初のDerivation Proceedingの公判が始まる

2019年1月末、PTABは初のDerivation Proceedingの公判をおこないました。AIAによる法改正で、interference proceedingsがDerivation Proceedingに変わりました。しかし、AIAが施行されてからDerivation Proceedingが使われる機会はなく、今回紹介するAndersen Corp. v. GED Integrated Solutions, Inc., DER2017-00007で始めて使われました。

Derivation proceedingの目的は、出願日の早い出願に明記されている発明者が、申立人の出願に明記されている発明者からクレームされている発明を許可なく得たかを決めることです。 See 35 U.S.C. § 135(a)(1); 37 C.F.R. § 42.405(b)(2).

そのため、Derivation Proceedingでは以下の点が争点になりました。

  • 申立人がクレームされたすべての特徴について想像したのか( whether the petitioner had conceived of every feature of the copied claims)
  • それらの特徴は被告側に伝わっていたのか(whether those features were communicated to the respondent)
  • 発明者の証言は十分確証があるものなのか(whether inventor testimony was sufficiently corroborated)

また、どのような特徴が必然的にしめされているのか(whether certain features were necessarily present )、用語の意味がどう理解されるべきか(how a person of ordinary skill in the art would have understood certain terms of art)も当事者間で意見の食い違いがあります。

また、事実に基づいた争点の他に、審査における基準も争われています。特許権者でもある被告人の言い分では、clear-and-convincing standard が適用されるべきとし、申立人はpreponderance standard が適用されるべきと主張しています。

公判は終わり、3月末にはPTABから判決が下るとのことです。

まとめ

Derivation Proceedingはめったにない手続きですが、この案件をきっかけに活用されていくことが増えるかもしれません。手続きとしてまだ確立していないため、様々な問題がありますが、今回の初のDerivation Proceedingに対する判決は今後にも影響する可能性があるので、今後も注目すべきだと思います。

まとめ作成者:野口剛史

元記事著者: Anthony A. Hartmann and Jason E. Stach. Finnegan, Henderson, Farabow, Garrett & Dunner LLP (元記事を見る

OLCの米国知財ニュースレター

最新まとめ記事を
毎週メールボックスにお届け

登録すると、週1回、最新まとめ記事の概要とお知らせを受け取ることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

rejected-trash
特許出願
野口 剛史

Enablementに対する主張がクレーム範囲を狭める結果に

特許審査中に特許権者が主張した内容は、訴訟の際のクレーム解釈の際に考慮され、クレームの適用範囲を大きく変えることがあります。今回の判例では、特許権者が審査中に主張したEnablement違反に対する反論が訴訟の際にクレーム範囲を狭めることになり、結果として非侵害判決の決定的な原因となってしまいました。

Read More »
特許出願
野口 剛史

2019年2月のIPRとCBM の統計データ

2月PTABは34件のIPRとCBMのFinal Written Decisions(最終判決)を下しました。この数字には、CAFCからの差し戻しも含みます。争われたクレームの内408 クレーム(66.89%)を取り消し、192 クレーム(31.48%)の取り消しを却下。特許権者が補正やdisclaimerを行い10 クレーム(1.64%)が生き残りました。いままでの争われたクレームの累計取り消し確立は、約75%です。

Read More »