ITCによるSeizure and Forfeiture Order

ITC調査の後、知財侵害が認められた場合、排除命令が発行されますが、その命令後も不法な輸入がある場合、Seizure and Forfeiture Orderが発行される場合があります。

2016年5月26日、ITCは一部のインクカートリッジに対してGeneral Exclusion Order (“GEO”)という一般排除命令を発行しましたが、Certain Ink Cartridges and Components Thereof, 337-TA-946, Seizure and Forfeiture Order (February 6, 2019)において、不法な輸入があることから2019年2月に新たにSeizure and Forfeiture Orderを発行しました。

19 U.S.C. § 1337(i)により、ITCは違反があった場合、違反品を差し押さえして、没収する権利を持っています。

今回は、実際に輸入品をチェックする機関Customs and Border Protection (“CBP”) がITCにGEOを違反すると思われる輸入を連絡したことで、Seizure and Forfeiture Orderが発行されました。

具体的には、(1)Swift Ink LLCという企業がGEOに抵触する品をアメリカに輸入使用とした、(2)CBPがその輸入を拒否、(3)CBPがSwift Ink LLCにGEOの通知と今後輸入を試みた場合、差し押さえと没収の対象になることを通知。このことを受け、ITCはSeizure and Forfeiture Orderを発行しました。

この一連の手続きは、ITCによる救済処置の行使の複雑性を物語っています。ITCで排除命令が発行されても、実際に輸入を管理するのはCBPなので、ITCと調査に関わった当事者は、CBPがどのように侵害品をチェックするのかというガイドラインを協力して作成していくことが重要です。

ものによっては侵害品の特定が難しい場合もあるので、ITC調査後も、継続してCBPと連絡を取り、取り締まりに協力することが大切です。

特に、設計の変更等がおこなわれた場合、輸入される前にCBPと協力し新製品に対する取り締まりを協議したり、競合他社の輸入を監視し、排除命令に抵触するような品物が輸入されていないかをチェックすることも大切です。

教訓

ITC調査の際に、排除命令を想定した情報(主な輸入業者や新製品情報)などを得たり、排除命令後も、CBPと協力して違反製品の輸入を許さないようにすることが大切です。

まとめ作成者:野口剛史

元記事著者: Vishal V. Khatri and David M. Maiorana. Jones Day(元記事を見る

ニュースレター、公式Lineアカウント、会員制コミュニティ

最新のアメリカ知財情報が詰まったニュースレターはこちら。

最新の判例からアメリカ知財のトレンドまで現役アメリカ特許弁護士が現地からお届け(無料)

公式Lineアカウントでも知財の情報配信を行っています。

Open Legal Community(OLC)公式アカウントはこちらから

日米を中心とした知財プロフェッショナルのためのオンラインコミュニティーを運営しています。アメリカの知財最新情報やトレンドはもちろん、現地で日々実務に携わる弁護士やパテントエージェントの生の声が聞け、気軽にコミュニケーションが取れる会員制コミュニティです。

会員制知財コミュニティの詳細はこちらから。

お問い合わせはメール(koji.noguchi@openlegalcommunity.com)でもうかがいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

再審査
野口 剛史

PTABにおける実在する利害関係者の決定は上訴できない

ESIP Series 2 v. Puzhen Life USA, LLC No.19-1659 において、連邦巡回控訴審は、35 U.S.C. セクション 314(d)(以下「セクション 314(d)」)に規定されている「上訴不可」規定は、すべての実在する利害関係者(real party-in-interest)の特定に関する PTAB の決定の司法審査を禁じるものであるとしました。

Read More »
企業機密
野口 剛史

提携会社によるデータブリーチリスクのアンケード調査

2018年11月, Ponemon Instituteという会社が1000以上のITセキュリティ専門家から得られたアンケート調査を元に提携会社によるデータリスクに関するレポートを発表しました。このレポートによると、提携会社によるデータブリーチへの関心は高いものの、実務的なレベルでの対応策が後れています。

Read More »
draft pen paper
特許出願
野口 剛史

知財権譲渡の際の重要キーワード:裁判所が”マジックワード “の欠落により、知的財産権の譲渡は不適切だったと判断

特許の権利を譲渡する場合、その意思が明確に譲渡書に示されている必要があります。その発明者の「意思」を明確にするために、譲渡書では、適切な表現による権利の譲渡を行い、単に将来的に特許を譲渡することを約束するだけと解釈されるような表現は避け、「will assign」、「agrees to grant」、「does hereby grant title to the patent」など、将来の権利の現在の自動譲渡を構成すると以前から認められている現在形の実行語を使用することをおすすめします。

Read More »