日本とアメリカにおける特許適格性の違い

特許適格性の違いからアメリカにくらべ日本ではソフトウェア系やビジネス方法計の特許の取得が簡単だということを丁寧に解説している記事を見つけました。こういった国別の制度の比較記事はなかなか見ないので紹介したいと思います。

ソフトウェア系の特許を多く出願する企業にとって日本のシステムはありがたいことだと思いますが、アメリカの出願人や代理人は日本のシステムを理解していないことが多々あると思います。

今回の記事はそんなアメリカのソフトウェア関連知財に携わっている人に特許適格性の違いという観点から日本の特許システムを紹介するのにとてもいいリソースだと思います。

具体的にはアメリカの特許適格性に関する最高裁判決Aliceの2つのステップによる35 U.S.C. § 101における特許適格性の分析から始まり、USPTOの新しいガイドライン作りへの取り組み、新しいガイドラインが実務に与えるインパクトが解説されています。このようにアメリカにおける特許適格性について説明してから、日本をアメリカの基準と比較しています。

日本の特許庁によるクレーム例や実際に日本のクレームも紹介されているので、概念による違いだけでなく、実務レベルでのクレームの差も解説されているので、日本とアメリカにおける特許適格性の違いを理解するにはとてもいいリソースだと思います。

まとめ作成者:野口剛史

紹介記事著者:James Korenchan, Michael Anderson, (McDonnell Boehnen Hulbert & Berghoff LLP) and Yukio Oishi (TMI Associates) (参考記事を見る

OLCの米国知財ニュースレター

最新まとめ記事を
毎週メールボックスにお届け

登録すると、週1回、最新まとめ記事の概要とお知らせを受け取ることができます。

コメントする

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

shoes
商標
野口 剛史

ITC調査でConverseの70年も続いた商標が取り消しになってしまう

ITCにおける知財の侵害調査は、アメリカ地裁で差し止めが難しくなった現環境の中、注目を集めている権利行使の方法です。ITCによる知財侵害調査のほとんどは特許ですが、今回は商標です。権利行使をしたものの、80年以上の間、同じようなデザインの靴が複数の他社から販売されていたことと、商標の有効性に対して重要な証拠として扱われるアンケート調査での結果が派生的意味を証明するほどの高い数値を示していなかったことに注目し、商標が無効になってしまいました。

Read More »
folders-manual
訴訟
野口 剛史

CAFCが均等論は例外にのみ適用されるべきと発言

Amgen Inc. v. Sandoz Inc.において、CAFCは均等論を狭く解釈し、地裁における非侵害の判決を是正しました。CAFCは、均等論は例外的に適用されるべきであり、すべての特許侵害案件で直接侵害の次に行われる分析ではなく、クレームの範囲を容易に拡大するものではないとしました。

Read More »
money-saving-incentive
特許出願
野口 剛史

2018年、知財管理トレンド調査

半数以上の会社や組織でR&Dへの投資が上昇。半数以上の会社や組織で過去3年間の間に特許出願が増加。このような環境の中で、 コスト削減、効率化、作業にともなうリスクの削減が求められていて、大きな課題になっている。

Read More »