AppleとQualcommが和解、新しい契約を結ぶ

AppleとQualcommの間で戦われていた特許ロイヤルティー問題は和解という形で終わりました。この和解によりAppleはQualcommに和解金を支払い、新たに6年間の特許ライセンス契約と複数年のワイヤレスチップ供給契約を結びました。

どのような経緯で和解に至ったか詳細は不明ですが、連邦裁判所での交換が今週始まっていました。このまま訴訟が続いていれば、Appleは現在売られている自社スマートフォンの販売中止のリスクがありました。

また、技術的な課題もこの和解を促したかもしれません。Appleは現在Qualcommに変わってIntel製のモデムを使っていますが、Intelの5G対応が後れていて5Gが一般化するタイミングでiPhoneやiPadに5G機能を搭載できないリスクがありました。しかし、この和解に伴うQualcommとのワイヤレスチップ供給契約でそのようなリスクが回避できそうです。

まとめ作成者:野口剛史

情報元:engadget(元記事を見る

OLCの米国知財ニュースレター

最新まとめ記事を
毎週メールボックスにお届け

登録すると、週1回、最新まとめ記事の概要とお知らせを受け取ることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

chess-game-plan-strategy
契約
野口 剛史

戦略の変化?!IBMが特許をNPEに売却か?

IBMはとてつもない特許数を保持していることで有名ですが、そのような豊富な資産の活用の一環として特許の売却も積極的に行っています。今まではサービスや製品を提供している運営会社(operating company)にのみ売却を行っていましたが、最新の取引ではどうやら売却先はNPEのようです。

Read More »