Federal Circuit PTAB Appeal統計(2019年1月15日現在)

2019年1月15日現在、CAFCはPTABによるIPRやCBM手続きの上訴466 件を扱ってきました。CAFCがPTABの判決を支持した案件は348 件で全体の74.68%にあたります。棄却、無効になった案件は60 件で全体の12.88%。 その間の結果(つまり少なくとも1つの問題に対してはPTABの判決を支持したが、すくなくとも1つの問題に対して棄却・無効になった)は、43件で全体の9.23%でした。

CAFCは約15 件(3.22%) の上訴を棄却。これは、CAFCが管轄を持っていないと判断した件や、和解などが原因で棄却になったものが多いとのことです。

CAFCに上訴できるもの、できないもの、今後のトレンド予想

最高裁判決Cuozzo Speed Techs., LLC v. Leeにより、35 U.S.C. § 314(d)に関連する一部の判決はCAFCに上訴できません。しかし、 CAFC en banc 判決のWi-Fi One, LLC v. Broadcom Corpにより、 IPRの提出期限に関わる35 U.S.C. § 315(b) に関する判決は、CAFCに上訴できるようになりました。この判決により今後も、35 U.S.C. § 315(b) に関わる案件が増えてくると思われます。また、最高裁判決SAS Institute Inc. v. Iancuの影響で、CAFCへ上訴される件数が増えると予想されています。

CAFCの対策

このように大量の上訴をこなすのに、CAFCはPTABからの上訴に対してRule 36 affirmanceを多様しているとのことです。このRule 36 affirmanceは、詳しい判決文を書かずにPTABの判決を支持するもので、217件 (46.47%) に適用されました。

IPR

IPRからの上訴に対して、CAFCがPTABの判決すべてを支持した案件は、320 件 74.42%)に登り、すべての判決を棄却、無効にした案件は57件(13.26%) 、その間の結果が42件 (9.77%)で、上訴の破棄が11 件 (2.56%) でした。

CBM

CBMからの上訴に対して、CAFCがPTABの判決すべてを支持した案件は、28 件(75.68%) に登り、すべての判決を棄却、無効にした案件は4 件(10.81%) 、その間の結果が2 件(5.41%)で、上訴の破棄が3 件(8.11%) でした。

まとめ作成者:野口剛史

元記事著者: David C. Seastrunk, Daniel F. Klodowski, Elliot C. Cook and Jason E. Stach – Finnegan, Henderson, Farabow, Garrett & Dunner LLP(元記事を見る



ニュースレター、公式Lineアカウント、会員制コミュニティ

最新のアメリカ知財情報が詰まったニュースレターはこちら。

最新の判例からアメリカ知財のトレンドまで現役アメリカ特許弁護士が現地からお届け(無料)

公式Lineアカウントでも知財の情報配信を行っています。

Open Legal Community(OLC)公式アカウントはこちらから

日米を中心とした知財プロフェッショナルのためのオンラインコミュニティーを運営しています。アメリカの知財最新情報やトレンドはもちろん、現地で日々実務に携わる弁護士やパテントエージェントの生の声が聞け、気軽にコミュニケーションが取れる会員制コミュニティです。

会員制知財コミュニティの詳細はこちらから。

お問い合わせはメール(koji.noguchi@openlegalcommunity.com)でもうかがいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

Contract-signing
特許出願
野口 剛史

「Shall Be」という言葉は、発明の権利の自動譲渡にならない

職務規約において発明や特許の譲渡が明記されている場合もありますが、その規約の文言だけで発明の権利が自動的に会社に譲渡されるということにはならない可能性があります。今回のように、文言が譲渡する意思を示すものとして解釈されたり、また、実務では別途譲渡書に署名してもらうという手続きをとっていると、職務規約だけに依存した発明の譲渡の主張が難しくなります。

Read More »
supreme-court
訴訟
野口 剛史

AIA on-sale bar問題最高裁で審議へ

2018年6月25日、最高裁は、AIAにおいて、秘匿の義務がある中での発明者による第三者への発明の販売は、発明の特許性を決める上での先行例となるのかという“on-sale bar”に関する問題に関し、Helsinn Healthcare S.A. v. Teva Pharmaceuticals USA, Inc.,で審議を行うことを示しました。

Read More »
dollar-sign
特許出願
野口 剛史

CAFC En Banc判決:特許庁は弁護士費用を出願人に請求できない

特許法において、出願人が PTAB における判決に不服がある場合、2つのオプションがあります。1つ目のオプションは、CAFC に上訴すること。2つ目は、 地裁で特許庁長官を相手に訴訟を起こすことです。2つ目のオプションを選んだ場合、出願人が勝訴したとしても、費用はすべて出願人が払うことが35 U.S.C. § 145に明記されています。この条文により、特許庁は旅費、裁判所のレポータ費用、エキスパート費用などのさまざまな費用を出願人に請求してきました。しかし、今回、この「費用」に弁護士費用が含まれるのかが問題になりました。

Read More »