組み合わせの動機のない自明性

通常、特許庁が特許法103における自明性において特許出願を却下する場合、審査官は先行例文献の組み合わせの動機(motivation to combine)を示す必要性があります。しかし、Realtime Data, LLC v. Iancu (Fed. Cir. 2019)において、特定のケースの場合、そのような組み合わせの動機を示す必要はないとしました。

問題になったPTABにおける自明性の判定:

このRealtime Data, LLC v. Iancu (Fed. Cir. 2019)で問題になった案件において、PTABは2つの先行例文献から自明性の判定を下しました。PTABは、1つ目の文献は問題となったRealtimeのクレーム1で開示されているすべての要件を教示しているとし、2つ目の文献は、 1つ目の文献で開示されている“string encoding”というものが クレームされている“dictionary-based encoding”と同等のものだということを表すために使われました。

CAFCへの上訴と特許権者の主張:

このPTABの判断を不服に思ったRealtimeはCAFCに上訴、特許権者であるRealtimeは自明性を示すために重要な組み合わせの動機をPTABは示していないので、クレームが自明であるという判断は適切でないと主張しました。

CAFCの判決

しかし、CAFCは特許権者の主張を退き、今回の案件において2つの文献を組み合わせて自明性を示してはいないので、組み合わせの動機は示す必要はないとしました。この案件では、2つの文献をあわせるのではなく、2つめの文献は1つめの文献の説明を補助するために使われたとしました。

CAFCは、今回の案件において、自明性よりも進歩性 (anticipation)によるクレームの無効判断の方が好ましいとしましたが、今回のような自明性によるクレーム無効判断も有効だと結論づけました。

まとめ作成者:野口剛史

元記事著者: Dennis Crouch. Patently-O (元記事を見る

OLCの米国知財ニュースレター

最新まとめ記事を
毎週メールボックスにお届け

登録すると、週1回、最新まとめ記事の概要とお知らせを受け取ることができます。

コメントする

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

statistics-stack-of-documents
企業機密
野口 剛史

アメリカ政府が中国と台湾の会社を企業機密搾取で起訴

アメリカ政府による中国をターゲットにした企業スパイ取り締まりが強化されています。アメリカ法務省は中国と台湾にある会社2社と3名を企業機密搾取、共謀、企業スパイなどの罪で起訴しました。これは最近大きな動きがあるアメリカ政府による中国の産業スパイに対する取り締まりの一環で行われたものと見られています。

Read More »
secret
企業機密
野口 剛史

判例に学ぶ従業員に対するDTSAの適用ポイント

Defend Trade Secrets Act of 2016 (“DTSA“)は連邦レベルの企業機密を守る法律です。成立してからDTSAに関する判例が増えるに連れ、少しづつ気をつけるべきポイントがわかってきました。今回は、(元)従業員に対するDTSA適用を考える際に気をつけたい2つのポイントを判例を通して説明していきます。

Read More »