アップルとサムソンが和解:7年も続いた世界規模の特許訴訟に終止符

7年も続いて世界規模で行われていたアップルとサムソンによる特許訴訟は、和解という形で終わりました。

2018年6月27日、アップルとサムソンはスマートフォンに関わる特許訴訟を終わらせ、和解に至りました。この訴訟は、世界10カ国で行われ、アメリカでは最高裁まで行きました。

訴訟が始まった当初は、差し止め命令によりスマートフォンが販売できなくなるのでは?、また、訴訟費用や訴訟による関節被害などでアップルやサムソンの業績に影響が出るのでは?と懸念されていましたが、終わってみると、世界規模の特許訴訟だったのにもかかわらず、そのような大きな影響はありませんでした。

訴訟において、訴えられた被告側は、特許訴訟は消費者のチョイスを減らし、アメリカの経済に悪影響を与えるという公益(public interest)に関する主張をすることがあります。しかし、このアップルとサムソンの訴訟を見てみると、そのようなことはなく、特許があり、特許訴訟があっても、発明は起こり、新製品は誕生し、経済は進んでいきます。

今回のアップルとサムソンの世界規模の特許訴訟はそういった特許システムに関する1つの答えを出してくれたようにも思えます。

まとめ作成者:野口剛史

元記事著者:Gene Quinn & Steve Brachmann. IP watchdog (元記事を見る

ニュースレター、公式Lineアカウント、会員制コミュニティ

最新のアメリカ知財情報が詰まったニュースレターはこちら。

最新の判例からアメリカ知財のトレンドまで現役アメリカ特許弁護士が現地からお届け(無料)

公式Lineアカウントでも知財の情報配信を行っています。

Open Legal Community(OLC)公式アカウントはこちらから

日米を中心とした知財プロフェッショナルのためのオンラインコミュニティーを運営しています。アメリカの知財最新情報やトレンドはもちろん、現地で日々実務に携わる弁護士やパテントエージェントの生の声が聞け、気軽にコミュニケーションが取れる会員制コミュニティです。

会員制知財コミュニティの詳細はこちらから。

お問い合わせはメール(koji.noguchi@openlegalcommunity.com)でもうかがいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

特許出願
野口 剛史

判例に見る特許クレーム用途限定の正しい使い方

特許クレームで用途限定をおこなう場合、クレームの前文だけでなく本文にも用途に関する記述をし、用途限定をクレーム要素の1つとして明確に示すことによって、クレームの範囲を意図的に狭めるのがいいでしょう。しかし、用途でクレームを限定する意思がないのであれば、前文に余計な文言を含めるべきではありません。

Read More »
man-typing-laptop
訴訟
野口 剛史

バーチャル特許表示を忘れない

CAFCは、2017年、 Arctic Cat Inc. v. Bombardier Recreational Products Inc. において、特許表示(Patent Marking)の重要性を再提示した。今回問題になったArctic Catの特許は、AIA以前のものなので、このバーチャル特許表示は適用されないが、今日のAIA後の世界ではバーチャル特許表示は重要になってくる。

Read More »