特許侵害で懈怠(Laches)は使えなくなった

米国最高裁は、2017 年、SCA Hygiene Products Aktiebolag v. First Quality Baby Products, LLC 事件において、6年間の時効期限 (statute of limitation) がある特許侵害に、損害賠償のディフェンスとして Laches (懈怠)は使えないとした。

Laches (ラッチェス、日本語では「懈怠」(けたい) − 特許権者が被疑侵害を知 りならが、侵害に対して行動をとることを非常に遅らせた場合、損害賠償を得ら れないというコモン・ロー(common law)上の考え方。

事実背景

2003 年、SCA Hygiene Products (SCA)が First Quality Baby Products (First Quality) に特許侵害を示す書面を送ったが、特許訴訟が起こされた 2010 年まで何も SCA から First Quality に連絡はなかった。

この事実を元に First Quality は SCA の懈怠を主張し、SCA は損害賠償を得られないと主張した。

しかし、最高裁はその First Quality の主張を退け、特許権者は特許訴訟を起こしたとき から6年以内の損害賠償を回収できるとした。

この判決により、いくら特許権者が権利行使を遅らせたとしても、訴訟で被告側は懈怠 (laches)を主張できなくなった

ここで注目したいのが、最高裁は著作権(copyright)の判例を特許に応用して判決を下 した点である。特許も著作権もアメリカ憲法の同じ箇所(Article I, Section 8, Clause 8) に由来するものということから、最高裁は特許と著作権の関連性を重要視する傾向にあ る。

まとめ作成者:野口剛史

元記事著者: Jason Schwent and Clayton Zak. Thompson Coburn LLP  (元記事を見る

OLCの米国知財ニュースレター

最新まとめ記事を
毎週メールボックスにお届け

登録すると、週1回、最新まとめ記事の概要とお知らせを受け取ることができます。

コメントする

追加記事

fake-gun
商標
野口 剛史

特許庁による偽物標本の取り締まり

特許庁は、2018年3月、商標出願に関わる不正標本の取り締まりのためにパイロットプログラムを発表しました。このプログラムでは、一般の人がグラフィックソフトウェア等で編集された標本や偽造された標本を専用メールアドレスに報告することができます。アメリカでは、中国から大量の商標出願があり、その多くが基準を満たしていなかったり、違法性のあるもので、特許庁は対策に迫られていました。ルールの変更等も視野に入れていますが、今回の取り組みは、いつ終わるかわからないパイロットプログラムですが、すでに運用されていて、誰でも簡単に偽物標本を報告することができます。

Read More »
Cannabis
訴訟
野口 剛史

アメリカで大麻特許訴訟第一号が申請される

日本では違法の大麻(cannabis)ですが、アメリカでは、州ごとに合法化する動きが活発で、すでに、医療用・娯楽用での使用が認められている州もあります。しかし、連邦法では大麻はまだ違法なため、連邦法と州法の間で合法(不法)行為の選別が難しい業界です。また、法律の変更などに伴い、急速に日々変化を遂げている業界でもあります。今回は、アメリカで初の大麻特許訴訟が起こったので、大麻産業という業界を知財の観点から見ていきます。

Read More »