ブロックチェーン技術関連特許の動向

今注目を集めているブロックチェーン技術ですが、そのブロックチェーン技術に関連した出願も増えてきています。Thomson Reutersのレポートによると、2017年ブロックチェーン技術に関して出願された特許406件のうち、半数以上を占める225件 (55.4%) は中国から出願されていて、91件 (22.4%)はアメリカから出願されていました。

技術的には様々な分野をカバーしています。もちろん金融関連の特許もあり、仮想通貨やその他デジタルアセットを含む市場で売買される商品の運営と決算に関する特許もアメリカで成立しています。(U.S. Patents 9,965,804 and 9,965,805

また、コンサルティング会社Accenture社は、ブロックチェーン技術のコアとなる部分の特許を取得しています。( U.S. Patent 9,959,065

デルはブロックチェーン技術を基にしたメッセージアプリに関して特許を取得。(U.S. Patents 9,967,333 and 9,967,334

また、デジタルコレクタブル(デジタルグッツだが限定的で絵画などと同様に集める価値があるもの)やデジタルアイテムの分野での出願が上がってきています。例えば記念品や限定品の所有者の特定、認証、追跡ができる技術(U.S. Patent 9,947,015)、また、デジタルオブジェクトの作成、追跡できる分散システムなどがあります。(U.S. Patent 9,875,510)また、ゲーム内で使用される品物を仮想通貨で、売買、取引できるようにする技術もあります。(application SN US62/648408)

まとめ

金融関連だけではなく、インタラクティブなエンターテイメントやデジタルコレクタブルのぶんやでのブロックチェーン技術に関する出願が伸びてきているようです。今後技術が様々な分野で利用されていくにつれて、知財問題も起こってくることが予想されます。

まとめ作成者:野口剛史

元記事著者:James G. Gatto. Sheppard Mullin Richter & Hampton LLP (元記事を見る

ニュースレター、公式Lineアカウント、会員制コミュニティ

最新のアメリカ知財情報が詰まったニュースレターはこちら。

最新の判例からアメリカ知財のトレンドまで現役アメリカ特許弁護士が現地からお届け(無料)

公式Lineアカウントでも知財の情報配信を行っています。

Open Legal Community(OLC)公式アカウントはこちらから

日米を中心とした知財プロフェッショナルのためのオンラインコミュニティーを運営しています。アメリカの知財最新情報やトレンドはもちろん、現地で日々実務に携わる弁護士やパテントエージェントの生の声が聞け、気軽にコミュニケーションが取れる会員制コミュニティです。

会員制知財コミュニティの詳細はこちらから。

お問い合わせはメール(koji.noguchi@openlegalcommunity.com)でもうかがいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

訴訟
野口 剛史

Apple v. Qualcomm: Public interestがiPhoneの輸入規制を防ぐ最後の手段?

ITC 行政判事は、Apple がアメリカに輸入している iPhone が Qualcomm のアメリカ特許を侵害していると判断したにもかかわらず、iPhone の輸入規制をしないという判決を下しました。これは輸入規制をした際の Public interest を懸念したものですが、今後は、ITCパネルによるレビューや大統領のレビューもあり、この判決が変わる可能性もあります。

Read More »
money
特許出願
野口 剛史

特許コストを抑えるための6つのポイント

特許は企業にとって大切な資産ですが、権利化までのコストは高額で、海外への出願も検討する場合、翻訳費用などの費用もかかります。今回は、そのような特許権利化までのコストを抑えるための6つのポイントを教えます。

Read More »
chess-strategy
再審査
野口 剛史

新事実で否定されていたIPRが開始される

1回目のIPRは却下されてしまいましたが、新事実の影響で、2回目のIPRが開始されるという面白いことが起こりました。IPRの開始は特許訴訟における重要なポイントなので、この判例は注目したいところです。

Read More »