ビジネスIDの盗難:商標スクワッティングの被害者にならないために

デジタルマーケットプレイスは、企業にとって多くのメリットをもたらします。製品やサービスを宣伝するための便利なツールであり、見込み客とつながり、ビジネスのイメージを活用するための素晴らしい方法です。しかし、デジタルマーケットプレイスは、模倣品や詐欺師が貴社のブランドを悪用するための格好のプラットフォームでもあるのです。Eコマースの文脈では、ブランドは商品の品揃え、品質、価格、信頼、顧客サービスなどを伝え、国内外の競合他社と差別化することを可能にします。そのため、ブランドは最も重要な資産の1つであり、商標登録という形で適切なレベルの保護に値すると考えることができます。

The National Cybersecurity Society(NCSS)によると、ビジネスIDの盗難は増加傾向にあるとのことです。2019年、Dun & BradstreetのHigh Risk and Fraud Insight(HRFI)チームは、ビジネスIDの盗難が100%増加したと見ており、来年は258%増加すると推測しています。この問題の影響を最も受けるのは中小企業であり、不正行為を検知・抑止するために必要なセキュリティ管理が必ずしも整備されていないため、標的にされやすくなっています。企業のIDが捏造され、操作され、あるいは完全に盗まれた場合、その影響は株主、従業員、顧客にとって壊滅的なものになりかねません。

ビジネスIDの盗難とは?

ビジネスID窃盗は、企業ID窃盗または商業ID窃盗とも呼ばれ、金銭的利益を得るためにそのブランドの評判を利用するために、企業に違法になりすますことを指します。この詐欺行為は、偽の請求書、フィッシングEメール、偽のウェブサイトやソーシャルメディアアカウントなど、さまざまな形で行われます。

ビジネスID盗難の最も一般的なタイプの1つは、商標の身代金で、既存のビジネスの名前またはロゴを使用して模倣し、それを公式商標として登録することです。その結果、犯人は商標登録されたビジネス・アイデンティティを解放するための身代金を要求することができます。この行為は、商標スクワッティングとしても知られています。ビジネスIDの盗難の被害に遭うと、元のブランドは何度も苦労を重ね、長くて費用のかかる法的手続きが必要になることがあります。

ビジネスID盗難の危険性 

失われる信用 

長い時間をかけて、人々はあるブランドに対して忠誠心を抱くようになります。ブランドと結びついた信頼やその他の感情的側面が複雑に絡み合って、人々を忠実な顧客に変えていくのです。顧客は、そのブランドが好ましい機能、イメージ、または品質基準を適切な価格で提供していると信じています。このような消費者の忠誠心や信頼は、オリジナルブランドを装う第三者によって簡単に壊されたり悪用されたりする可能性があり、消費者の混乱や評判の低下を招きます。

ビジネス展開の妨げになる

商標権の不法占拠は、国際的にビジネスを展開する際に、ビジネスオーナーが直面する最大の問題の1つです。ブランドオーナーの商標を他人が他国で先に登録した場合、その商標の全権利を保有することになり、後に利益を得るために売却したり、ブランドの成功を利用することができます。このような事態を防ぐため、特に近い将来、製品やサービスを発売する予定の国では、海外での商標登録の申請を遅らせない方がよいでしょう。

リブランディングのリスク

競合他社が社名やロゴの使用権を取得した場合、オリジナルブランドは、その名前を最初に商業的に使用したにもかかわらず、「使用停止勧告書」を受け取ったり、侵害訴訟に直面したりする可能性があります。そうなると、ブランド再構築しか選択肢がなくなり、事実上ゼロからの再スタートを余儀なくされます。リブランディングは、ブランドの認知度を下げるだけでなく、販促物の変更にも費用がかかります。

商標登録は効果的な模倣品の抑止力

商標とは、ある企業の商品またはサービスを他の企業のものと区別することができる標識と定義されています。商標登録の主な目的は、特徴的なブランドを侵害の試みから保護し、顧客から得たイメージと評判が元のブランドのみに関連することを保証することができます。その結果、商標は、ブランド、製品名、製品ロゴ、スローガン、その他のブランド資産に適しており、これらの要素が企業の提供するものを競合他社のものと区別するために使用されることを条件としています。

名称やロゴを別々に登録することもできますが、ブランドの重要な創造的資産すべてについて2つの商標出願を行うことで、最高レベルの保護が実現します。このアプローチでは、主要なブランド要素を明確に保護し、エッジケースをカバーし、ブランドの独自性を強く保護することができます。Tramaの商標登録プロセスの詳細、透明性の高い価格表をご覧ください。また、手続きの準備が整った時点で、無料の弁護士チェックを開始できます。

名称やロゴを別々に登録することもできます。ブランドの重要な創造的資産すべてについて2つの商標を出願することで、最高レベルの保護が実現します。このアプローチでは、主要なブランド要素を明確に保護し、エッジケースをカバーし、ブランドの独自性を強力に保護することを保証します。

参考記事:Business identity theft: avoid becoming a victim of trademark squatting

こちらもおすすめ