アメリカ連邦政府資金が関わる知財の制約に注意

2018年に米国連邦政府出資の研究の知財に関わるBayh-Dole Ruleが改正されました。期限や報告義務等のルールが変わったので、現在アメリカ連邦政府の出資による研究等を行っている会社は改正されたルールが適用されるか確認が必要です。

日系企業でも資金提供を受けているかも

連邦政府機関による研究資金提供は多くのビジネスや研究所の大切な資金の1つになっています。日本の会社であっても、アメリカの子会社等が連邦政府機関の資金提供を受けて研究を行っているところも少なくありません。

適用されるルール

連邦政府機関による研究資金提供が行われた際の発明に関する取り扱いはBayh-Dole ActとよばれるChapter 18 of Title 35 of the United States CodeとBayh-Dole Ruleとよばれる 37 C.F.R. 401に従います。

大きな変更点

2018年に後者のBayh-Dole Ruleに変更が加えられて、出資を受け取ったコントラクターに対する新しい条件や期限の省略などが行われました。しかし、各連邦政府機関による変更の反映などの遅れがあり、最近になって様々な連邦政府機関出資案件に対して新しいルールが適用され始めました。

契約書を今すぐチェック

原則、ルール改定前の研究などについては変更ありませんが、継続して資金提供されているタイプの研究の場合、新しいルールが適用される場合もあります。また、既存の契約の更新でも新しいルールが適用されます。

新旧のルールでは運用が大きく異なり、報告義務や様々な期限に変更があったので、連邦政府機関の資金提供を受けて研究を行っているのであれば、一度契約書を確認してみることをお勧めします。

詳しい変更点は元記事を参照

元記事には詳しい変更点が書かれているので、連邦政府機関の資金提供の元、研究活動を行っている場合は、参考にしてみてください。

まとめ作成者:野口剛史

元記事著者: Pinar Bailey. Fenwick & West LLP (元記事を見る

ニュースレター、公式Lineアカウント、会員制コミュニティ

最新のアメリカ知財情報が詰まったニュースレターはこちら。

最新の判例からアメリカ知財のトレンドまで現役アメリカ特許弁護士が現地からお届け(無料)

公式Lineアカウントでも知財の情報配信を行っています。

Open Legal Community(OLC)公式アカウントはこちらから

日米を中心とした知財プロフェッショナルのためのオンラインコミュニティーを運営しています。アメリカの知財最新情報やトレンドはもちろん、現地で日々実務に携わる弁護士やパテントエージェントの生の声が聞け、気軽にコミュニケーションが取れる会員制コミュニティです。

会員制知財コミュニティの詳細はこちらから。

お問い合わせはメール(koji.noguchi@openlegalcommunity.com)でもうかがいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

dollar-sign
特許出願
野口 剛史

新しい特許庁費

新しい米国特許庁の費用が発表されました。
注目すべき費用の変更をまとめました。参考にしてください。

Read More »
再審査
野口 剛史

CAFCが抗体組成物に関する特許を無効にしつつ方法に関する特許は有効と判断

2021年8月16日、米連邦巡回控訴裁判所(以下、CAFC)は、カルシトニン遺伝子関連ペプチド(以下、CGRP)を標的とした治療用抗体(therapeutic antibodies )に関するTeva社の特許について、2つの判決を下しました。いずれのケースにおいても、CAFCは、申立人であるEli Lillyが提出した当事者間レビュー(以下、「IPR」)に関する特許審判部(以下、「審査会」)の判断を支持しました。しかし、この2つの判決の結果は、特許権者であるTevaにとっては正反対のものであり、抗体に向けられたクレームは自明で無効とされましたが、これらの抗体を用いた治療方法に向けられたクレームは有効と判断されました。  

Read More »
再審査
野口 剛史

IPRのための文献選びの大きな落とし穴:出願人が認めた先行技術はIPRの根拠となり得ない

2022年2月2日、米国連邦巡回控訴裁判所(CAFC)は、米国特許庁の特許審判部(PTAB)の決定を取り消し、審判部が、出願人が認めた先行技術(AAPA: applicant admitted prior art)が35 U.S.C. § 311(b)に基づく「特許または印刷出版物で構成される先行技術」(prior art consisting of patents or printed publications)に該当すると結論付けたことは誤りであると判断しました。

Read More »