アメリカ知財情報サイト

Alice 事件後の特許適格性の傾向がわかる便利ツール

特許事務所 Fenwick & West LLP では、post-Alice(Alice 事件後)の特許適格性に関する判 例をまとめていて、キーワードや年代別に検索・分析できるオンライン無料ツールを公 開している。https://www.fenwick.com/pages/post-alice.aspx

Alice 事件 – 2014 年に最高裁で争われた Alice Corp. Pty. Ltd. v. CLS Bank Int’l, 134 S. Ct. 2347 (2014) のことで、アメリカにおけるビジネス方法及びコンピュータ・ ソフトウエア関連発明の特許適格性 (patent eligibility)に関わる重要な判例。 Alice 事件後(post-Alice)の数多くのビジネス方法及びコンピュータ・ソフトウ エア関連特許の特許適格性に大きな影響を与えている。

Alice 事件では、特許適格性を判断するのに、判例の Mayo 事件(Mayo Collaborative Services v. Prometheus Laboratories, Inc. 132 S. Ct. 1289 (2012))で示さ れた 2 ステップテストを採用。 第1ステップでは、クレームが特許不適格な主 題(patent-ineligible concepts)を対象とするものか判断する。特許不適格な主題 とは、自然法則(laws of nature)、自然現象(natural phenomena)又は抽象的概 念(abstract ideas)など。もしクレームが特許不適格な主題を対象とするものと 判断された場合、第 2 ステップにおいて,そのクレームがクレームの性質を特 許適格性がある妥当な状態に変換する追加的要素(elements which ensure that the patent amounts to significantly more than a patent upon the abstract idea itself)を十 分に含んでいるかを判断する。

判断基準が不透明で、2014 年の判例以来、post-Alice(Alice 事件後)の特許適格 性に関する議論は絶えない。特許庁でも専用のページを設けてガイドライン等を 提供している。

特許事務所 Fenwick & West LLP の提供しているツールで扱っている判例情報は、すべて ではないが、 特許庁の Patent Trial and Appeal Board(略して PTAB、審判部)、連邦地 裁、Court of Appeals for the Federal Circuit(略して CAFC、連邦巡回区控訴裁判所)におけ る判例を含んでいる。判例は、特許クレームの有効・無効で分類され、さらに理由付け で細分化されている。

まとめ作成者:野口剛史

元記事著者:Rajiv P. Patel. Fenwick & West LLP https://www.fenwick.com/pages/post-alice.aspx

OLCの米国知財ニュースレター

最新まとめ記事を
毎週メールボックスにお届け

登録すると、週1回、最新まとめ記事の概要とお知らせを受け取ることができます。

コメントする

次回ウェビナー

8月31日開催予定

FRUSTRATION FREE EMAIL COMMUNICATION

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

fake-gun
商標
野口 剛史

特許庁による偽物標本の取り締まり

特許庁は、2018年3月、商標出願に関わる不正標本の取り締まりのためにパイロットプログラムを発表しました。このプログラムでは、一般の人がグラフィックソフトウェア等で編集された標本や偽造された標本を専用メールアドレスに報告することができます。アメリカでは、中国から大量の商標出願があり、その多くが基準を満たしていなかったり、違法性のあるもので、特許庁は対策に迫られていました。ルールの変更等も視野に入れていますが、今回の取り組みは、いつ終わるかわからないパイロットプログラムですが、すでに運用されていて、誰でも簡単に偽物標本を報告することができます。

Read More »
Congress-law-making
契約
野口 剛史

特許デマンドレター規制法案

2018年7月13日、Michael Burgess議員が、特許デマンドレターを規制する法案(the Targeting Rogue and Opaque Letters (“TROL”) Act (H.R. 6370))を提出しました。この新しいTROL Actでは、悪質な特許関連のデマンドレターに対する規制を設けています。簡単に言うと、このTROL Actが成立すれば、米国連邦取引委員会(Federal Trade Commission (FTC))が悪質な特許デマンドレターを送っている組織に対して訴訟を起こすことができるようになります。

Read More »