supreme-court

最高裁判決:単に創造的な表現を作品に追加するだけでは自動的にフェアユースとはされない

最近の最高裁判決、Andy Warhol Foundation v. Goldsmith事件において、最高裁は著作権侵害の主張においてフェアユースを否定しました。この事件は、写真家のLynn GoldsmithがアーティストのAndy Warholによって作成された音楽家プリンスの写真を使用して多層のスクリーンプリントのシリーズを作成されたというものです。Warhol Foundationは、プリント作品が変形的であり、それゆえフェアユースの保護を受けるべきだと主張しました。しかし、最高裁はその主張を受け入れず、Warholの写真の使用はGoldsmithと同じ目的である商業利用のため、フェアユースは認められないと述べました。この判決は、単に創造的な表現を作品に追加するだけでは自動的にフェアユースとはされないことを強調しており、今後は後続作品の目的と使用法がより考慮されることになるでしょう。

ーーー

最高裁判決:Andy Warhol Foundation v. Goldsmith

著作権の侵害でよく問題になるフェアユースの判断が問われる

他人の著作物に基づく作品の創作者は、しばしばフェアユースとして知られる著作権侵害の抗弁に頼ってきました。フェアユースは、例えば、あるクリエイターが先のクリエイターの作品を取り上げ、表現、使用、意味のいずれかに十分な変更を加え、新しい作品が先の作品と有意に異なる場合に適用されます。これは「変形」的使用(“transformative” use)と呼ばれます。フェアユースが適用されるかどうかを判断する際に、裁判所や弁護士の間で最も大きな争点となるのは、他人の著作物に新しいメッセージや創造的な表現を加えるだけで、それを変容させるに十分かどうかという点です。最近の判決で、最高裁はこの議論に「ノー」を突きつけて解決しました。

注目されていた最高裁判決が出る

Andy Warhol Foundation v. Goldsmithでは、写真家のリン ゴールドスミスが、ミュージシャンのプリンスの写真を多層的で多色なスクリーンプリントのシリーズを作成するために彼女の写真を使用したとして、芸術家の故アンディ・ウォーホルを訴えました。弁護側であるウォーホル財団(アンディ・ウォーホルのアートワークを管理する組織)は、アンディ・ウォーホルがゴールドスミスの写真に新たな表現を加えたのだから、スクリーンプリントはゴールドスミスの写真の著作権を侵害していないと主張しました。地裁はウォーホル財団に同意しましたが、控訴審ではウォーホルの作品はフェアユースで保護されないと判断し、逆転していました。

そして、最高裁へ上告され、最高裁がそれを受け入れました。その結果、争点となっているスクリーンプリントを作成するためにウォーホルがゴールドスミスの写真を使用した性質と、ウォーホルが使用した根本的な理由が、ウォーホルの作品がフェアユースに該当するほどゴールドスミスのものと異なっているかどうかの最高裁の判断に注目が集まっていました。

目的が同じなためフェアユースが認められず

最高裁は、ウォーホルの作品は、ゴールドスミスの写真と本質的に同じ目的で使用されており、どちらの場合も、プリンスとその音楽についての記事を掲載する雑誌やジャーナルに写真(またはスクリーンプリント)をライセンスするものであったため、フェアユースの原則の下、侵害から免れることはできないと判断しました。さらに、ウォーホルの使用は主に商業的なものであったことも考慮されていました。そして、最高裁は、わずかな創造的表現を加えることによって著作権侵害の主張を回避することを認めることは、著作権法の根幹を損なう危険性があると警告もしています。

他人の著作物に基づく後続作品の著作権侵害リスクが高まる結果に

この判決は、著作権者や後続作品の制作者にとって、後続作品に多大なオリジナリティを付加しても、それだけでフェアユースとして作品を保護することはできないことを明確にしたものであり、重要なものです。今後の著作権裁判では、後続作品がどのように使用されているか、また、その作品がオリジナル作品と同じ目的で使用されているかどうかが、より重視されることになるでしょう。

参考文献:U Got the Look (and Feel): Supreme Court Finds No Fair Use in Warhol’s Use of Prince Photo

こちらもおすすめ