ブロックチェーン技術関連特許の動向

今注目を集めているブロックチェーン技術ですが、そのブロックチェーン技術に関連した出願も増えてきています。Thomson Reutersのレポートによると、2017年ブロックチェーン技術に関して出願された特許406件のうち、半数以上を占める225件 (55.4%) は中国から出願されていて、91件 (22.4%)はアメリカから出願されていました。

技術的には様々な分野をカバーしています。もちろん金融関連の特許もあり、仮想通貨やその他デジタルアセットを含む市場で売買される商品の運営と決算に関する特許もアメリカで成立しています。(U.S. Patents 9,965,804 and 9,965,805

また、コンサルティング会社Accenture社は、ブロックチェーン技術のコアとなる部分の特許を取得しています。( U.S. Patent 9,959,065

デルはブロックチェーン技術を基にしたメッセージアプリに関して特許を取得。(U.S. Patents 9,967,333 and 9,967,334

また、デジタルコレクタブル(デジタルグッツだが限定的で絵画などと同様に集める価値があるもの)やデジタルアイテムの分野での出願が上がってきています。例えば記念品や限定品の所有者の特定、認証、追跡ができる技術(U.S. Patent 9,947,015)、また、デジタルオブジェクトの作成、追跡できる分散システムなどがあります。(U.S. Patent 9,875,510)また、ゲーム内で使用される品物を仮想通貨で、売買、取引できるようにする技術もあります。(application SN US62/648408)

まとめ

金融関連だけではなく、インタラクティブなエンターテイメントやデジタルコレクタブルのぶんやでのブロックチェーン技術に関する出願が伸びてきているようです。今後技術が様々な分野で利用されていくにつれて、知財問題も起こってくることが予想されます。

まとめ作成者:野口剛史

元記事著者:James G. Gatto. Sheppard Mullin Richter & Hampton LLP (元記事を見る

OLCの米国知財ニュースレター

最新まとめ記事を
毎週メールボックスにお届け

登録すると、週1回、最新まとめ記事の概要とお知らせを受け取ることができます。

コメントする

追加記事

laptop-typing
再審査
野口 剛史

マシーンラーニングに関する特許は有効か?

マシーンラーニングはAIに関わる重要な技術ですが、特許の有効性については今後大きな議論になりそうです。Alice判決によって枠組みが作られた特許適格性の問題が今後どうマシーンラーニングやAIの分野に適用されるか注目です。

Read More »
important-page
再審査
野口 剛史

PTABが「有益」と指定したIPR案件4つを紹介します

2018年7月、 PTAB はいくつかの IPR 判決をinformative(有益)と指定しました。有益な判決というのは PTAB における判決を決定づけるものではありませんが、公に PTAB における判断の標準を示すものです。有益な判決は、ベストプラクティス、頻繁に起こる問題、不透明な法律のエリア、公的に関心があるものなどが選ばれます。

Read More »
book-flipping
訴訟
野口 剛史

ITCにおける新しいルールが2018年6月7日から有効に

100日間手続きの追加、調査の複数手続き、召喚令状への抗議、電子化などのITC手続きのさらなる効率化、合理化を目的としたルール改正が2018年6月7日から開始される(Institute)すべてのITC調査に適用されます。特に、100日間手続きでは、比較的簡単に解決できる問題に対し調査開始から100日以内に結論が出せるようになります。

Read More »