デザイン特許の機能性と有効性の問題

Automotive Body Parts Association v. Ford Global Technologies, LLC, No. 2018-1613 (Fed. Cir., July 23, 2019)において、デザイン特許で保護されている対象の機能性とデザイン特許の有効性の関係が問題になりました。

対象はFordのトラックに使われるパーツに関わるデザイン特許です。

デザイン特許は“new, original and ornamental design for an article of manufacture”である必要があります。 35 U.S.C. § 171(a)。また判例により、機能的なデザインは、装飾性(ornamental)に欠けているのでデザイン特許で保護するのは適切ではないという考えが一般的です。Utility patents(一般的に言う特許)は、機能性がなければ特許にならないので、装飾性というのはデザイン特許とUtility patentsの大きな違いです。

機能的な要素があってもデザイン特許としては有効ですが、デザインそのものが「主に機能的」(“primarily functional”)なものはデザイン特許で保護できません。また、特定のデザインが製品や部品の使用に必須なものであれば、そのようなデザインもデザイン特許で保護はできません。L.A. Gear, Inc. v. Thom McAn Shoe Co., 988 F.2d 1117, 1123 (Fed. Cir. 1993)

今回のAutomotive Body Parts Association(ABPA)によるFordのデザイン特許に関する訴訟もこの機能性とデザイン特許の有効性に関わる話です。具体的にはFordのトラック用のフードとヘッドライトに関するデザイン特許の有効性が問題になりました。

今回の判決で、CAFCは代替デザインが有無を重視しました。デザイン特許で保護されている部分の代替デザインが多数あれば、それだけ保護されているデザインの「機能性」という部分は弱くなります。実際に、トラック用のフードとヘッドライトは複数あるので、そのような代替デザインの存在が、デザイン特許の有効性を高める有効な証拠になりました。

また、今回対象となったフードやヘッドライトの装飾部分はエンジニアではなくデザイナーが主導でデザインされたという開発過程の流れも保護部分の装飾性を強調する証拠となりました。

まとめ

アメリカにおけるデザイン特許の価値は日に日に上がっています。それに伴い今後もデザイン特許関連の訴訟も多くなることが予想されます。そこで問題になりそうな点はデザイン特許で保護されているものの機能性です。機能性があるか否かについては、代替デザインの存在や開発がどのように行われたかにも関わってきます。デザイン特許を取得する際は、将来の訴訟を見据え、そのような代替デザインや開発過程もドキュメントすることも大切になってくるでしょう。

まとめ作成者:野口剛史

元記事著者: Susan B. Meyer. Gordon Rees Scully Mansukhani (元記事を見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

追加記事

最近では猫ミームなど、ミームはインターネットカルチャーの定番となっていますが、その広範な配布は著作権や知的財産権に関する重要な問題を提起しています。このブログでは、ミームに関連する著作権法の複雑さについて掘り下げ、クリエイターとユーザーが著作権侵害、フェアユース、所有権といった知的財産に関わる問題をどのようにナビゲートするのかを探ります。
特許において、特許発明者の正確な特定は極めて重要です。Tube-Mac Indus., Inc.vs Campbell事件は、特に特許への貢献が複数の当事者からなされた場合に、発明者の定義とすべての発明者を特定する重要性を再認識する好例です。この記事では、このケースの分析を通じて、課題解決した当事者の重要性と共同発明者を特定するアプローチについて掘り下げます。
ニューヨーク州弁護士会はAI技術の法的・倫理的影響に対する新ガイドラインを提供しました。このガイドラインは、弁護士によるAIの適切な利用と潜在的リスク管理に焦点を当て、今後のAI法律業務における教育と規制の強化を推奨しています。80ページにもわたるレポートには、AIが今後どう弁護士業務を変えていくかについて詳細に書かれており、今後NYだけでなく、アメリカの各州におけるAIの弁護士倫理ガイダンスに大きな影響を与えることが予想されます。