人工知能(AI)は101条における特許適格性の問題を正しく判断できるのか?

ここ数ヶ月、ChatGPTに代表される人工知能(AI)と法曹界に関連する意見が絶えませんが、中にはAIがいずれ弁護士を廃業に追い込むことをほのめかす記事もあります。しかし、AIは101条における特許の適格性について正しい判断ができるのでしょうか?

ありふれた訴訟内容であっても係争中の案件については見当違いの見解を示す場合がある

例えば、Interactive Wearables v. Polar Electro et al.を例に上げましょう。

この訴訟は、現在、連邦最高裁判所で係争中です。この事件はありふれた特許適格性(patent eligibility)事件であり、規則12の申し立てに基づく意見で却下され、連邦巡回控訴裁判所で、裁判所が下級審の判断に同意することを記録する以外に、裁判所の判断について何の説明もしない規則36による肯定(Rule 36 affirmance)がなされたものです。

とはいえ、この訴訟はまだ係争中なので、ChatGPTに、最高裁がこの案件を取り扱うことを認めるべきか(grant cert)どうかを尋ねてみました。その回答は、ほぼ事実無根のものでした。2020年に連邦巡回控訴裁が判決を出したのは正しいのですが、それはChatGPTが述べたように、略式裁判の申し立てに関するものでも、非侵害に関連するものではありません。

回答は、法律上の決まり文句(例えば、「裁判所がどの事件を審査することになるかを予測することはよくあること」)でスペースを埋め尽くし、そして、もし最高裁がこの事件を取り扱うことを認めた場合、「特許事件における侵害の証明の法的基準について、裁判所が明確にする機会を提供するだろう」と述べて回答を終了しました。

しかし、このような回答は間違っています。特許適格性に関する言及があるべきなのに、そのようなものは何もありませんでした。

訴訟履歴があるクレームに関する特許適格性に関しても正確な答えは出てこなかった

次に、ChatGPTに米国特許第8,401,710号が35 U.S.C. Section 101に基づく特許適格性を有するかどうかを尋ねました。この特許を選んだのは、'710特許のクレーム12が、よく引用される特許適格性判例であるElectric Power v. Alstomの代表クレームであったからです。

最初の問題と同様に、ChatGPTは事実と想像を組み合わせています。例えば、ChatGPTは、'710特許が2013年3月19日に付与されたことは正しいが、'710特許が 「ネットワーク化されたコンピュータシステムを使用して、飛行機の座席やホテルの部屋などのリソースの予約を管理する方法」 に向けられていると述べるにとどまっていました。これもまた間違っています。また、この特許についてすでに判決が下っていることも認識してはいません。

まとめ

ChatGPTが法律実務に大きな影響を与えないとは言いません。しかし、これは注意喚起の言葉でもあります。AIの応答は印象的に見えるかもしれませんが、事実ではないもの、正確ではないものも混じっている可能性があります。なので、ジェネレーティブAIのアウトプットには注意が必要です。

参考記事:Artificial Intelligence (AI) Weighs in on Section 101 Patent Eligibility

追加記事

特許において、クレームの限定事項が明確に記述されているかどうかは、特許の有効性を左右する重要な要素です。今回、Maxell, Ltd.対Amperex Technology Limitedの判決は、特許クレームの解釈において、限定事項間の表面上の矛盾をどのように扱うべきかという問題を浮き彫りにしました。本文では、この重要な判決を深堀りし、一見矛盾すると思われる限定事項が、実際には特許の不明瞭性(Indefiniteness)を生じさせない理由について探求します。特に、連邦巡回控訴裁判所(CAFC)がどのようにこれらの限定事項を同時に満たすことが可能であると見做したか、その解釈の根拠と、特許クレームを起草する際の実務上の教訓に焦点を当てて考察します。
特許法における「組み合わせの動機」(Motivation to Combin)の概念は、発明が発明された時点でその分野の通常の技術者(PHOSITA)にとって自明であったかどうかを判断する上で不可欠な要素です。自明性の問題は、新しい発明が既知の技術要素の単純な組み合わせに過ぎないのか、それとも特許に値する独自の技術的進歩を表しているのかを区別するために重要です。このブログ記事では、特許請求の自明性を評価する際に中心となる「組み合わせの動機」の概念と最高裁判決であるKSR判例を解説し、Virtek Vision 対 Assembly Guidance Systemsの事件を例に、実際の訴訟におけるこの概念の適用方法について掘り下げます。
先月、米国特許商標庁(USPTO)が「Means-Plus-Function」に関するメモランダムを発行し、審査官に最新ガイダンスを提供しました。その内容は実務における大きな変更を意味するものではなく、既存の法的枠組みの下でより明確な指針を提供することを目的としています。しかし、このタイミングにおけるガイドラインの発行は、35U.S.C.112条(f)に基づく一風変わったクレームの形式であるMeans-Plus-FunctionがUSPTOにおける特許審査で注目されていることを示しており、改めてガイドラインに沿った適切なクレームドラフティングが求められることを意味します。