クレーム補正でEquitable Estoppelが回避できるかも?

CAFC は、クレーム補正以前のクレームに関わる先行例文献は、再審議によって許可された補正後のクレームの権利行使を禁じるものではなく、 Equitable Estoppel は適用されないとしました。John Bean Technologies Corp. v. Morris & Associates, Inc., Case No. 17-1502 (Fed. Cir., Apr. 19, 2018) (Reyna, J).

背景

John Bean Technologiesは、Morris & Associatesと競合する関係にありました。John BeanはMorrisが侵害していると思われる特許ほ保有しており、MorrisがそのようなJohn Beanの侵害主張を知った際に、Morrisは、John Beanに先行例文献を提示し、特許の無効を主張。その先行文献の提示と共に、Morrisは、自社の特許無効という主張に対するJohn Beanの反論を求めましたが、John Beanからは何も連絡がありませんでしたそのJohn Beanの無行動を理由に、Morrisは侵害が主張されていた製品を継続して販売

11年後、John Beanはその特許を指摘された参考文献と共に ex parte re-examination(再審議)にかけました。その再審議において、オリジナルのクレームは無効と判断され、キャンセルされました。その後、 John Bean はクレームを非常に限定した形でクレーム補正し、最終的に特許庁がその補正を許可しました。補正後のクレームが成立した後、John BeanはMorrisに対して権利行使。Morrisは過去の経緯から、John BeanがMorrisが侵害が疑われている製品を長年販売していたことを知っていたことと、Morrisが11年前に求めたJohn Beanの反論がなかったことから、John BeanはMorrisに対して権利行使できないと Equitable Estoppel を主張

CAFC で判決が覆る

地裁では、 Equitable Estoppel の主張が認められましたが、それを不服としたJohn Beanが CAFC に上訴。 CAFC では、地裁の判決が覆りました。

CAFCは、この案件には Equitable Estoppel が適用されないとしました。その理由は、Morrisの主張はクレーム補正以前のクレームに関わるものであって、今回権利行使されたクレームは再審議によって許可された補正後のクレームであるというものでした。裁判所は、再審議によって許可された補正後のクレームは非常に限定されているので、 Equitable Estoppel が適用されないと判断。

この判決では、再審議の前と後で大きな補正がなされなかった場合、 Equitable Estoppel が適用されるのかについては語られませんでした。また、 Equitable Estoppel は適用されないが、 CAFC は、Morrisの介入権(absolute and equitable intervening rights)により、John BeanはMorrisに権利行使ができない可能性があることを示唆しました。

まとめ

以前権利行使があって、対応したものの特許権者から追求されなかった特許の場合、後に新たに権利行使があった場合、Equitable Estoppel による弁護が考えられますが、過去に対応した際のクレームと今回のクレームに多少でも違いがあった場合、Equitable Estoppel が適用されない可能性があるので、注意が必要です。どの程度の補正があった場合に Equitable Estoppel が適用されなくなるか、実務レベルでの判断は難しいので、弁護士と相談して慎重に検討する必要があります。

まとめ作成者:野口剛史

元記事著者:Brian A. Jones. McDermott Will & Emery (元記事を見る

ニュースレター、会員制コミュニティ

最新のアメリカ知財情報が詰まったニュースレターはこちら。

最新の判例からアメリカ知財のトレンドまで現役アメリカ特許弁護士が現地からお届け(無料)

日米を中心とした知財プロフェッショナルのためのオンラインコミュニティーを運営しています。アメリカの知財最新情報やトレンドはもちろん、現地で日々実務に携わる弁護士やパテントエージェントの生の声が聞け、気軽にコミュニケーションが取れる会員制コミュニティです。

会員制知財コミュニティの詳細はこちらから。

お問い合わせはメール(koji.noguchi@openlegalcommunity.com)でもうかがいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

Uncategorized
野口 剛史

2019年Legal Trends Reportのレビュー

アメリカの司法業界全体のトレンドを示したレポートを読んだので、そのハイライトをレポートします。このレポートの面白いところが、ビジネス面に注目しているところで、事務所の成長やクライアントが求めているものなどをデータをベースに分析しています。

Read More »
supreme-court
訴訟
野口 剛史

知財業界が注目する実施可能要件に関する最高裁での争い

医薬品業界内を二分にする実施可能要件に関するAmgen v. Sanofiの最高裁での争いは知財業界の注目を集めています。しかし、最近開催された口頭弁論の内容を総合的に判断すると、実施可能要件に関する大きな変更がある可能性は少なく、最高裁は、実施可能要件の欠如による特許無効には過度な実験 (undue experimentation) の証明が必要であり、実験の量が「過度」( undue)であるかどうかは、長年にわたるWands判決に示された要素に依存することを確認するようです。

Read More »
契約
野口 剛史

エスカレートするSEPバトルの戦略的考察 パート1

SEPの問題は通信業界に限ったものではありません。今後はSEPと無関係だった業界でも複雑なSEP対策を行わないといけないようになってくるでしょう。SSO、FRAND、国の政策、主要国の矛盾など、SEP対策で考慮しないといけない問題は多岐に及びます。対策には時間がかかるので、いまのうちから準備をはじめるといいでしょう。

Read More »