ブロックチェーン技術関連特許の動向

今注目を集めているブロックチェーン技術ですが、そのブロックチェーン技術に関連した出願も増えてきています。Thomson Reutersのレポートによると、2017年ブロックチェーン技術に関して出願された特許406件のうち、半数以上を占める225件 (55.4%) は中国から出願されていて、91件 (22.4%)はアメリカから出願されていました。

技術的には様々な分野をカバーしています。もちろん金融関連の特許もあり、仮想通貨やその他デジタルアセットを含む市場で売買される商品の運営と決算に関する特許もアメリカで成立しています。(U.S. Patents 9,965,804 and 9,965,805

また、コンサルティング会社Accenture社は、ブロックチェーン技術のコアとなる部分の特許を取得しています。( U.S. Patent 9,959,065

デルはブロックチェーン技術を基にしたメッセージアプリに関して特許を取得。(U.S. Patents 9,967,333 and 9,967,334

また、デジタルコレクタブル(デジタルグッツだが限定的で絵画などと同様に集める価値があるもの)やデジタルアイテムの分野での出願が上がってきています。例えば記念品や限定品の所有者の特定、認証、追跡ができる技術(U.S. Patent 9,947,015)、また、デジタルオブジェクトの作成、追跡できる分散システムなどがあります。(U.S. Patent 9,875,510)また、ゲーム内で使用される品物を仮想通貨で、売買、取引できるようにする技術もあります。(application SN US62/648408)

まとめ

金融関連だけではなく、インタラクティブなエンターテイメントやデジタルコレクタブルのぶんやでのブロックチェーン技術に関する出願が伸びてきているようです。今後技術が様々な分野で利用されていくにつれて、知財問題も起こってくることが予想されます。

まとめ作成者:野口剛史

元記事著者:James G. Gatto. Sheppard Mullin Richter & Hampton LLP (元記事を見る

OLCの米国知財ニュースレター

最新まとめ記事を
毎週メールボックスにお届け

登録すると、週1回、最新まとめ記事の概要とお知らせを受け取ることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

訴訟
野口 剛史

DOJ, USPTO, NISTによるSEP特許のポリシー発表

2019年12月19日、the Antitrust Division of the Department of Justice (DOJ), the United States Patent and Trademark Office (USPTO) and the National Institute of Standards and Technology (NIST)がSEP特許の侵害救済に関わるポリシーを共同で発表しました。

Read More »
money
訴訟
野口 剛史

アメリカにおける第三者による訴訟資金提供の実態

訴訟が頻繁に起こるアメリカでも5年前までは第三者による訴訟資金提供は滅多にありませんでした。しかし、近年この市場が急速に拡大し、数億ドル(100s M)規模の市場になっており、契約違反、独禁法違反、知財訴訟などに資金を提供するファンドへの投資が増えてきています。

Read More »