DOJ, USPTO, NISTによるSEP特許のポリシー発表

2019年12月19日、the Antitrust Division of the Department of Justice (DOJ), the United States Patent and Trademark Office (USPTO) and the National Institute of Standards and Technology (NIST)がSEP特許の侵害救済に関わるポリシーを共同で発表しました。

この共同発表では、特許権者によるFRAND(fair, reasonable and non-discriminatory)条件下でのstandards-essential patent (SEP)ライセンスに対するコミットメントが侵害に際の差止やその他の救済措置を妨げるものではないという見方を示しました。

2013年の共同発表

今回の発表はDOJが2013年の共同発表へのサポートを取り下げた後のものです。DOJとしては、前回の共同発表でSEPに対する扱いに対して間違った理解をされてしまっているとし、今回の発表では、SEPだからと言って特別な救済措置の例外が存在することはないということを明確にしました。

また、SEPに関する特許訴訟で差止などの救済措置ができないのであれば、それは特許システムに大きな弊害を与えることになり、発明を遅らせ、競争に害を与えるものだという発言がありました。

今回の共同発表

特許関連訴訟では、injunctive relief, reasonable royalties, lost profits, enhanced damages for willful infringement, and exclusion orders issued by the U.S. International Trade Commissionなどが救済措置に含まれます。このような救済措置は対象特許がSEPであっても適用されるものです。

FRAND条件、当事者の行動などはどの救済措置が適切かを決めるにあたっての判断材料の1つになりますが、基本的にはSEPではない特許と同じ救済措置が適用可能です。

今後の訴訟やSEPライセンスへの影響は?

今回の共同発表には、この共同発表は法的な影響力はないという但し書きがありますが、現実的には、今後の独禁法における取り締まりやSEP関連の訴訟、ライセンスに影響を与えていくことが考えられます。

まとめ

SEPは特許でも特殊な部類ですが、同時にとても重要な問題でもあります。今回の共同発表ではSEPでもそうでなくても特許訴訟においてはすべての救済措置が適用可能であるべきというDOJ, USPTO, NISTの考え方が明確になりました。

この共同発表によりすぐにSEPの取り扱いに関する考え方や仕組みが変わるものではありませんが、このようなポリシーを背景に徐々にSEP関連の案件に影響を与えていくと思われます。

まとめ作成者:野口剛史

元記事著者:Joseph J. Bial, Nicholas Groombridge, Catherine Nyarady, Jacqueline P. Rubin, Eric Alan Stone and Aidan Synnott. Paul Weiss Rifkind Wharton & Garrison LLP(元記事を見る

OLCの米国知財ニュースレター

最新まとめ記事を
毎週メールボックスにお届け

登録すると、週1回、最新まとめ記事の概要とお知らせを受け取ることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

statistics-stack-of-documents
再審査
野口 剛史

2018年5月のIPRとCBM の統計データ

5月 PTAB は34件の IPR と CBM のFinal Written Decisions(最終判決)を下しました。争われたクレームの内322クレーム(68.51%)を取り消し、122クレーム(25.96%)の取り消しを却下。特許権者が補正やdisclaimerを行い26クレーム(5.53%)が生き残りました。

Read More »
Webinar review
野口 剛史

ウェビナー:アメリカ特許訴訟に備えるためには?

知財訴訟の準備は、「武器」として使える知財の構築と競合他社の監視と分析。Freedom to Operateは状況によっては難しく、あまり意味のないもの。しかし、Freedom to Action、つまり知財侵害リスクも負えるほどの知財武器を持っていることが大切になっている。

Read More »
supreme-court
商標
野口 剛史

商標侵害の利益を得る基準は?最高裁が審議へ

商標侵害の際、侵害による損失の計算が難しいため侵害した会社の利益の一部を賠償金として支払うということがよく行われています。しかし、利益の一部の支払いは公平の原理に基づくものなので、基準が明確ではありませんでした。しかし、今回、最高裁がこの問題を審議することになり、注目が集まっています。

Read More »