パテントマーキングを推奨する理由は賠償金額にあり

パテントマーキング(特許表示)は、適切に行うことで訴訟における賠償金額に大きな影響を与えます。マーキングは任意で、特許と商品の関連性をチェックし、定期的に管理・維持していく手間暇がかかりますが、アメリカでの権利行使を真剣に考えている企業であれば、そのような費用やリソースを割いても十分な見返りが期待できる試みだと思われます。

ーーー

米国の法律では、パテントマーキングは任意です。では、なぜ特許表示をするのでしょうか?簡単に言えば、損害賠償のためです。損害賠償を請求したいのであれば、物品が特許であることを通知しなければなりません。その通知には、2種類あり、実際の通知(Actual notice)と推定的通知(constructive notice)があります。実際の通知とは、送達された訴訟の訴状や停止命令書(cease-and-desist letter)の送付などです。その一方で、推定的通知とは、表示に関する法令に従った特許表示です。

パテントマーキングと損害賠償を示す例

パテントマーキングには、物理的なもの、すなわち製品への表示と、バーチャルなもの、すなわちウェブサイトへの表示の2種類あります。

以下の簡単な例を用いて、パテントマーキングが損害賠償にもたらす違いについて説明します。

A社は、特許を取得した直後に、製造・販売する製品に適切なマークを付しました。しかし、B社はマーキングは行いませんでした。

侵害者はA社もB社も知らないうちに特許製品の販売を開始します。このような侵害行為を受け、両社は法律顧問に相談し、侵害の有無を判断してもらい、侵害者に排除措置命令書を送るか、訴訟を起こすことを考え始めます。

後に裁判において侵害が認められたと仮定すると、「A社」は推定的通知を行った日、すなわち自社製品に適切な表示を開始した日まで遡って損害賠償を得ることができます。

その一方で、「B社」は、実際に通知した日、すなわち、排除措置命令書を送付した日や訴状を送達した日からしか損害賠償を受けることができなくなります。

このことが、損害賠償の額にとってどれほど大きな意味を持つかは想像に難くないでしょう。

これが任意であるパテントマーキングをおすすめする理由です。

参考記事:Best Practices – Patent Marking – Why We Recommend It

ニュースレター、会員制コミュニティ

最新のアメリカ知財情報が詰まったニュースレターはこちら。

最新の判例からアメリカ知財のトレンドまで現役アメリカ特許弁護士が現地からお届け(無料)

日米を中心とした知財プロフェッショナルのためのオンラインコミュニティーを運営しています。アメリカの知財最新情報やトレンドはもちろん、現地で日々実務に携わる弁護士やパテントエージェントの生の声が聞け、気軽にコミュニケーションが取れる会員制コミュニティです。

会員制知財コミュニティの詳細はこちらから。

お問い合わせはメール(koji.noguchi@openlegalcommunity.com)でもうかがいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

ビジネスアイデア
野口 剛史

虎の威を借るマーケティング

なるべく多くの人に新しいサービスを知ってもらうために「広告」を考える人は多いですが、以外に親しくしている業界で権威のある人に紹介してもらうだけでも十分なマーケティングができる場合があります。今回は最近起業して企業研修用の動画販売を始めたたまさんのうまいマーケティング例を取り上げます。

Read More »
import
訴訟
野口 剛史

模倣品対策:デザイン特許をアメリカの国境で行使する際の注意点

デザイン特許は近年自動車からファッションまで様々な分野で注目されている知財ですが、模倣品がアメリカへ輸入される際に税関で押収することはできません。そうするには、トレードドレスとして登録しておく必要があり、その取得の難易度が高くなります。このようなシステムは他の国とは異なるので注意が必要です。

Read More »
Abstract representation of avoiding disputes over workplace inventions with legal documents, a balance scale, and American legal symbols in a professional color scheme of blues, golds, and whites
契約
野口 剛史

職務発明でトラブルにならないための雇用契約と知的財産条項

従業員が画期的な発明をしたからと言って、その発明が雇用主に帰属するかというと、そう簡単に結論が出せないのが、アメリカにおける発明の取り扱いの難しいところです。職務での発明の内容や、雇用形態、「雇用中」の発明なのか、社内のリソースを使ったものなのか、雇用時の知財に関わる条項などによって、結論が大きく変わってきます。そこで、今回はアメリカにおける職場での発明の権利者に関わる問題を深堀りし、トラブルを回避できる雇用契約と知的財産条項を考察していきます。

Read More »