自社製品の販売で特許が使えなくなる?!特許消尽の範囲が拡大

米国最高裁は、2017 年、Impression Products, Inc. v. Lexmark International, Inc., 581 U.S. ___ (2017)において、特許権者が特許製品を販売した場合、特許消尽は回避できないと した。また、判例では不透明だった契約制限や海外の販売先であっても、消尽の効果は変わらないとした。

特許消尽(the doctrine of patent exhaustion) − 特許製品が特許権者やライセン シーなどによって合法的に流通された後は、その製品に関する特許権はすべて使 い尽くされた(消尽した)と理解され、その製品について特許権を行使すること ができないという考え方。

この Lexmark 事件前にも、特許消尽の問題は最高裁で取り上げられたが、その時は、契 約で制限をつけることで特許消尽を回避できるか?については判決されていなかった。Quanta Computer, Inc. v. LG Electronics, Inc., 553 U. S. 617 (2008), United States v. Univis Lens Co., 316 U. S. 241 (1942).

しかし、この Lexmark 事件で、最高裁は、たとえ特許権者が販売後の使用や扱いに制限 (post-sale restrictions)をかけても特許は消尽するとし、購買契約等で特許消尽を回避 するという手段は取れなくなった。

また、Lexmark 事件前は、アメリカ以外の国での販売にも特許消尽が起こるのかが不透明だったが、著作権の海外での消尽を特許法にも適用し、販売先がアメリカ国内でも海 外でも消尽の効果は変わらないとした。

判例のQuanta 事件と今回の Lexmark 事件を合わせると、特許権者がクレームされたモ ノや方法に関わる重要な部品をアメリカ国内・国外を問わず販売した場合、特許消尽が起こることになる。特許消尽の範囲は拡大したが、消尽しないケースも考えられる。例えば、特許消尽は、商品・サービスを「ライセンス」する形にすれば回避できるかもしれない。(例、ソフトウェアなど)。また、不正販売(例、ライセンス先が契約違反をして製品を製造・販売など)の場合も特許消尽を回避できる可能性がある。

まとめ作成者:野口剛史

元記事著者:Charlene M. Morrow, Armen N. Nercessian. Fenwick & West LLP (元記事を見る

OLCの米国知財ニュースレター

最新まとめ記事を
毎週メールボックスにお届け

登録すると、週1回、最新まとめ記事の概要とお知らせを受け取ることができます。

コメントする

追加記事

statistics-stack-of-documents
再審査
野口 剛史

2018年5月のIPRとCBM の統計データ

5月 PTAB は34件の IPR と CBM のFinal Written Decisions(最終判決)を下しました。争われたクレームの内322クレーム(68.51%)を取り消し、122クレーム(25.96%)の取り消しを却下。特許権者が補正やdisclaimerを行い26クレーム(5.53%)が生き残りました。

Read More »
change-sign
商標
野口 剛史

外国からの商標出願に現地代理人の義務化か?

外国からアメリカに対する商標の出願に対して、アメリカの現地代理人(商標を専門とする弁護士)を雇うことを義務化しようとする動きがあります。今回は、現在アメリカ特許庁が商標に対して抱えている問題と、その解決方法の候補である現地代理人の義務化について考えます。

Read More »
folders-manual
再審査
野口 剛史

IPRにおけるクレーム補正改正案

以前お伝えしたIPRにおける大規模なクレーム補正改正ですが、具体的な案がUSPTOから発表されました。これから公からのコメント期間を得て、ルール化される予定です。

Read More »