リーガルテック展2023で対談します

先週突然オファーがあり、2月24日(金)開催予定のリーガルテック展2023で「ChatGPT登場のAI時代に「法務、知財のDX」を考える」というテーマのトークセッションにアメリカからリモートで参加します。

10:40から「ChatGPT登場のAI時代に法務、知財のDXを考える」というテーマでトークセッションを米国特許弁護士 野口 剛史 ×リーガルテック株式会社 代表取締役社長 佐々木 隆仁 氏で開催します。

佐々木 隆仁氏のプロフィールはこちらです
1964年、東京都生まれ、1989年早稲田大学理工学部卒、富士通に入社し、OSの開発に従事したのち、1995年に富士通の社内ベンチャー制度により起業。AOSテクノロジーズ社を立ち上げ、代表取締役社長に就任。2000年より、データ復元ソフト「ファイナルデータ」を発売し、01年日経サービス優秀賞受賞。2010年から2019年まで10年連続でBCN AWARDシステムメンテナンス部門最優秀賞受賞。2012年にリーガルテック株式会社を設立し、代表取締役に就任。2015年にAOSデータ株式会社を設立し、取締役に就任。2015年に第10回ニッポン新事業創出大賞アントレプレナー部門で最優秀賞受賞、経済産業大臣賞受賞。2018年に日本初のAPI取引所となるAPIbankを設立。2019年にJAPAN MADE事務局を設立、代表に就任。著書に「デジタルデータは消えない」(幻冬舎)、「NPE訴訟と新知財戦略」(幻冬舎)、「データテック」(日経BP)、「リーガルテック」(アスコム)などがある。

以下は、佐々木さんのアナウンスメントから抜粋しました:

今年のリーガルテック展2023の会場は、日経ホールで開催します。

企業の経営者層、法務・コンプライアンス・知財部門・弁護士、金融機関、公益経済団体の方を対象に

「法務・知財のDX」をメインテーマに各分野の専門家、実務家の方々にご講演いただきます。

その他、最先端のリーガルテックについてもブースにてご紹介させていただきます。

新たな出会いと発見をもたらす場所に是非、お越しください。

カンファレンスの終了後には、日本の酒文化を代表する珠玉の名酒「梵 超吟」のプレゼントイベントも予定しております。

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  リーガルテック展2023 2月24日(金)開催

  お申し込みは、こちら

https://form.legaltech.co.jp/aos/ltc/input/

───────────────────────

第8回リーガルテック展 2023

~法務・知財のDX リーガルテックの最前線~

-------------------------------------------------

日時:2023年2月24日(金)10:00~17:00

場所:日経ホール 東京都千代田区大手町1-3-7

定員:600名

参加費:1万円(税込)※事前登録者は無料

対象:弁護士、企業の経営者、法務・知財・情報システムの担当者、監査部門、金融関係、公益経済団体の方

主催:リーガルテック株式会社

共催:AOSデータ株式会社

協賛:EY新日本有限責任監査法人

      KLDiscovery Ontrack株式会社

      株式会社LegalOn Technologies

      鯖江商工会議所

お問合せ:seminar@legaltech.co.jp

-------------------------------------------------

講演内容

10:05~10:40 〈基調講演〉「世界史的転換点に立つ日本の針路 ― 経済再生の要件」

                          一般財団法人日本総合研究所 会長/多摩大学 学長 寺島 実郎氏

10:40~11:10 〈講演1〉 「ChatGPT登場のAI時代に法務、知財のDXを考える」

                          米国特許弁護士 野口 剛史 氏 × リーガルテック 代表取締役 佐々木 隆仁氏

11:10~11:45 〈講演2〉 「僕はミドリムシで世界を救うことに決めました。~世界を救うミドリムシの知財~」

                          株式会社ユーグレナ 代表取締役社長 出雲 充氏

11:45~12:20 〈講演3〉 「トークセッション:日本のものづくりによる知財DX戦略」

                          鯖江商工会議所 会頭 加藤団秀氏 × リーガルテック株式会社 代表取締役 佐々木 隆仁氏

                        「MADE FROM 2023によるDX challenge 」(仮題)

                          鯖江商工会議所 事務局長 田中 英臣氏

13:00~13:35 〈講演4〉 「法務DX下の法務機能」

                         日清食品ホールディングス株式会社 執行役員 チーフリーガルオフィサー 本間 正浩氏

                        「トークセッション」:弁護士 本間 正浩氏 × リーガルテック株式会社 代表取締役 佐々木 隆仁氏

13:35~14:10 〈講演5〉 「法務・知財のDXを支える次世代プラットフォーム」

                          AOSデータ株式会社 取締役 志田 大輔氏

14:10~14:45 〈講演6〉 「法務DXの解像度を上げる」  法律事務所LAB-01 パートナー弁護士 齊藤 友紀氏

14:45~15:05 〈講演7〉 「トークセッション:PPAPの生みの親 大奉司氏と語るPPAP対策とDX」

                          PPAP総研 大泰司 章氏 × AOSデータ株式会社 取締役 志田 大輔氏

                         モデレーター:シンクドームセキュリティ 代表取締役 工藤 眞一氏

15:05~15:40 〈講演8〉 「知財に求められる ビジネス創出に貢献する力」        

                          株式会社村田製作所 執行役員 コーポレート本部 法務・知財統括部 統括部長 谷野 能孝氏

15:40~16:15 〈講演9〉 「知財デューデリの意義とその手法」

                          正林国際特許商標事務所  所長 正林 真之氏

16:15~16:30 〈講演10〉 「M&Aにおける知財デューデリ効率化のポイント」

                          Tokkyo.Ai株式会社 取締役 平井 智之氏

16:30~17:00   懇親会    ミシュランガイドブックに掲載された「梵 超吟」をかけたゲーム

※事前予約でお申し込みの方から先着200名様に「梵・特選純米大吟醸」の引換券をお渡します。

※プログラムの内容は、予告なく変更となる可能性がございます。

   お申し込みは、こちら

https://form.legaltech.co.jp/aos/ltc/input/

追加記事

最近では猫ミームなど、ミームはインターネットカルチャーの定番となっていますが、その広範な配布は著作権や知的財産権に関する重要な問題を提起しています。このブログでは、ミームに関連する著作権法の複雑さについて掘り下げ、クリエイターとユーザーが著作権侵害、フェアユース、所有権といった知的財産に関わる問題をどのようにナビゲートするのかを探ります。
特許において、特許発明者の正確な特定は極めて重要です。Tube-Mac Indus., Inc.vs Campbell事件は、特に特許への貢献が複数の当事者からなされた場合に、発明者の定義とすべての発明者を特定する重要性を再認識する好例です。この記事では、このケースの分析を通じて、課題解決した当事者の重要性と共同発明者を特定するアプローチについて掘り下げます。
ニューヨーク州弁護士会はAI技術の法的・倫理的影響に対する新ガイドラインを提供しました。このガイドラインは、弁護士によるAIの適切な利用と潜在的リスク管理に焦点を当て、今後のAI法律業務における教育と規制の強化を推奨しています。80ページにもわたるレポートには、AIが今後どう弁護士業務を変えていくかについて詳細に書かれており、今後NYだけでなく、アメリカの各州におけるAIの弁護士倫理ガイダンスに大きな影響を与えることが予想されます。