2019年9月のIPRとCBM の統計データ

9月PTABは33件のIPRとCBMのFinal Written Decisions(最終判決)を下しました。この数字には、CAFCからの差し戻しも含みます。争われたクレームの内311 クレーム(73%)を取り消し、111 クレーム(26.06%)の取り消しを却下。特許権者が補正やdisclaimerを行い4 クレーム(0.94%)が生き残りました。いままでの争われたクレームの累計取り消し確立は約74%です。

案件別に見てみると、IPRやCBMが始まらなかった(non-institution)または、代替クレームが生き残ったケースは21件(63.64%)、すべての争われたクレームが生き残ったケースは4件(12.12%) で、その他の結果が8件(24.24%)でした。その他の結果は、少なくとも1つのクレームが生き残り、少なくとも1つのクレームがキャンセルされたものを指します。

元記事のグラフを見ると、技術分野では、バイオ系が群を抜いてクレームを無効にするのが難しい(50%近く)という結果になっています。また、デザイン特許も37%と高いです。その他は、15%から30%の間に収まっています。

コメント:

最近の傾向では取り消しが高くなる一方、IPRやCBMが始まらなかった(non-institution)ケースも高くなっています。つまり、IPRやCBMで特許を潰すには事前準備をしっかりおこない、institutionされれば、クレームが無効になる確率が高くなります。

このような統計データを元に、Institutionの判決が下った時点で、自社にいい条件で早期の和解提案する戦略も考えられます。この統計のトレンドは、アメリカの特許訴訟や特許無効手続きにおいて、いかに初期段階での対策が重要かを物語っています。

9月の統計データや分野別のグラフ等は元記事に表示されているので、それを参照してください。また、Finnegan のブログAIA Blogに行き、PTAB Statsというカテゴリーを選択すると過去の統計データも見れるようになっています。

まとめ作成者:野口剛史

元記事著者:Daniel A. Nadel, Michael R. Galgano, Zachery D. Olah, Aaron L. Parker and Elliot C. Cook- Finnegan, Henderson, Farabow, Garrett & Dunner LLP (元記事を見る

ニュースレター、会員制コミュニティ

最新のアメリカ知財情報が詰まったニュースレターはこちら。

最新の判例からアメリカ知財のトレンドまで現役アメリカ特許弁護士が現地からお届け(無料)

日米を中心とした知財プロフェッショナルのためのオンラインコミュニティーを運営しています。アメリカの知財最新情報やトレンドはもちろん、現地で日々実務に携わる弁護士やパテントエージェントの生の声が聞け、気軽にコミュニケーションが取れる会員制コミュニティです。

会員制知財コミュニティの詳細はこちらから。

お問い合わせはメール(koji.noguchi@openlegalcommunity.com)でもうかがいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

arrows-go-up
特許出願
野口 剛史

アンケート調査から見えてくる最新の知財運営のトレンド

日々の国際的な知的財産運営はどのような知財戦略においても重要なことがらです。知的財産が会社の価値に大きく関わる今日、特許や他の知財関連の権利の取得や維持に対してのポリシーは重要な役割を果たします。今回のアンケート調査で、知財情報を提供しているClarivate Analytics社は、どのように企業が知財運営を行っているのか、また、どのような問題を抱えているのかを調べました。

Read More »
AI
野口 剛史

AIはどのように特許実務に変革を起こすのか?

特許実務におけるAIの統合は、効率性と洞察力の向上という大きな可能性を秘めています。しかし、AIが特許実務に本当の革命をもたらすためには、何が必要なのでしょうか?それはズバリ、記憶力、正確性、リアルタイム性の強化だと考えます。AIを用い、それらを次のレベルにまで昇華することで、新たな価値を生み出すことができると考えます。この記事では、AIが知財実務の未来をどのように形作るかについて、深く探求します。

Read More »
再審査
野口 剛史

初の特許庁長官によるIPRレビューの結果が公開される

2021年11月1日、米国特許庁長官は、SamsungSDIに対し、初の「長官レビュー」(Director review)を認めました。「長官レビュー」(Director review)とは、特許審判部の最終書面決定に対して、当事者がUSPTO長官にレビューを求めることができるという新しい暫定手続き(interim procedure)です。

Read More »