ブロックチェーン技術関連特許の動向

今注目を集めているブロックチェーン技術ですが、そのブロックチェーン技術に関連した出願も増えてきています。Thomson Reutersのレポートによると、2017年ブロックチェーン技術に関して出願された特許406件のうち、半数以上を占める225件 (55.4%) は中国から出願されていて、91件 (22.4%)はアメリカから出願されていました。

技術的には様々な分野をカバーしています。もちろん金融関連の特許もあり、仮想通貨やその他デジタルアセットを含む市場で売買される商品の運営と決算に関する特許もアメリカで成立しています。(U.S. Patents 9,965,804 and 9,965,805

また、コンサルティング会社Accenture社は、ブロックチェーン技術のコアとなる部分の特許を取得しています。( U.S. Patent 9,959,065

デルはブロックチェーン技術を基にしたメッセージアプリに関して特許を取得。(U.S. Patents 9,967,333 and 9,967,334

また、デジタルコレクタブル(デジタルグッツだが限定的で絵画などと同様に集める価値があるもの)やデジタルアイテムの分野での出願が上がってきています。例えば記念品や限定品の所有者の特定、認証、追跡ができる技術(U.S. Patent 9,947,015)、また、デジタルオブジェクトの作成、追跡できる分散システムなどがあります。(U.S. Patent 9,875,510)また、ゲーム内で使用される品物を仮想通貨で、売買、取引できるようにする技術もあります。(application SN US62/648408)

まとめ

金融関連だけではなく、インタラクティブなエンターテイメントやデジタルコレクタブルのぶんやでのブロックチェーン技術に関する出願が伸びてきているようです。今後技術が様々な分野で利用されていくにつれて、知財問題も起こってくることが予想されます。

まとめ作成者:野口剛史

元記事著者:James G. Gatto. Sheppard Mullin Richter & Hampton LLP (元記事を見る

ニュースレター、公式Lineアカウント、会員制コミュニティ

最新のアメリカ知財情報が詰まったニュースレターはこちら。

最新の判例からアメリカ知財のトレンドまで現役アメリカ特許弁護士が現地からお届け(無料)

公式Lineアカウントでも知財の情報配信を行っています。

Open Legal Community(OLC)公式アカウントはこちらから

日米を中心とした知財プロフェッショナルのためのオンラインコミュニティーを運営しています。アメリカの知財最新情報やトレンドはもちろん、現地で日々実務に携わる弁護士やパテントエージェントの生の声が聞け、気軽にコミュニケーションが取れる会員制コミュニティです。

会員制知財コミュニティの詳細はこちらから。

お問い合わせはメール(koji.noguchi@openlegalcommunity.com)でもうかがいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

特許出願
野口 剛史

言葉選びは慎重に。特許用語の危険性

言葉の選択は、米国特許の質に大きな影響を及ぼします。特に、明細書や審査中に使用される言葉に関しては慎重になるべきでしょう。厄介なのが、例えば日本では無害な表現であっても、アメリカでは、クレームの範囲を不用意に限定するような表現もあります。今回は判例を通していくつか例を見てみましょう。

Read More »
important-page
再審査
野口 剛史

PTABが「有益」と指定したIPR案件4つを紹介します

2018年7月、 PTAB はいくつかの IPR 判決をinformative(有益)と指定しました。有益な判決というのは PTAB における判決を決定づけるものではありませんが、公に PTAB における判断の標準を示すものです。有益な判決は、ベストプラクティス、頻繁に起こる問題、不透明な法律のエリア、公的に関心があるものなどが選ばれます。

Read More »
No
訴訟
野口 剛史

故意に第三者の特許を無視すること自体が故意侵害

地裁において、他社の特許を無視するという社内ポリシーは特許の故意侵害を証明するのに十分な証拠であるという判決が下りました。特許を故意に侵害したとされた場合、3倍賠償や弁護士費用の負担など大きな金銭的なリスクを負うことになります。

Read More »