Federal Circuit PTAB Appeal統計(2019年1月15日現在)

2019年1月15日現在、CAFCはPTABによるIPRやCBM手続きの上訴466 件を扱ってきました。CAFCがPTABの判決を支持した案件は348 件で全体の74.68%にあたります。棄却、無効になった案件は60 件で全体の12.88%。 その間の結果(つまり少なくとも1つの問題に対してはPTABの判決を支持したが、すくなくとも1つの問題に対して棄却・無効になった)は、43件で全体の9.23%でした。

CAFCは約15 件(3.22%) の上訴を棄却。これは、CAFCが管轄を持っていないと判断した件や、和解などが原因で棄却になったものが多いとのことです。

CAFCに上訴できるもの、できないもの、今後のトレンド予想

最高裁判決Cuozzo Speed Techs., LLC v. Leeにより、35 U.S.C. § 314(d)に関連する一部の判決はCAFCに上訴できません。しかし、 CAFC en banc 判決のWi-Fi One, LLC v. Broadcom Corpにより、 IPRの提出期限に関わる35 U.S.C. § 315(b) に関する判決は、CAFCに上訴できるようになりました。この判決により今後も、35 U.S.C. § 315(b) に関わる案件が増えてくると思われます。また、最高裁判決SAS Institute Inc. v. Iancuの影響で、CAFCへ上訴される件数が増えると予想されています。

CAFCの対策

このように大量の上訴をこなすのに、CAFCはPTABからの上訴に対してRule 36 affirmanceを多様しているとのことです。このRule 36 affirmanceは、詳しい判決文を書かずにPTABの判決を支持するもので、217件 (46.47%) に適用されました。

IPR

IPRからの上訴に対して、CAFCがPTABの判決すべてを支持した案件は、320 件 74.42%)に登り、すべての判決を棄却、無効にした案件は57件(13.26%) 、その間の結果が42件 (9.77%)で、上訴の破棄が11 件 (2.56%) でした。

CBM

CBMからの上訴に対して、CAFCがPTABの判決すべてを支持した案件は、28 件(75.68%) に登り、すべての判決を棄却、無効にした案件は4 件(10.81%) 、その間の結果が2 件(5.41%)で、上訴の破棄が3 件(8.11%) でした。

まとめ作成者:野口剛史

元記事著者: David C. Seastrunk, Daniel F. Klodowski, Elliot C. Cook and Jason E. Stach – Finnegan, Henderson, Farabow, Garrett & Dunner LLP(元記事を見る



OLCの米国知財ニュースレター

最新まとめ記事を
毎週メールボックスにお届け

登録すると、週1回、最新まとめ記事の概要とお知らせを受け取ることができます。

コメントする

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

Cannabis
訴訟
野口 剛史

アメリカで大麻特許訴訟第一号が申請される

日本では違法の大麻(cannabis)ですが、アメリカでは、州ごとに合法化する動きが活発で、すでに、医療用・娯楽用での使用が認められている州もあります。しかし、連邦法では大麻はまだ違法なため、連邦法と州法の間で合法(不法)行為の選別が難しい業界です。また、法律の変更などに伴い、急速に日々変化を遂げている業界でもあります。今回は、アメリカで初の大麻特許訴訟が起こったので、大麻産業という業界を知財の観点から見ていきます。

Read More »