コロナ禍の善意のサービスであっても著作権侵害になりえる

この訴訟は、Internet Archiveがパンダミックの初期に「National Emergency Library」を立ち上げ、140万冊のデジタル化された書籍を待ち時間なしで読めるようにしたことがきっかけでした。COVID-19のロックダウン時に図書館が閉鎖されている間、デジタル書籍を貸し出す臨時のサービスで、同年3月24日から6月16日まで運営されていました。善意で行われたサービスのようですが、書籍の著作権を持つ出版社はInternet Archiveを著作権侵害で訴え、地裁では出版社側の全面勝訴に至りました。今回は特にフェアユースと変革的利用(transformative use)に関してこの判決を考察していきます。

判決文:HACHETTE v. INTERNET ARCHIVE

ニューヨークの連邦地方裁判所は、Internet ArchiveのOpen Libraryプロジェクトが数百万冊の書籍のデジタルコピーをオンラインで公開することは、著作権侵害にあたると判断しました。Internet Archivesと参加図書館が書籍の印刷物を購入し、ほとんどの場合、1対1で借りられるようにしていたようですが、裁判所はInternet Archivesのフェアユースの抗弁を却下しました。裁判所は、フェアユースの適用範囲を広げようとしたInternet Archivesの主張を拒否し、印刷物の所有者は、たとえ配布を制限したとしても、単にデジタル化して公衆に提供することはできないということを示しました。

単なる著作物のデジタルコピーは変革的(transformative)ではない

裁判所は、Internet Archiveの利用の目的と性質が変革的(transformative)であるかどうかについて、広範な分析を行いました。最終的に、Internet Archiveは単に著作物の完全なコピーをスキャンして公衆に配布しただけであったため、裁判所はその利用が変容的なものではないと判断しました。

このケースで裁判所は、被告が書籍の全コピーをスキャンしたものであっても、オンラインユーザーがその内容を検索できるようにしたケースと今回のInternet Archivesのケースを慎重に区別しました。というのも、これらの検索できるケースでは、被告は抜粋を一般に公開していただけだったからです。しかし、今回のInternet Archivesのケースで裁判所は、著作物の形式を変えるだけでは、変形的利用を示すには不十分であると判断しました。

フォーマットをデジタルにしたことによるアクセスの向上は変革的利用(transformative use)ではない

裁判所は、Internet Archiveが主張した、図書館に容易にアクセスできない人々が作品を利用できるようにしただけであり、変革的利用であるという理由を退けました。Internet Archive社は、同社のOpen Libraryは、最高裁がSony Corp. of America v. Universal City Studios事件で、ベータマックス機のホームユーザーがテレビコンテンツを録画して後で視聴することは著作権を侵害しないとした際にフェアユースと認めた「タイムシフト」の類に類似していると主張しました。しかし、今回の裁判では、オープンライブラリーがオリジナルの代わりに作品を配布するという行為は、ベータマックスの判決で定められた範囲に収まらないと判断されました。Internet Archiveは、出版社が販売する書籍の代替品を提供しているに過ぎないとみなされたわけです。

「無料」サービスでも著作権侵害になりえる

裁判所はまた、Internet Archiveの利用が完全に非商業的であったという主張も退けた。Internet Archiveは非営利団体であるが、資金調達の手段としてOpen Libraryを利用し、そのサービスを通じて所在する書籍の販売から利益の一部を受け取っていることから、商業活動に従事していたことになると判断されました。裁判所は、Internet Archivesが電子書籍の利用によって利益を得ている以上、オープンライブラリーの利用者が電子書籍を読むことが非商業的であることは「ほとんど関係ない」と判断しました。

先販売法(first sale doctrine)には作品を複製する権利は含まれていない

また、裁判所は、Internet Archiveの利用が、著作物の正当な購入者がその著作物を再販売することができるという先販売法(first sale doctrine)に合致しているというInternet Archiveの主張も退けた。Internet Archiveは、1対1ベースで作品の配布を管理している、つまり、Internet Archiveやその参加図書館が所有する印刷物1部に対して、デジタルコピーは1人にしか貸与されないと主張しました。しかし、先販売法のいかなる規定も、Internet Archiveが許可なく配布するために作品を複製することを認めてはいない。

最後に、裁判所は、オープンライブラリーが原告出版社と同じ消費者を対象としており、競合していたと判断しました。裁判所は、Internet Archivesが提出した、オンライン・ライブラリーが出版社の収益を損なわないことを示唆する証拠は、オープン・ライブラリーと出版社の利益との間に因果関係を示すものではないため、無関係であると判断しました。また、いずれにせよ、そのような証拠は、裁判所が変革的な使用ではないと判決を覆すには至らないという判断でした。

Internet Archivesは上訴を計画しているとのことです。

参考記事:District Court Rules Internet Archive’s Open Library Project is Not Fair Use | Global IP & Technology Law Blog

ニュースレター、会員制コミュニティ

最新のアメリカ知財情報が詰まったニュースレターはこちら。

最新の判例からアメリカ知財のトレンドまで現役アメリカ特許弁護士が現地からお届け(無料)

日米を中心とした知財プロフェッショナルのためのオンラインコミュニティーを運営しています。アメリカの知財最新情報やトレンドはもちろん、現地で日々実務に携わる弁護士やパテントエージェントの生の声が聞け、気軽にコミュニケーションが取れる会員制コミュニティです。

会員制知財コミュニティの詳細はこちらから。

お問い合わせはメール(koji.noguchi@openlegalcommunity.com)でもうかがいます。

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

Webinar review
野口 剛史

ウェビナー:ライセンス事業のスケールアップ

ライセンス事業を成功させるには「準備」が必要です。十分な準備をするには時間やリソースがかかりますが、効率的におこないスケールを拡大するためには、特許分析ツールなどの便利な道具を有効的に使っていく必要があります。

Read More »
Contract-signing
著作権
野口 剛史

ChatGPTの利用規約から見る知財リスクと生成データの著作権保護の可能性

ChatGPT、Dall-E、Midjourneyなどの生成型AIアプリケーションは、コンテンツ作成に重要な著作権の問題を引き起こします。ChatGPTの使用に関する契約条項を見てみると、コンテンツの所有権、類似した出力、機密保持、公表要件に対して言及しています。ChatGPTの使用に関しては、従業員による使用については機密保持の欠如が大きな問題であるため、企業は注意する必要があります。また、ChatGPTの出力物の公表には、AIの役割を明確に示す必要があります。また、AIによって生成されたコンテンツの著作権保護に関しては、オリジナリティと著作権の要件を満たす場合、米国著作権局は保護を認める方針です。ただし、AIによって生成された作品の著作者と所有権を特定するための法的および実際的な課題が存在します。AIシステム、データ入力、トレーニングの開発に複数の当事者が関与することによって、著作権の所有権は複雑になる可能性があります。著作権法におけるAIによって生成された作品の法的地位については明確な合意がないものの、注目される重要な分野です。

Read More »
paper-documents
AI
野口 剛史

AIツールで特許明細書は書けるか検証してみた

AIがクレームから特許明細書を書いてくれたら便利ですよね?ということで、今回は、ある程度まとまった文章を書くことが得意な生成AIツールを使って、クレームから特許明細書のドラフトを書くことができるか検証してみました。

結論から言うと、明細書とは程遠いものがアウトプットされて使い物になりませんでした。しかし、部分的には評価できるところもあり、工夫次第ではちょっとした付加価値をつけることはできるかもしれません。また機能面での問題とは別に、実務で用いるとなると、出願前の特許クレームという機密情報の取り扱いという点でも課題はあります。

Read More »