前例のない「META」ドメイン名の登録数

今年10月末に発表された、Facebookのブランド名が「Meta」に変更されるというニュースは、これまでにない数の新しい「Meta」関連のドメイン名が登録されています。今回紹介する記事によるとすでに48,000以上の新しい「Meta」関連のドメイン名が確認されたとのことです。

注目すべきが、これらの新規登録ドメインの多くが、meta-[会社名].comやmeta[商標].comなどのように、企業や組織の名前、または有名な商標を含んでいることです。これらのドメインは、フィッシングや誤報に利用される可能性があり、サイバーセキュリティ上の問題があるほか、ブランド力の低下を招く恐れがあります。

そのため、今後のリスクを軽減するために、企業はmeta-[自社会社名].comやmeta[自社主要商標].comのような構文のドメインを事前に登録し、サイバースクワッターにそのようなドメインが渡らないようにすることをお勧めします。

今回のドメイン名登録の急増は、ブランド保護とサイバーセキュリティの取り組みが相互に補完しあっていることを浮き彫りにしており、企業は貴重な商標権を保護し、不正なドメイン登録を一斉に優先させることで、サイバーセキュリティの態勢を強化する機会だと思います。

参考記事:Unprecedented ‘Meta’ Domain Name Registrations

追加記事

最近では猫ミームなど、ミームはインターネットカルチャーの定番となっていますが、その広範な配布は著作権や知的財産権に関する重要な問題を提起しています。このブログでは、ミームに関連する著作権法の複雑さについて掘り下げ、クリエイターとユーザーが著作権侵害、フェアユース、所有権といった知的財産に関わる問題をどのようにナビゲートするのかを探ります。
特許において、特許発明者の正確な特定は極めて重要です。Tube-Mac Indus., Inc.vs Campbell事件は、特に特許への貢献が複数の当事者からなされた場合に、発明者の定義とすべての発明者を特定する重要性を再認識する好例です。この記事では、このケースの分析を通じて、課題解決した当事者の重要性と共同発明者を特定するアプローチについて掘り下げます。
ニューヨーク州弁護士会はAI技術の法的・倫理的影響に対する新ガイドラインを提供しました。このガイドラインは、弁護士によるAIの適切な利用と潜在的リスク管理に焦点を当て、今後のAI法律業務における教育と規制の強化を推奨しています。80ページにもわたるレポートには、AIが今後どう弁護士業務を変えていくかについて詳細に書かれており、今後NYだけでなく、アメリカの各州におけるAIの弁護士倫理ガイダンスに大きな影響を与えることが予想されます。