特許訴訟が悪用された場合、弁護士費用を肩代わりさせやすくなった

米国最高裁は、2014 年、Highmark Inc. v. Allcare Health Management Systems, Inc., 134 S. Ct. 174s4 (2014) Octane Fitness, LLC v. ICON Health & Fitness, Inc., 134 S. Ct. 1749 (2014) に おいて、「例外的な事件」(exceptional cases)に対して、裁判所か 敗訴した側に勝訴 した側の弁護士費用を負担することを命じることができると判決した。

Attorney fee-shifting awards (または単に Attorney fees とも呼ばれることがある) — 米国特許法に明記されている弁護士費用賠償制度。35 U.S.C.§285

特に Octane Fitness 事件で、最高裁は「例外的な事件」(exceptional cases) は当事者同 士の立場の強さ(the substantive strength of a party’s litigating position)、または、訴訟に おける理不尽な振る舞い (unreasonable manner in which the case was litigated)などが他 の事件から突出しているもので、地裁は全体的な状況 (the totality of the circumstances) を考慮し、地裁の判事の裁量で判決するべきとした。

Highmark 事件では、Octane Fitness 事件における判決を受けて、更に、United States Court of Appeals for the Federal Circuit(略して CAFC、アメリカ連邦巡回区控訴裁判所) における弁護士費用賠償制度に関わる地裁の判断は、裁量権の乱用が行われたか否かの 基準(abuse-of-discretion standard)が用いられるべきとした。

Abuse-of-discretion standard (自由裁量の濫用)CAFC が地裁の判決を見直すと きの基準の1つ。問題になっている判決の際に判事が裁量権を乱用したかを見直 すため、地裁の判決に同意する場合がほとんど。

このように2つの事件から、特許訴訟が悪用された場合、弁護士費用の賠償が認められやすく、また、控訴されても棄却される可能性が低くなったので、今後のパテント・トロールの動向に大きな影響を与えることが予測される。

まとめ作成者:野口剛史

元記事著者: Andrew W. Williams, Ph.D. McDonnell Boehnen Hulbert & Berghoff LLP(元記事を見る

OLCの米国知財ニュースレター

最新まとめ記事を
毎週メールボックスにお届け

登録すると、週1回、最新まとめ記事の概要とお知らせを受け取ることができます。

コメントする

追加記事

商標
野口 剛史

知財Due Diligenceのポイント(商標編)

企業を買収する際にはDue Diligenceが行われます。買収する企業に特許、商標、企業機密などの知的財産がある場合、そのような知財に対してもDue Diligenceを行う必要があります。今回は、商標に注目して商標のDue Diligenceを行うときのポイントをいくつか紹介します。

Read More »
LA-night
企業機密
野口 剛史

カリフォルニア州の地裁が企業機密訴訟をリード

アメリカ国内で企業機密に関わる訴訟が一番多いのはthe United States District Court for the Central District of Californiaとのことです。連邦裁判所における案件も全体で30%増えました。連邦裁判所で行われる企業機密訴訟の6%がCalifornia’s Central Districtで起こっているという事実から、今後DTSAの法解釈なのでCalifornia’s Central Districtが重要な裁判所になってくることが予想されます。

Read More »
smartphone
訴訟
野口 剛史

ITCパネルが物議を醸したApple-Qualcomm判決をレビュー

Appleがアメリカに輸入しているiPhoneがQualcommのアメリカ特許を侵害していると判断したにもかかわらず、iPhoneの輸入規制をしないという判決がITCのInitial Determination判決で下ったことは前回お伝えしましたが、その判決がITCパネルによってレビューされることになりました。

Read More »