的財産権に対する所有権を認めず、NFTを所有したからといって、派生物や複製物を自由に作成できるわけではありません。

したがって、NFTの作成者は、アートワークの著作権(およびおそらく商標)申請を検討し、販売中および販売後の知的財産権をカバーする特定の契約書の作成を検討する必要があります。逆に、NFTの購入者は、購入時または購入前に権利内容を確認し、実際に取得するものを正確に判断することを検討する必要があります。

メタバース・NFTのための知財戦略が必要

メタバースとNFTは知的財産の新たな広がりであり、もしあなたの会社がこの分野への参入を検討しているのであれば、この新しい環境に関連する知的財産の保護を検討する必要があるでしょう。

参考記事:Protecting Your Intellectual Property in the Metaverse and on NFTs

ニュースレター、公式Lineアカウント、会員制コミュニティ

最新のアメリカ知財情報が詰まったニュースレターはこちら。

最新の判例からアメリカ知財のトレンドまで現役アメリカ特許弁護士が現地からお届け(無料)

公式Lineアカウントでも知財の情報配信を行っています。

Open Legal Community(OLC)公式アカウントはこちらから

日米を中心とした知財プロフェッショナルのためのオンラインコミュニティーを運営しています。アメリカの知財最新情報やトレンドはもちろん、現地で日々実務に携わる弁護士やパテントエージェントの生の声が聞け、気軽にコミュニケーションが取れる会員制コミュニティです。

会員制知財コミュニティの詳細はこちらから。

お問い合わせはメール(koji.noguchi@openlegalcommunity.com)でもうかがいます。

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

speech-presentation
再審査
野口 剛史

裁判官直伝の実務アドバイス(口頭弁論編)

IPR などの PTAB での手続きで口頭弁論がある場合、当事者として口頭弁論を聞くことがあると思います。しかし、このような判事の評価ポイントを知らないと、口頭弁論を聞いても、判事の印象を正確に判断できません。ここでは口頭弁論における印象を正確に把握するための5つのポイントを紹介します。

Read More »
未分類
野口 剛史

カンファレンスで「つながる」仕組み作り

今回のテーマはカンファレンスです。皆さんも継続して知財を学ぶために定期的にカンファレンスに参加すると思いますが、カンファレンスのいいところは実際に人に会えることですよね。でも、なかなな面識のない人と話すきっかけを作るのが難しい。そこで、今回はカンファレンスで見知らぬ人とも簡単につながることができる仕組みを考えたいと思います。

Read More »