アップルとサムソンが和解:7年も続いた世界規模の特許訴訟に終止符

7年も続いて世界規模で行われていたアップルとサムソンによる特許訴訟は、和解という形で終わりました。

2018年6月27日、アップルとサムソンはスマートフォンに関わる特許訴訟を終わらせ、和解に至りました。この訴訟は、世界10カ国で行われ、アメリカでは最高裁まで行きました。

訴訟が始まった当初は、差し止め命令によりスマートフォンが販売できなくなるのでは?、また、訴訟費用や訴訟による関節被害などでアップルやサムソンの業績に影響が出るのでは?と懸念されていましたが、終わってみると、世界規模の特許訴訟だったのにもかかわらず、そのような大きな影響はありませんでした。

訴訟において、訴えられた被告側は、特許訴訟は消費者のチョイスを減らし、アメリカの経済に悪影響を与えるという公益(public interest)に関する主張をすることがあります。しかし、このアップルとサムソンの訴訟を見てみると、そのようなことはなく、特許があり、特許訴訟があっても、発明は起こり、新製品は誕生し、経済は進んでいきます。

今回のアップルとサムソンの世界規模の特許訴訟はそういった特許システムに関する1つの答えを出してくれたようにも思えます。

まとめ作成者:野口剛史

元記事著者:Gene Quinn & Steve Brachmann. IP watchdog (元記事を見る

OLCの米国知財ニュースレター

最新まとめ記事を
毎週メールボックスにお届け

登録すると、週1回、最新まとめ記事の概要とお知らせを受け取ることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

no-left-go
訴訟
野口 剛史

クレーム補正でEquitable Estoppelが回避できるかも?

以前権利行使があって、対応したものの特許権者から追求されなかった特許に関して、後に新たに権利行使があった場合、Equitable Estoppel による弁護が考えられます。しかし、過去に対応した際のクレームと今回のクレームに多少でも違いがあった場合は、Equitable Estoppel が適用されない可能性があるので、注意が必要です。

Read More »