アメリカにおける権利化を効率的にする便利ツール

特許の業界にも様々なITツールが存在します。身近なツールだと特許を管理するdocket softwareですかね。今回は特許庁のデータを分析してくれる Juristat softwareを紹介します。

このツールはアメリカ特許庁の審査データを分析して以下のような質問に答えてくれるツールです。

  • 担当審査官の難易度
  • 出願中の案件で問題になっていることがらが別の案件で解決済みかどうか
  • 競合他社が同じような問題に直面しているか
  • 競合他社の出願数
  • 上訴した場合の統計的データ

今回紹介するJuristat というツールは、拒絶理由のタイプ、特定の審査官に関する情報、権利化率、権利化されるまでの時間など様々なデータを分析し、出願に役立つ情報を提供為てくれるツールです。

まとめ

似たようなツールは結構前からありましたが、もっと具体的な活用例の紹介があって1回使ってみたいなと思いました。特に、Juristat の拒絶理由タイプや担当審査官で絞り込んで、すでに同じ拒絶理由が解決されている案件を見つければ、OA対応の時間を短くできるのではないかと思いました。

まとめ作成者:野口剛史

元記事著者:Heidi S. Nebel. McKee Voorhees & Sease PLC (元記事を見る

OLCの米国知財ニュースレター

最新まとめ記事を
毎週メールボックスにお届け

登録すると、週1回、最新まとめ記事の概要とお知らせを受け取ることができます。

コメントする

追加記事

fake-gun
商標
野口 剛史

特許庁による偽物標本の取り締まり

特許庁は、2018年3月、商標出願に関わる不正標本の取り締まりのためにパイロットプログラムを発表しました。このプログラムでは、一般の人がグラフィックソフトウェア等で編集された標本や偽造された標本を専用メールアドレスに報告することができます。アメリカでは、中国から大量の商標出願があり、その多くが基準を満たしていなかったり、違法性のあるもので、特許庁は対策に迫られていました。ルールの変更等も視野に入れていますが、今回の取り組みは、いつ終わるかわからないパイロットプログラムですが、すでに運用されていて、誰でも簡単に偽物標本を報告することができます。

Read More »
time-delay-clock
再審査
野口 剛史

訴訟履歴がある場合は注意!IPR提出期限の制限が拡大

2018年8月16日、 CAF Cは35 U.S.C. § 315(b)における IPR 手続き期限は、訴訟の申し立てがserviceされた日から1年としました。 35 U.S.C. § 315(b)では、訴訟が起きてから IPR を申し込むまでの時間制限が明記されていて、1年となっています。今回は、その訴訟が“without prejudice”で取り下げられても時間制限が適用されるのかが問題になりました。

Read More »