Appleの商標保護は行き過ぎなのか?

Appleは自社の商標を守ることに非常に積極的です。ある監視機関の最新のレポートによると、Appleは自社のロゴに近すぎると考える第三者の商標に対して、過去2年間の間に215件の異議申し立てを行っていたことがわかりました。ある専門家は、このAppleの戦術を「いじめ」と表現していますが、実際はどのような状況なのでしょうか?

レポートで明らかになった異常な数のAppleによる商標異議申し立て件数

非営利の監視機関であるTech Transparency Projectがまとめたレポートによると、2019年から昨年にかけて、Appleは、自社のロゴ、名称、製品タイトルを守るために215件の商標異議申し立てを行ったといいます。これは、Microsoft, Amazon, Facebook や Googleが同時期に行った商標異議申し立ての推定件数136件よりも遥かに多いと、同団体は述べています。

実際にレポートを見てみると、Appleとは全く関係のないグリーンエッグカードやノートを取り扱うPaperappleという小さな会社に283 ページにも及ぶ異議告知書がAppleの法律事務所の一つから届いたり、教育系のロゴでリンゴ(アメリカではリンゴは頭の良さを連想させるものなので、リンゴの形に似せた教育系のロゴが多いです)を模様したものに異議告知書をしたり、ターゲットになるところは、比較的小規模でAppleのメインの業種であるテクノロジーとは程遠いものがほとんどです。

Appleの強固な姿勢と戸惑う人たち

Appleの広報担当者は、同社が商標を守ることは法律で義務づけられており、「過度に広範であったり、顧客を混乱させる可能性がある出願を見た場合、我々の最初のステップは常に連絡を取り、これらを迅速かつ友好的に解決しようとしている」と述べ、法的措置は「常に」最後の手段であると付け加えていました。

しかし、レポートによると、実際にAppleから異議申し立てを受けた人や会社の多くは、彼らの商標出願が軽薄であったか、単に間違っていたと思った、あるいは、法廷闘争をする余裕がなかったため、申し立てに対抗できなかったというケースも少なからずあったようです。Appleに異議申し立てされたところの多くはとても小さい会社や非営利団体、個人だったようなので、このAppleによる申し立てをきっかけに商標出願を諦めるという結果になるところがほとんどだったようです。

場合によっては、Appleに異議申し立てに対抗するところもあったようですが、対応コストは少なく見積もっても1万ドルはかかるので、一般的な商標の出願費用である1000ドルから数千ドルという費用と比べると、出願人にとってとても大きな負担になります。

このように中小企業や個人をAppleがターゲットにしている状況を見て、少なくともある法学教授は、アップルの戦術に感心しておらず、「いじめ」と表現している人もいるみたいです。

適切な取り締まりはどのレベルなのか?

Appleのようにブランド力が強い企業の場合、「徹底的に」商標などの取り締まりを行う傾向があります。しかし、どのレベルが適切なのでしょうか?

商標権者にとって、自社の商標を守ることは義務です。商標を持っていたとしても、取り締まりを怠っていては、持っている商標の真価は発揮できません。しかし、今回のAppleのように見方によっては「行き過ぎ」と思われるような活動をすると、せっかく長年築いてきたブランドイメージを損なうような結果にもなりかねません。

今回のレポートへのアクセスはこちらから。今回紹介しきれなかった実例もたくさん載っています。あと、Excelでまとめられた全215件の商標異議申し立てリストもあるので、興味があれば見てみてください。
参考記事:Report: Apple uses ‘bullying tactics’ to defend its trademark

ニュースレター、公式Lineアカウント、会員制コミュニティ

最新のアメリカ知財情報が詰まったニュースレターはこちら。

最新の判例からアメリカ知財のトレンドまで現役アメリカ特許弁護士が現地からお届け(無料)

公式Lineアカウントでも知財の情報配信を行っています。

Open Legal Community(OLC)公式アカウントはこちらから

日米を中心とした知財プロフェッショナルのためのオンラインコミュニティーを運営しています。アメリカの知財最新情報やトレンドはもちろん、現地で日々実務に携わる弁護士やパテントエージェントの生の声が聞け、気軽にコミュニケーションが取れる会員制コミュニティです。

会員制知財コミュニティの詳細はこちらから。

お問い合わせはメール(koji.noguchi@openlegalcommunity.com)でもうかがいます。

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

ビジネスアイデア
野口 剛史

技術者コミュニティーで知財情報を発信

OLCもそうですが多くの知財に関する情報は同業者の知財関係者向けに発信されています。そこが一番大きなパイだし、仕事の依頼なども他の知財関係者から来ることがほとんどなので、そうなっているのだと思います。しかし、目線を変えて技術者など別のコミュニティーに向けて情報発信してみたらどうでしょうか?

Read More »
supreme-court
訴訟
野口 剛史

最高裁における審議が決定:譲受人禁反言の将来は?

譲渡者禁反言(assignor estoppel)について最高裁が審議することになりました。譲渡者禁反言は、裁判所が作ったルールですが、司法機関である地裁と行政機関であるPTABで譲渡者禁反言の扱いが異なるということが起き、矛盾が生じていました。今回、譲渡者禁反言の撤廃も含めて、最高裁がこの矛盾をどう解決するかに注目が集まっています。

Read More »
訴訟
野口 剛史

ITCで暫定的な仮決定が可能になり早期解決が期待

米国国際貿易委員会(ITC)は、337条調査における、暫定的な仮決定(intermediate initial determination)を発行することを可能にするパイロットプログラムを発表しました。このプログラムにより行政法判事(ALJ)が限られた問題を早期解決させることができ、ITCにおける問題の早期解決が期待されています。

Read More »