Appleが英国市場からの追放を回避するためにグローバルFRANDライセンスを取得することに

どうやらイギリスの判事の強い姿勢に負けAppleがなくなくライセンスを取り、イギリスで引き続きiPhoneを販売できるようにしたようです。一般的な特許訴訟とは異なり、FRAND問題は国際的な要素がとても強く、Appleのような大企業でさえ苦戦を強いられるものです。なので、SEP(規格必須特許)に関わる侵害やライセンスは慎重に行う必要があります。

以前、侵害が認められた特許のライセンスをAppleが拒んでいたため、イギリスにおけるiPhoneの販売ができなくなるのでは?という記事を紹介しましたが、どうやら、Appleがライセンスを受ける形でこの問題には決着がつきそうです。

Appleは、Optis社が保有するLong Term Evolution(LTE)技術に関する規格必須特許ポートフォリオのライセンスを受けることに長年抵抗してきました。しかし、このたび、Appleが英国市場からの撤退を回避するために、Optis社とグローバルなFRANDライセンスを締結することを約束したと報じられています。この合意が成立すれば、両社のグローバルな紛争は終結します。

このような結果に至るまでには、複数の年月と管轄区域がありました。米国では、AppleがOptis社のSEP特許を侵害していると判断され、テキサス州東部地区の陪審員が今年8月に3億ドルの損害賠償を命じました。一方、英国では、Optis社のSEPの有効性とAppleがSEPを侵害しているかどうかを判断するために、当事者は4回の技術裁判を行いました。2021年6月、Optis社の特許の1つが有効であり、必須であり、Appleが侵害していると認められ、2022年6月には、AppleがOptis社のSEPの侵害をやめるために締結しなければならないグローバルFRANDライセンスの枠組みを決定するための裁判が予定されていました。(詳しくはこの記事を参照)Optis社は、AppleがFRAND裁判の結果であるライセンスを締結するまでの間、差し止めを要求。

Optis社の差止請求に対し、Appleは、FRANDライセンスの締結を避けるために英国市場から撤退するかもしれないと脅しました。当時、裁判長のミード判事は、Appleの脅しに信憑性があるとは思わず、「私は、Appleが通常の状況下で市場から撤退する現実的な可能性を示したとは認められないし、FRANDライセンスを取得したいという純粋な願望を持つ実装者が市場から撤退する可能性もない」と述べました。その後、Apple社がその脅しを撤回し、代わりに、英国市場からの差し止めを回避するために、まだ決定されていないFRANDライセンスの条件を受け入れることを示唆しているため、ミード判事の言葉はAppleの本心を見抜いた上での発言だったのかもしれません。しかし、Appleが、裁判所が決定したFRAND条件でライセンスを締結するという約束を守るのか、それとも、満足のいかないFRAND条件を突きつけられた場合、英国市場から撤退するのかは、まだわかりません。これには、もう少しの時間が必要です。

いずれにしても、AppleのグローバルFRANDライセンスへのコミットメントは、SEPの所有者と実施者にとって3つの重要な検討事項に光を当てています。まず、英国市場は貴重です。Appleは、英国から撤退するという選択肢がありながら、英国に留まることを選びました。特許権者にとっては、英国での知的財産を保護することは、グローバルなライセンスを実現する際に有利に働くため、必要であると言えます。第二に、英国では、SEP の侵害に対する差止命令を取得し、執行することができます。特許権者にとって、不本意な侵害者に対抗するための差止命令は、強力な手段です。英国は、このような救済措置を認め、執行する意思があることを示しています。第三に、英国の裁判所を通じてグローバルなFRANDライセンスを実現することができます。Optis社とAppleの間でFRANDライセンスの枠組みがどのようなものになるかはまだわかりませんが、英国の裁判所がFRANDライセンスを構築する権限と意思を持っていることは確かです。このため、特許所有者および実施者は、グローバルレベルでの戦略的ビジネス目標を評価する際に、SEPに対する英国の対応を強く考慮する必要があるでしょう。

参考記事:Apple Backs Down: Commits to Take Global FRAND License to Avoid Exile from UK Market

追加記事

最近では猫ミームなど、ミームはインターネットカルチャーの定番となっていますが、その広範な配布は著作権や知的財産権に関する重要な問題を提起しています。このブログでは、ミームに関連する著作権法の複雑さについて掘り下げ、クリエイターとユーザーが著作権侵害、フェアユース、所有権といった知的財産に関わる問題をどのようにナビゲートするのかを探ります。
特許において、特許発明者の正確な特定は極めて重要です。Tube-Mac Indus., Inc.vs Campbell事件は、特に特許への貢献が複数の当事者からなされた場合に、発明者の定義とすべての発明者を特定する重要性を再認識する好例です。この記事では、このケースの分析を通じて、課題解決した当事者の重要性と共同発明者を特定するアプローチについて掘り下げます。
ニューヨーク州弁護士会はAI技術の法的・倫理的影響に対する新ガイドラインを提供しました。このガイドラインは、弁護士によるAIの適切な利用と潜在的リスク管理に焦点を当て、今後のAI法律業務における教育と規制の強化を推奨しています。80ページにもわたるレポートには、AIが今後どう弁護士業務を変えていくかについて詳細に書かれており、今後NYだけでなく、アメリカの各州におけるAIの弁護士倫理ガイダンスに大きな影響を与えることが予想されます。