特許適格性と国内産業要件へのEarly Disposition Programは難しい?

ITC訴訟には手続きの効率化を図るために100日で特定のことがらを判断するEarly Disposition Programというものがあります。しかし、申し出があれば認められる訳ではなく、問題の難易度や解決した際のITC訴訟への影響などが大きく関わってきます。

今回、Certain Data Transmission Devices, Components Thereof, Associated Software, and Products Containing the Same, Inv. 337-TA-1150. において、ITCのCommissionは特許適格性(Patent eligibility)と国内産業要件(Domestic industry)に関するEarly Disposition Programは、適用されないということをしめしました。

Commissionはこの判決で、特許適格性に関する問題は権利行使されたすべてのクレームに適用されるものなのか不透明であること、また、このような問題は手続きがある程度進んだ段階でsummary determinationとして対処するほうが適切だとしました。

また、国内産業要件に関しても、Early Disposition Programで解決するには複雑すぎるので、適切ではないとしました。

まとめ

ITC訴訟でEarly Disposition Programを活用するにはCommissionの許可が必要です。了承するにあたり、Commissionは問題の難易度、解決した際のITC訴訟への影響などを細かく見てきます。ただ単に特許やクレームが特許適格性を満たしていないとか特許権者はNPEなので国内産業要件を満たしていないなどの主張だけではCommissionを説得しきれない可能性が高いです。

まとめ作成者:野口剛史

元記事著者:Alex Li and David M. Maiorana. Jones Day(元記事を見る

OLCの米国知財ニュースレター

最新まとめ記事を
毎週メールボックスにお届け

登録すると、週1回、最新まとめ記事の概要とお知らせを受け取ることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

estopel
Uncategorized
野口 剛史

返答をしないと略式判決になってしまう

論理的でない主張でも、その主張に対しての返答は行うべきです。返答を行なってしまうと、主張された内容が審議なく受け入れられてしまい、自社にとって不利な状況になってしまうことがあります。

Read More »