特許適格性ガイドラインのアップデート

2019年10月17日に、アメリカ特許庁は22ページにもおよぶ35 USC §101に基づく特許適格性(subject matter eligibility もしくは patent eligibility)に関するガイドラインのアップデートを発行しました。

特許適格性は、コンピューターやライフサイエンスのエリアでは特に重要な話題なので、そのような分野でアメリカの特許を出願している企業の知的財産担当者はこのアップデートも読み込んでおいた方がいいでしょう。

特許適格性問題は、出願時だけでなく、post-grant reviews やinter partes reviewsなどでクレームを補正する時にも発生する場合があります。その問題の多くは、クレームが特許として保護されるべきでないabstract idea やlaw of natureに向けられたものなのかに関するものです。

2019年10月のガイドライン資料は以下の点について言及しています:

  • (I) evaluating whether a claim recites a judicial exception;
  • (II) the groupings of abstract ideas enumerated in the January 2019 Guidance (84 Fed. Reg. 50);
  • (III) evaluating whether a judicial exception is integrated into a practical application;
  • (IV) the prima facie case and the role of evidence with respect to eligibility rejections; and
  • (V) the application of the January 2019 Guidance in the patent examining corps.

詳細は、 the October 2019 Guidance documentにて。

 the Appendix 1 to the Guidance documentはこちらから。

まとめ作成者:野口剛史

元記事著者:John P. Isacson. Pepper Hamilton LLP(元記事を見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

追加記事

最近では猫ミームなど、ミームはインターネットカルチャーの定番となっていますが、その広範な配布は著作権や知的財産権に関する重要な問題を提起しています。このブログでは、ミームに関連する著作権法の複雑さについて掘り下げ、クリエイターとユーザーが著作権侵害、フェアユース、所有権といった知的財産に関わる問題をどのようにナビゲートするのかを探ります。
特許において、特許発明者の正確な特定は極めて重要です。Tube-Mac Indus., Inc.vs Campbell事件は、特に特許への貢献が複数の当事者からなされた場合に、発明者の定義とすべての発明者を特定する重要性を再認識する好例です。この記事では、このケースの分析を通じて、課題解決した当事者の重要性と共同発明者を特定するアプローチについて掘り下げます。
ニューヨーク州弁護士会はAI技術の法的・倫理的影響に対する新ガイドラインを提供しました。このガイドラインは、弁護士によるAIの適切な利用と潜在的リスク管理に焦点を当て、今後のAI法律業務における教育と規制の強化を推奨しています。80ページにもわたるレポートには、AIが今後どう弁護士業務を変えていくかについて詳細に書かれており、今後NYだけでなく、アメリカの各州におけるAIの弁護士倫理ガイダンスに大きな影響を与えることが予想されます。