Home fitness業界の特許戦争:NikeがLululemonを特許侵害で訴える

NikeLululemonのホームジム部門「Mirror」とそれに付随するモバイルアプリが、Nikeの特許を侵害しているとして提訴しました。Home fitness業界では主要企業間による特許戦争が起こっていて、今回の訴訟でNikeもこの知財バトルに加わることになりました。

Nikeはテクノロジー企業

Nikeはアパレルやスポーツシューズで有名ですが、AppleとNike版のApple Watchを長年リリースするなどテクノロジー企業でもあり、特許にもNFTにも積極的です。

交渉が決裂し、訴訟へ

Nikeはこの訴訟の中で、Mirrorのシステムが、ユーザーが特定の運動レベルに達することを促し、リアルタイムの測定値に基づいて心拍ゾーンを決定する装置に関して同社が出願した特許を侵害していると主張。

訴状を見ると、Nikeは水面下でLululemonと交渉しようとしたものの、侵害に関する見解の違いから、今回の訴訟に発展。

Nikeからのレターに対するLululemon(Mirror)の応答を見る限り、Lululemonは「侵害なんてしていない」という強気の声明を出しているので、訴訟は長引くかもしれません。

実際のやり取りはここ(Nikeからのレター)ここ(Lululemonの返答)で見ることができます。

Home fitness業界では訴訟だらけ

今回特許訴訟で訴えられたLululemonですが、実は、別の競合他社を特許訴訟で訴えています。

Lululemonが訴えたのは、Pelotonという日本ではまだ展開していませんがアメリカではとても有名なHome fitness機器とサービスを展開している会社です。LululemonとPelotonはアパレルで提携していたのですが、それが破綻して、特許侵害を含む訴訟に発展しています。

また、Lululemonと揉めているPelotonはNordicTrack, ProFormFreeMotio製品を展開しているiFitEchelo特許侵害で提訴。これらはタブレットが付いたステーショナリーバイクをネットに接続されているいわゆるスマートエクササイズバイクと呼ばれるものに関するものです。

ここ3ヶ月足らずでこのような状況になっている直接の原因はわかりませんが、コロナ禍で巣ごもり需要が高まり、ジムにいけない「運動難民」がさまざまなHome fitness機器を買い漁った経緯があります。

しかし、その後アメリカの経済がある程度回復し、ジムにまた行けるようになったこともあり、Pelotonを始めとするHome fitnessメーカーの売上予測が落ち、それが大きく株価に影響していました。

今まではバブルで多数のプレーヤーが共有しても成長していける市場だったのが、今後は限られた市場でシェアーを取りに行かないといけない状況になるような傾向なので、そこで特許などの知財権を行使し、有利な立場を築きたいという思惑があるのでは?と勝手に想像しています。

参考文献:Nike sues Lululemon over Mirror, claiming patent infringement

追加記事

特許において、クレームの限定事項が明確に記述されているかどうかは、特許の有効性を左右する重要な要素です。今回、Maxell, Ltd.対Amperex Technology Limitedの判決は、特許クレームの解釈において、限定事項間の表面上の矛盾をどのように扱うべきかという問題を浮き彫りにしました。本文では、この重要な判決を深堀りし、一見矛盾すると思われる限定事項が、実際には特許の不明瞭性(Indefiniteness)を生じさせない理由について探求します。特に、連邦巡回控訴裁判所(CAFC)がどのようにこれらの限定事項を同時に満たすことが可能であると見做したか、その解釈の根拠と、特許クレームを起草する際の実務上の教訓に焦点を当てて考察します。
特許法における「組み合わせの動機」(Motivation to Combin)の概念は、発明が発明された時点でその分野の通常の技術者(PHOSITA)にとって自明であったかどうかを判断する上で不可欠な要素です。自明性の問題は、新しい発明が既知の技術要素の単純な組み合わせに過ぎないのか、それとも特許に値する独自の技術的進歩を表しているのかを区別するために重要です。このブログ記事では、特許請求の自明性を評価する際に中心となる「組み合わせの動機」の概念と最高裁判決であるKSR判例を解説し、Virtek Vision 対 Assembly Guidance Systemsの事件を例に、実際の訴訟におけるこの概念の適用方法について掘り下げます。
先月、米国特許商標庁(USPTO)が「Means-Plus-Function」に関するメモランダムを発行し、審査官に最新ガイダンスを提供しました。その内容は実務における大きな変更を意味するものではなく、既存の法的枠組みの下でより明確な指針を提供することを目的としています。しかし、このタイミングにおけるガイドラインの発行は、35U.S.C.112条(f)に基づく一風変わったクレームの形式であるMeans-Plus-FunctionがUSPTOにおける特許審査で注目されていることを示しており、改めてガイドラインに沿った適切なクレームドラフティングが求められることを意味します。