取り下げられた訴訟に関する特許でもIPRを提出できる期限は1年間

IPRは、35 U.S.C. § 315(b)により、IPR挑戦者が訴えられた訴訟から1年以内に行わなければなりません。この「訴訟」には、取り下げられた訴訟も含まれます。

IPRは特許訴訟の対抗手段としてよく使われます。訴訟の被告人が、IPRの挑戦者(Petitioner)として訴訟に関する特許をPTABで無効にするという作戦です。しかし、IPRの提出には期限があるので、その条件を満たしている必要があります。特許訴訟に関わる当事者であれば、IPRの提出期限についての知識は、訴訟を有利にするために必須のものです。

今回のBennett Regulator Guards, Inc. v. Atlanta Gas Light Companyでは、35 U.S.C. § 315(b)が適用される「訴訟」の範囲が問題になりました。特に、IPRの挑戦者であるAtlanta Gas Light Companyが過去の訴訟経緯から35 U.S.C. § 315(b)の条件を満たしているかが問題になりました。

この問題は、2012年特許権者のBennettがAtlantaを特許訴訟で訴えることから始まります。この訴訟で、被告人のAtlanta Gasは訴状を取り下げることに成功し、訴訟は幕を閉めました。 その3年後の2015年、 Atlanta Gasは訴訟で対象になった特許に対してIPRを申し立てます。これに対し、特許権者のBennettは訴訟から3年経っていることを理由に§ 315(b)が満たされていないと主張しました。

PTABでは、訴訟は地裁が取り下げたので、35 U.S.C. § 315(b)で対象となっている「訴訟」には当てはまらないとして、IPRを開始し、特許を無効と判断。

しかし、CAFCは、PTABの判決を覆し、取り下げられてた訴訟でも35 U.S.C. § 315(b)の対象になるので、今回の案件に対してIPRの提出制限が適用されるべきであり、IPRは取り下げられるべきであるという判決を下しました。

この判決でCAFCは、35 U.S.C. § 315(b)の適用には例外はないという解釈をしたので、過去に訴訟になった特許は1年以内にIPRが行われない限り、IPRが行われるリスクは少ないといえるでしょう。

元記事著者の1人であるAshley Morales弁護士は、医療系の機械などを専門とする医療、バイオ、機械を得意とする弁護士です。学位は化学と政治学なので、化学の知識を使ってバイオ、医療系に携わり、その後、機械などについては実務で知識を得たのだと思います。

IPRの提出期限についてはいくつか取り扱ってきましたが、35 U.S.C. § 315(b)に書かれている訴訟から1年という期間に今のところ例外はありません。SAS判決のあと、IPRの仕事量が多くなったPTABにとってはうれしいことで、このまま例外なしが通例になってくると思います。

まとめ作成者:野口剛史

元記事著者: Ashley Morales and Andrea Cheek. Knobbe Martens (元記事を見る



OLCの米国知財ニュースレター

最新まとめ記事を
毎週メールボックスにお届け

登録すると、週1回、最新まとめ記事の概要とお知らせを受け取ることができます。

コメントする

追加記事

Congress-law-making
再審査
野口 剛史

下院がPTABとAIAを廃止する法案を提出

今回、新たに提出された法案は、Restoring America’s Leadership in Innovation Actは、 PTAB を廃止することで、 AIA で作られた特許庁における再審査手続きをなくすことを提案しています。また、この法案では、AIA以前の先発明主義(first-to-invent system)に仕組みを戻すことを提案しています。

Read More »
商標
野口 剛史

知財Due Diligenceのポイント(商標編)

企業を買収する際にはDue Diligenceが行われます。買収する企業に特許、商標、企業機密などの知的財産がある場合、そのような知財に対してもDue Diligenceを行う必要があります。今回は、商標に注目して商標のDue Diligenceを行うときのポイントをいくつか紹介します。

Read More »