フォードとGMが自動運転に関する商標権争いの和解を目指す

GMは7月、フォードの運転支援技術が商標権を侵害しているとしてフォードを提訴し、一触即発の状態となりました。しかし、両当事者は、ハンズフリー運転技術のブランド名をめぐる商標権争いを法廷外で解決しようとしています。

現在、両当事者は、サンフランシスコの連邦判事に対し、和解条件の調整を続けており、合意に至らない場合は60日以内に裁判所に報告すると伝えました。

背景

この訴訟は、今年7月にGMがフォードの運転支援技術が商標権を侵害していると訴えたことから始まりました。GMは、フォードが4月に自動運転システム「Co-Pilot360」の名称を「BlueCruise」に変更したことを受けて、「Super-Cruise」ブランドおよび自動運転関連会社であるCruise LLCの名称である「Cruise」を保護するために行動を起こしたとしています。

フォードはこれに反発し、米国特許商標庁にGMの2つの商標の剥奪を求めました。フォードは、業界全体が運転支援技術を表す「Cruise」という言葉を自由に使用できるべきだと主張しました。

GMは、ドライバーが短時間だけハンドルから手を離すことができるSuper-Cruiseを、2017年にキャデラックCT6に初めて搭載しました。それ以来、車が自分で車線変更できるように技術を拡大し、より多くのモデルにこの機能を提供する予定です。

フォードは昨年、ハンズフリー走行技術「BlueCruise」を、米国で最も売れているピックアップ「F-150」に提供する計画を発表しました。また、電気自動車「マスタングMach-E」にも、BlueCruiseを無線ソフトウェアアップデートで提供しています。

ハンズフリードライブや衝突回避技術などの半自動運転機能は、自動車メーカーにとって、価格を上げること、ライバルにプレミアムなオプションを提供すること、ドライバーにハイテクをアピールすることなどを目的とした熱い戦いの場となっています。

参考文献:Ford, GM aim to settle trademark fight over hands-free driving

ニュースレター、会員制コミュニティ

最新のアメリカ知財情報が詰まったニュースレターはこちら。

最新の判例からアメリカ知財のトレンドまで現役アメリカ特許弁護士が現地からお届け(無料)

日米を中心とした知財プロフェッショナルのためのオンラインコミュニティーを運営しています。アメリカの知財最新情報やトレンドはもちろん、現地で日々実務に携わる弁護士やパテントエージェントの生の声が聞け、気軽にコミュニケーションが取れる会員制コミュニティです。

会員制知財コミュニティの詳細はこちらから。

お問い合わせはメール(koji.noguchi@openlegalcommunity.com)でもうかがいます。

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

Samsung
特許出願
野口 剛史

特許審査履歴解説: 些細なミスも見逃さず1回のOAで許可可能クレームに甘えずに権利化した案件(SAMSUNG)

2022年9月27日に発行されたSonyの特許(Pat. No: 11,460,998)の出願履歴から考察しました。脅威のRCE3回(合計6回のOA対応を経て)権利化された案件です。一般的な103条の拒絶のみだったのですが、特に前半の拒絶対応には個人的に疑問に思う点が多く、なぜ3回もRCEをやったのにインタビューは1回も行わなかったのかが謎でした。

Read More »
graph-chart
再審査
野口 剛史

Federal Circuit PTAB Appeal統計(2018年7月15日現在)

2018年7月15日現在、 CAFC は PTAB による IPR や CBM 手続きの上訴393 件を扱ってきました。 CAFC が PTAB の判決を支持した案件は296 件で全体の75.32%にあたります。棄却、無効になった案件は46 件で全体の11.70%。 その間の結果(つまり少なくとも1つの問題に対しては PTAB の判決を支持したが、すくなくとも1つの問題に対して棄却・無効になった)は、38 件で全体の9.67%でした。CAFC は約13 件(3.31%) の上訴を棄却。これは、 CAFC が管轄を持っていないと判断した件や、和解などが原因で棄却になったものが多いとのことです。

Read More »
money-saving-incentive
特許出願
野口 剛史

小規模・零細企業の出願費用が引き下げに

2023年連結歳出法( the Consolidated Appropriations Act, 2023 )および2022年米国イノベーター解放法 (the Unleashing American Innovators Act of 2022)のおかげで、小規模・零細企業(Small and micro businesses)は特許料の引き下げを利用できるようになりました。これらの新法は最近バイデン大統領によって署名され、小企業割引を50%から60%に、零細企業割引を75%から80%に引き上げることによって、小規模・零細企業を支援することを目的としています。

Read More »