CAFCが均等論は例外にのみ適用されるべきと発言

Amgen Inc. v. Sandoz Inc., Appeal No. 2018-1551 (Fed. Cir. May 8, 2019) において、CAFCは均等論(doctrine of equivalents)を狭く解釈し、地裁における非侵害の判決を是正しました。

この判決に至るにあたりCAFCは、均等論は例外的に適用されるべきであり、すべての特許侵害案件で直接侵害の次に行われる分析ではなく、クレームの範囲を容易に拡大するものではないとしました。

[T]he doctrine of equivalents “applies only in exceptional cases and is not simply the second prong of every infringement charge, regularly available to extend protection beyond the scope of the claims.”

このAmgen の案件の経緯はBiologics Price Competition and Innovation Act (“BPCIA”)という製薬関連の特殊な手続きによるものですが、CAFCのパネルが均等論に関して言及したところが注目される点です。

問題になったクレームでは、”washing”ステップと”eluting”ステップが独立したステップなのか、それともそれとも合わせて1つのステップとして扱えるのかが問題になりまいた。

しかし、クレームの文言から理論的に、”enumerated ”ステップは順番通りに行わなければいけないこと、また、明細書に”washing”ステップと”enumerated ”ステップが異なる溶液を使った別々の独立したステップであることが明確に示されていたこと、という2つの理由から上記のステップは独立したものであるという地裁の判断をCAFCが是正しました。

一方、侵害が疑われたSandoz の方法では、1つの溶液を使った1つのステップしかおこなわれておらず、その結果、CAFCは文言上の侵害(literal infringement)はなかったと判断しました。

そして、均等論による侵害を主張したAmgenに対して、均等論は例外的に適用されるべきであり、実質クレームの制限を見いだすために使われるものではないとしました。

まとめ

技術分野やクレーム補正の履歴などさまざまな状況で均等論(doctrine of equivalents)の適用は異なります。そのため、今回のAmgen判決がどれだけ広く適用されるかわかりませんが、均等論(doctrine of equivalents)は自動的に行われるのではなく、例外的に適用されるべきというCAFCの発言は今後の均等論のあり方に大きな影響を与えるかもしれません。

まとめ作成者:野口剛史

元記事著者:Robert D. Rhoad and Stephen S. Rabinowitz. Dechert LLP(元記事を見る

ニュースレター、公式Lineアカウント、会員制コミュニティ

最新のアメリカ知財情報が詰まったニュースレターはこちら。

最新の判例からアメリカ知財のトレンドまで現役アメリカ特許弁護士が現地からお届け(無料)

公式Lineアカウントでも知財の情報配信を行っています。

Open Legal Community(OLC)公式アカウントはこちらから

日米を中心とした知財プロフェッショナルのためのオンラインコミュニティーを運営しています。アメリカの知財最新情報やトレンドはもちろん、現地で日々実務に携わる弁護士やパテントエージェントの生の声が聞け、気軽にコミュニケーションが取れる会員制コミュニティです。

会員制知財コミュニティの詳細はこちらから。

お問い合わせはメール(koji.noguchi@openlegalcommunity.com)でもうかがいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

supreme-court
商標
野口 剛史

商標侵害の利益を得る基準は?最高裁が審議へ

商標侵害の際、侵害による損失の計算が難しいため侵害した会社の利益の一部を賠償金として支払うということがよく行われています。しかし、利益の一部の支払いは公平の原理に基づくものなので、基準が明確ではありませんでした。しかし、今回、最高裁がこの問題を審議することになり、注目が集まっています。

Read More »
訴訟
野口 剛史

ロイヤルティが類似ライセンスに基づく場合の利益の配分は不要

特許訴訟において特許の有効性と侵害が認められた場合、損害賠償額が大きな論点になります。今回は、訴訟になった案件に酷似した類似ライセンスが存在していたことにより、類似ライセンスのロイヤリティが賠償金額の計算に全面的に採用され、利益の配分の考えによる賠償金額の減額が行えなくなったという判例を紹介します。

Read More »
time-delay-clock
再審査
野口 剛史

「時間を戻す」ことはできない:IPRにおいて同じ当事者や新しい問題のJoinerは認められず

IPRの申立人が、すでに申し出があった自分自身が当事者となっているIPRに参加することはできず、参加することによってすでに申し出があったIPRに新規のクレームや問題点を提示できない。一見何を言っているのかわからないと思うので、解説でなるべくわかりやすく説明します。

Read More »