日本とアメリカにおける特許適格性の違い

特許適格性の違いからアメリカにくらべ日本ではソフトウェア系やビジネス方法計の特許の取得が簡単だということを丁寧に解説している記事を見つけました。こういった国別の制度の比較記事はなかなか見ないので紹介したいと思います。

ソフトウェア系の特許を多く出願する企業にとって日本のシステムはありがたいことだと思いますが、アメリカの出願人や代理人は日本のシステムを理解していないことが多々あると思います。

今回の記事はそんなアメリカのソフトウェア関連知財に携わっている人に特許適格性の違いという観点から日本の特許システムを紹介するのにとてもいいリソースだと思います。

具体的にはアメリカの特許適格性に関する最高裁判決Aliceの2つのステップによる35 U.S.C. § 101における特許適格性の分析から始まり、USPTOの新しいガイドライン作りへの取り組み、新しいガイドラインが実務に与えるインパクトが解説されています。このようにアメリカにおける特許適格性について説明してから、日本をアメリカの基準と比較しています。

日本の特許庁によるクレーム例や実際に日本のクレームも紹介されているので、概念による違いだけでなく、実務レベルでのクレームの差も解説されているので、日本とアメリカにおける特許適格性の違いを理解するにはとてもいいリソースだと思います。

まとめ作成者:野口剛史

紹介記事著者:James Korenchan, Michael Anderson, (McDonnell Boehnen Hulbert & Berghoff LLP) and Yukio Oishi (TMI Associates) (参考記事を見る

ニュースレター、公式Lineアカウント、会員制コミュニティ

最新のアメリカ知財情報が詰まったニュースレターはこちら。

最新の判例からアメリカ知財のトレンドまで現役アメリカ特許弁護士が現地からお届け(無料)

公式Lineアカウントでも知財の情報配信を行っています。

Open Legal Community(OLC)公式アカウントはこちらから

日米を中心とした知財プロフェッショナルのためのオンラインコミュニティーを運営しています。アメリカの知財最新情報やトレンドはもちろん、現地で日々実務に携わる弁護士やパテントエージェントの生の声が聞け、気軽にコミュニケーションが取れる会員制コミュニティです。

会員制知財コミュニティの詳細はこちらから。

お問い合わせはメール(koji.noguchi@openlegalcommunity.com)でもうかがいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

statistics-stack-of-documents
再審査
野口 剛史

IDSに記載された文献を用いてIPRを行うのは難しい

IDSで提出された文献はIPRの実施を決める上で、審査中に引用されていなくても特許庁に以前提出された同一又は実質的に同一の技術に該当します。そのため、そのような文献をベースにした主張をIPRで行う場合、特許庁が特許性について重大な形で間違っていたことを申立人が証明する必要があり、IPRの開始が非常に困難になります。

Read More »
Uncategorized
野口 剛史

知財の基本を発明者や経営者にプレゼンする際のお手本になるセミナー

知財の基本を発明者や経営者にプレゼンする際のお手本になるセミナーでした。特に気に入った点が、各ポイントを説明する際に実際の判例を用いたところです。説明するポイントが実際に訴訟になったときにどうなったかを示すことで、データを元にした説明ができるので、説得力が増すプレゼンになっていました。

Read More »