前例のない「META」ドメイン名の登録数

今年10月末に発表された、Facebookのブランド名が「Meta」に変更されるというニュースは、これまでにない数の新しい「Meta」関連のドメイン名が登録されています。今回紹介する記事によるとすでに48,000以上の新しい「Meta」関連のドメイン名が確認されたとのことです。

注目すべきが、これらの新規登録ドメインの多くが、meta-[会社名].comやmeta[商標].comなどのように、企業や組織の名前、または有名な商標を含んでいることです。これらのドメインは、フィッシングや誤報に利用される可能性があり、サイバーセキュリティ上の問題があるほか、ブランド力の低下を招く恐れがあります。

そのため、今後のリスクを軽減するために、企業はmeta-[自社会社名].comやmeta[自社主要商標].comのような構文のドメインを事前に登録し、サイバースクワッターにそのようなドメインが渡らないようにすることをお勧めします。

今回のドメイン名登録の急増は、ブランド保護とサイバーセキュリティの取り組みが相互に補完しあっていることを浮き彫りにしており、企業は貴重な商標権を保護し、不正なドメイン登録を一斉に優先させることで、サイバーセキュリティの態勢を強化する機会だと思います。

参考記事:Unprecedented ‘Meta’ Domain Name Registrations

ニュースレター、公式Lineアカウント、会員制コミュニティ

最新のアメリカ知財情報が詰まったニュースレターはこちら。

最新の判例からアメリカ知財のトレンドまで現役アメリカ特許弁護士が現地からお届け(無料)

公式Lineアカウントでも知財の情報配信を行っています。

Open Legal Community(OLC)公式アカウントはこちらから

日米を中心とした知財プロフェッショナルのためのオンラインコミュニティーを運営しています。アメリカの知財最新情報やトレンドはもちろん、現地で日々実務に携わる弁護士やパテントエージェントの生の声が聞け、気軽にコミュニケーションが取れる会員制コミュニティです。

会員制知財コミュニティの詳細はこちらから。

お問い合わせはメール(koji.noguchi@openlegalcommunity.com)でもうかがいます。

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

speech-presentation
再審査
野口 剛史

裁判官直伝の実務アドバイス(書類作成編)

日本の知財訴訟担当者が実際にアメリカの IPR で提出するBriefやMotionを書くことはありませんが、アメリカの弁護士が作成した書類をレビューすることは多々あると思います。そのようなときに自社に対して有利に進むよう、実際に PTAB において判決を下す行政判事の立場になってレビューし、現地の担当弁護士にフィードバックをすることが大切になってきます。

Read More »