ハッシュタグで他人のブランドを使用すると侵害になる可能性あり

ソーシャルメディアで使用されるハッシュタグは商標になります。そのため他人のブランドを自分のハッシュタグとして使用することで、他人の権利を侵害していないか注意してください。

商標として認められるためには、ハッシュタグ記号の前に自社の単語やフレーズを使用することで、そのフレーズ全体が自社の製品やサービスのブランドであることを明確にする必要があります。例えば、ラベルやウェブサイトのバナーに「#mybrand」を使用するなどです。

” Mere use at the end of a sentence or tweet is likely not sufficient to create trademark usage #whenitislikethis. ”

しかし、上記の例文のように文章やツイートの最後に使用しただけでは、商標使用を証明するのに十分ではないとみなされる可能性があります。

逆に、”#他社のブランド”をハッシュタグとして使用し、その使用があなたとそのブランドとの間に何らかの関係があるような表現で消費者を混乱させる可能性がある場合、商標の侵害となる可能性があります。もしあなたが、真のブランドオーナーのビジネスを横取りするためにハッシュタグのフレーズを使用しているのであれば、あなたはおそらくブランドオーナーの商標権を侵害しています。

しかし、ブランド名をハッシュタグで使用する場合でも、ブランド所有者やその製品・サービスについて説明する文章や物語の中で使用する場合、「名目上の公正な使用」(nominative fair use)として認められることが一般的です。しかし、注意してほしいのが、そのハッシュタグのフレーズの使用が自分のサイトにビジネスを誘致するためのものであった場合、その使用は侵害となるので、ハッシュタグで他人のブランドを使用する場合は最新の注意の元で行うようにしてください。

参考文献:Using Another’s Brand with a #Hashtag Could Be Infringing

ニュースレター、会員制コミュニティ

最新のアメリカ知財情報が詰まったニュースレターはこちら。

最新の判例からアメリカ知財のトレンドまで現役アメリカ特許弁護士が現地からお届け(無料)

日米を中心とした知財プロフェッショナルのためのオンラインコミュニティーを運営しています。アメリカの知財最新情報やトレンドはもちろん、現地で日々実務に携わる弁護士やパテントエージェントの生の声が聞け、気軽にコミュニケーションが取れる会員制コミュニティです。

会員制知財コミュニティの詳細はこちらから。

お問い合わせはメール(koji.noguchi@openlegalcommunity.com)でもうかがいます。

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

secret
企業機密
野口 剛史

公開されている特許製品であっても営業機密は保持できる

一般に公開されている製品であっても、公開する情報を意図的に制限し、販売のプロセスや販売契約による縛りをしっかり管理することによって、営業機密は保持できる。それは特許になっている製品でも同じなので、特許と営業機密は相対するものではなく、合わせて使うことも可能。

Read More »
money
訴訟
野口 剛史

訴訟コストの肩代わりと自己負担前提のアメリカン・ルールのバランス

35 U.S.C. § 145の「all the expenses of the proceedings」という文言は、専門家証人の費用を含むものではなく、アメリカン・ルールの訴訟コストシフトの考え方を覆すほどの効力があるわけではない。関連したところで言うと、最近、故意侵害と3倍賠償の記事を紹介しましたが、アメリカでは相手に自社の訴訟費用の負担をしてもらうことが難しいので、NPEによるメリットがない訴訟でもコストは自社負担という理解でいた方がいい。

Read More »
money-saving-incentive
訴訟
野口 剛史

NPEが銀行や金融機関を特許訴訟の対象とするケースが増加中

銀行や金融機関が特許訴訟の対象となることは以前からありましたが、今年に入ってからは、多くの不実施主体(NPE;Non-Practicing Entity)の標的となっていることがわかりました。メーカーのように知財部がない銀行や金融機関が特許訴訟に巻き込まれると、適切な対応ができない場合があります。そこで、事前に信頼できる特許訴訟弁護士などを見つけておいてスムーズに対応できる準備をしておいたほうがいいでしょう。

Read More »