新しい特許庁費

新しい米国特許庁の費用が発表されました。
注目すべき費用の変更をまとめました。参考にしてください。

Inter Partes Reviews: $30,500 ($21,000 から増加。請求料と開始料金 (post- institution)を含む)

出願料金(出願基本料金、サーチ、審査料金を含む):  $1,720($1,600 から増加)

仮出願: $280($260 から増加)

追加独立クレーム: $460($420 から増加)

追加従属クレーム: $100($80 から増加

新しい費用は2018年1月16日から適用されます。

まとめ作成者:野口剛史

元情報:アメリカ特許庁

ニュースレター、公式Lineアカウント、会員制コミュニティ

最新のアメリカ知財情報が詰まったニュースレターはこちら。

最新の判例からアメリカ知財のトレンドまで現役アメリカ特許弁護士が現地からお届け(無料)

公式Lineアカウントでも知財の情報配信を行っています。

Open Legal Community(OLC)公式アカウントはこちらから

日米を中心とした知財プロフェッショナルのためのオンラインコミュニティーを運営しています。アメリカの知財最新情報やトレンドはもちろん、現地で日々実務に携わる弁護士やパテントエージェントの生の声が聞け、気軽にコミュニケーションが取れる会員制コミュニティです。

会員制知財コミュニティの詳細はこちらから。

お問い合わせはメール(koji.noguchi@openlegalcommunity.com)でもうかがいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

rejected-trash
訴訟
野口 剛史

訴訟資金提供会社とのコミュニケーションが特権で保護されないと地裁が判断

訴訟資金提供会社と特許権者の間では訴訟戦略や特許の有効性、侵害の有無など、訴訟相手には知られたくない繊細な情報をやり取りしています。このようなコミュニケーションが特権で保護されないのであれば、訴訟資金提供会社は投資の判断に必要な情報を得ることができず、難しい局面に追い込まれるのではないかという懸念があります。

Read More »
特許出願
野口 剛史

クレームされた発明の全範囲を可能にしなければならない

核酸配列に関する事件で、米国連邦巡回控訴裁判所(CAFC)は、当業者は発明当時、主張されたクレームでカバーされている核酸の全範囲のうち、狭い範囲でしか成功させる方法を知らなかったであろうという理由で、非実施可能性(non-enablement)の陪審評決を支持しました。

Read More »